toggle

Gallup認定ストレングスコーチ りょうじのブログです。このブログは、ストレングスファインダーを通じた人の才能、資質、強みに関することを中心に書いています。
自分の中に可能性の種を見つけた瞬間の、そこに現れる表情っていいですよね。
「強みのヒントの宝箱」−このブログがそんな存在であってほしいと思っています。

資質の魅力「達成欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 達成欲ー

「達成欲さんの行動体力には圧倒的という言葉が似合う。「疲れた〜」って言いながら絶対に止まらないし(笑)。他人から見えやすい、認められやすいその才能を生かした先に、あなたは何を手に入れていくのかな? 」

 

他人がとても真似することのできない、達成欲という資質の持つ行動力。

熱さをともなった行動力の人もいれば、静かに動き続ける行動力の人もいる。

いずれにしても、達成欲資質を上位に持つ人は、止まらない。

だからこそ、得ているものが多くある。

そして、自分が得ているものが何なのか、それが見えている人ほど、行動を積み上げることに成功している。

達成欲資質が高い人は、ぜひ自分が得ているものを振り返って確認してみてほしい。

大小様々な、とてもたくさんのものを得ているはずだ。

それをしっかりと見つけてあげて、自分が頑張って得てきたものを認識できれば、階段を上っていくことができる。

Unlock your Potential.

資質の魅力「公平性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 公平性 ー

「あなたは公平性資質が高いですねって説明してたら、横にいた部下が、『そういえば○○さんて、メール送信でいつもメンバー全員をCCに入れてくれますね。みんなで流れが共有できて嬉しいです』って言った。“当たり前”の積み重ねが信頼感を醸成しているんだね。」

 

ちっちゃなこと、当たり前のこと、大したことないこと。

一つ一つはそんなことなんだけれども、

それが才能と紐付いていると、“なんの苦労もなく自然と繰り返す”というおまけがついてくる。

むしろ、繰り返さないことのほうが難しかったりする。

 

なんどもなんども繰り返す。

だから、人より秀でるポイントになる。

 

自分が無意識に繰り返しているちっちゃなこと。

それが大きな成果へとつながっていることに、気がついた人が得をする。

あなたは気がついていますか?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 共感性 ー

「私の周りにいる共感性が高い人って、優しい人が多いな。ちょっと心が荒れたときなど、さりげなくフォローの手を差し伸べてくれる。だから仕事も一緒にしたくなる。この人だったらきっと分かってくれる。そう思わせる力って素晴らしいね。」

 

共感性の高い人と一緒に仕事をするとき、そこには心の安心感がある。

分かってもらえると思えることって、ありがたいですね。

でも、頼りすぎてはいけないね。

いただいた安心感に応えていけるように、私も自分の才能で貢献していこう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「着想」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 着想 ー

「着想資質が高い人は、制約というものから離れた発想ができる力を備えている。自由な空の下で、想いをどんどん展開させて、思わずニヤニヤする瞬間なんて最高だ。あなたの感性に合う場所、合う存在を見つけにいこう。世界は広い。」

 

着想資質の人が、制約の多い環境の中で窮屈にしているときがある。

それは状況から言ってやむを得ないのかもしれない。

ただ、自分を生かす環境を見つけ、増やしていくことができる時代だ。

一箇所だけに自分を留めておかなくてもいい。

3つ、4つと居場所を増やしながら、その中に自分の感性に合う場所を見つけ、合う存在に出会っていけばいい。

自分自身を、もっと自由な場所へと広げていこう。

きっとその先におもしろいものが待っている。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「いくらアレンジ資質があるからって、効率化の成果が上手く引き出せないときもある。でもその行為自体が、トレーニングになっているんだな。日々繰り返すその行動によって、あなたはアレンジのトップアスリートへと育っていく。自分を信じよう。」

 

アレンジ資質の高い人を見ていると、

「ああ、この人ほんとに効率化したいんだな」と思うことがある。

アレンジ資質が高くない人からすると、こねくり回しているようにしか見えないときもある。

実際に、そういうときもあるかもしれないね。

100%成果につながる効率化とは言えないのかもしれない。

でも、無意識に繰り返していくその効率化の行動自体が、自然と自分トレーニングになっている。

これってすごいこと。

アレンジのトップアスリートを目指すっていうイメージを持ってみるのもおもしろいと思うんだな。

アレンジ持ちの人、どう?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 62