toggle

Gallup認定ストレングスコーチ りょうじのブログです。このブログは、ストレングスファインダーを通じた人の才能、資質、強みに関することを中心に書いています。
自分の中に可能性の種を見つけた瞬間の、そこに現れる表情っていいですよね。
「強みのヒントの宝箱」−このブログがそんな存在であってほしいと思っています。

2016-07-19 | 写真/カメラ

ブログの写真を自分で撮ることが楽しくなってきたーNikonD90で撮ってますー

このブログの写真は、自分で撮ったものを使っています。

と言っても、カメラ技術については全くの素人です。

そんな私が、ブログの更新を続ける中で写真を撮ることが楽しくなってきました。

今日はそんな私的な投稿です。

 

このブログの写真はNikon D90で撮っています。

 

Nikon D90

201607191

もう7年前に購入したカメラです。(機種の発売は2008年9月19日)

 

はじめは父親へのプレゼントでした。

そして父親に新しいカメラを贈った時点で、このD90が私の手元にやってきました。

今、レンズは本体購入時にセットで購入した標準望遠レンズ18mm-200mmと、マクロレンズAF-S Micro NIKKOR 40mmというのを使っています。

201607192

 

マクロレンズは楽しいですね。
ぐぐっと寄って、こんな写真が撮れたりします。

201607193

 

標準望遠レンズでの写真はこんな感じ。

201607194

 

写真を撮るのが楽しくなってきた。

 

カメラを街中で持ち歩くのに、私はちょっとした勇気が入りました。

だいたいカメラの知識もそんなにないし、上手な写真が撮れるわけでもない。

スマホで簡易に写真が撮れる時代に、これみよがしに一眼レフを持ち歩くほど、一眼レフを自慢したいわけではないし。

撮られることを警戒する人もいますしね(全くカメラは向けていないのですが…)。

 

でも、思い切って手に持って歩き出すようになって、

 

「どこを切り取ったらいいかな」

なんて考えるようになりました。

 

これがですね、ちょっと楽しいんです。

 

なんだかコーチングをしているときに、クライアントのよいところや本質の部分を発見するような感覚に似ている気がします。

 

全くの素人カメラマンなのですが、自己満足ながらも

「なんだかちょっといい表情のある写真が撮れたかも♪」

なんて看板の写真を撮っていたりします。

201607195

 

ただ、困ったことが…。

 

ストレングスファインダーの私のトップ資質が「収集心」なんですよ。

 

最近のカメラはずいぶん性能が上がっているそうではないですか。

 

D7000なんて見てたら、どうやらD500という新しいのがすごくいいらしい。

でも、また長く使うんだったら、フルサイズという分類のD750なんてのがいいのでは。

いやいや、フルサイズのカメラなんて買ったらレンズも高いらしいよ。

・・・・・・。

 

まずはD90を使いながら、カメラの基本でも押さえていこうかな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(調和性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607151

「調和性」

会社の入口付近にきれいなポスターとチラシが置いてあった。

会社が力を入れて開催する今度のシンポジウムの案内だ。

このプロジェクトの実質的なリーダーを努めた調和性さん、

チラシを眺めながら、少し立ち止まっていた。

 

他の資質の影響もあってか、調和性さんが反省している。

 

「このプロジェクト、自分なりに頑張ったけれど、強いリーダーシップは発揮できなかったな。」

「結局みんなの意見を聞いてばっかりで、自分はリーダーの素質はないんだよな…。」

 

あらあら、反省なんてもったいない。

 

みんなの意見を聞けるリーダーなんて、素晴らしいじゃないですか。

意見の集約した先にゴールを見出せるなんて、素晴らしいじゃないですか。

 

あなたのそのリーダーシップ、素晴らしいものがあると思います。
それを活かして伸ばすのも、活かさず閉じ込めてしまうのも、それはあなた次第。

でも、そんな素晴らしい才能があるのなら、それを活かしたほうが楽しい世界に出会えると思いませんか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(達成欲、最上志向、共感性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607141
「総論(達成欲、最上志向、共感性)」

会社の入口付近にきれいなポスターとチラシが置いてあった。

会社が力を入れて開催する今度のシンポジウムの案内だ。

このプロジェクトの実質的なリーダーを努めた達成欲さんと最上志向さん、

チラシを眺めながら、少し感慨に浸ってた。

達「このプロジェクトは我ながら頑張ったよ。最後は休みも全部返上したものな。」

最「このプロジェクトは最後まで妥協せずに取組めたから嬉しいな。まだ改善すべきところはあるけれど、これはこれで良くやったと思うことにしよう。」

 

そこに現れた同じプロジェクトメンバーの共感性さんがひと言添えた。

「2人のリーダーシップは凄かったね! 2人のおかげでこのプロジェクトがここまでのものになったよ。」

 

これを聞いた達成欲さんと最上志向さん、

 

今までだったら、「うん。共感性さんはちゃんと分かっているね、私たちが成果を出すためにどれだけ頑張っていたかということを。」なんて思ってしまっただろう。

だけれども、今回は2人とも違う反応をした。

 

「共感性さんが私たちを認めて、私たちがやりやすいように整えてくれたから、だから私たちも存分に成果を発揮することができたよ。ありがとう!」

 

う〜ん、素晴らしい。

 

自分の才能に気付き、それを磨き始めたころに起こる勘違い。

それは、自分の力で才能を発揮させたから成果を掴むことができた、という感覚。

 

でもね、そこにはあなたの才能を認めてくれる人、それを口に出して周囲に可視化してくれる人、あなたの才能が発揮されるように環境を整えてくれる人の存在があることが多いものなんだ。

そこに気付き、それも大切な資質の相互依存だと気が付いたとき、あなたはもう一段高いところへと上がることができる。

そしてチームは、これまでたどり着いたことのないところへたどり着くことができる。

 

「早く行きたいなら一人で行きなさい、遠くへ行きたいならみんなで行きなさい」
(If You Want To Go Fast, Go Alone. If You Want To Go Far, Go Together)
ーアフリカのことわざよりー

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(信念):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607091

「信念」

会社の入口付近にきれいなポスターとチラシが置いてあった。

会社が力を入れて開催する今度のシンポジウムの案内だ。

チラシにふと目を留めた信念さん、

そのまましばらくチラシを眺めていたよ。

 

「うん、これはいい…。」

 

ひと言つぶやいて去っていった。

 

チームの中に信念さんがいて、

その信念さんが「よい」と言ってくれたとき、

仲間の安心感とモチベーションがぐっと上がります。

実行力資質の信念さんではあるけれど、

その影響力は、なかなかあなどれません。

この企画、きっと成功しますよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(競争性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607071

「競争性」

会社の入口付近にきれいなポスターとチラシが置いてあった。

会社が力を入れて開催する今度のシンポジウムの案内だ。

チラシにふと目を留めた競争性さん、

そのまましばらくチラシを眺めていたよ。

 

今回のシンポジウムに競争性さんは関わっていない。

 

でも、チラシの出来は良く、確かに魅力的なプログラムだ。

 

「次回は俺がこれよりいいものを企画する!」

 

ひとこと言って去っていった…。

 

この強さが競争性さんの魅力ですね。
きっと素晴らしい企画を練ってくれると思います。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 57 58 59 60 61 62 63 64 65 82