toggle

Gallup認定ストレングスコーチ りょうじのブログです。このブログは、ストレングスファインダーを通じた人の才能、資質、強みに関することを中心に書いています。
自分の中に可能性の種を見つけた瞬間の、そこに現れる表情っていいですよね。
「強みのヒントの宝箱」−このブログがそんな存在であってほしいと思っています。

資質の魅力「原点思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 原点思考 ー

「原点思考さんと話をしていると、その記憶力に驚かされることが多い。過去を大切にし、文脈を大切にし、そこから本質を見つけ出すことにわくわくできるから、記憶の力がぐんぐん伸びている感じがする。自分の中のわくわくポイントって大事だね。」

 

自分がついついこだわってしまうところって、案外わくわくポイントだったりする。

原点思考が高い人は、過去も知らずに未来を語る相手にイライラしてしまうこともある。

それって、 “自分が” 過去にこだわりたいから。

 

こだわりたい = そこを満たしたい

 

満たされないことにイライラするよりも、満たしていこうとわくわくする方に重きを置こう。

幸運を呼び寄せるためにも、自分がわくわく、生き生きしていることって大切だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 競争性 ー

「競争性の人が、『勝てないところでは勝負しないよ。だって負けるのは悔しいからね』と言っていた。自分が勝てるところはどこか、ポジションを確立できるところはどこか。その嗅覚を磨くことで、自分の勝負すべき場所を見つけることができる。まさに才能。」

 

勝てないところで勝負はしないって初めて聞いたとき、なんかズルいことのように聞こえた。

勝ちとか、負けとか、それは結果であって、勝負すべきときは勝負に出るべきではないのか?

きっと、それも一つの考え方なのだろう。

そこに正解や不正解はない。

自分はどこで勝負に出ていくのか。

それは、自分で決めればいい。

私としては、決着したあとに互いに握手し合えるような、そんな勝負が好きだな。

これも一つの価値観、考え方、かな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さ資質があると、『じゃぁリスク管理をお願いね』って言われることがある。ちょっと待て。慎重さ資質の人が気持ちよくリスク管理したら、それは他の人にとってかなり高いハードル設定になる。頼まれたからやったのに、互いに不幸じゃもったいないね。」

 

これ、組織にありがちだなと感じることがある。

リスク管理の感度が高い人に、その部門の旗振り役を任せていく。

その結果、とても高いハードルが設定されて、組織全体がそのハードルを超えるために汲々となってしまう。

これがよいこととは、必ずしも言えない。

もし、自分に慎重さという資質があって、リスク管理を任されるなら、

ハードルの高さを意識してみてほしい。

自分の才能を生かして、丁寧にリスク管理のルールを設定した結果、みんなから恨まれてしまうんじゃもったいない。

 

他の人より秀でた感度を持っていること。

それを認めた上で、自分の才能を生かすことと、それが全体最適につながるかどうかってことは、必ずしも一致しないということを、意識してみることも大切なんだよな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「親密性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 親密性 ー

「『わかり合う』『信頼関係を大切にする』などと説明される親密性という資質。別の言葉で言うと、『一緒にいて心地良い人を見極められる才能』とも言えそうだ。誠実に対応したら誠実さで返してくれる。そんな人を見つけられる才能っていいね。」

 

「これって人見知りってことじゃない?」

「知らない人ばかりがいる場所は苦手なんだよな…」

親密性をこんな感覚で捉える人も多くて、なかなか才能としてのポジティブ面が見えてこないっていう人もいる。

でも、マイナスの捉え方ばかりしていたらもったいないよ。

 

親密性は、人間関係を狭めてしまう資質ではない。

誠実な関係を構築できる人を見つけ、つながれる才能なんだ。

自信を持って生かしていこう。

自信を持って、新たな人の輪の中にも入っていこう。

きっと長く付き合える人に出会えるよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 社交性ー

「親密性持ちの私からは、社交性資質の高い人の才能が際立って見える。初対面でもさりげなく会話を生み出し、心地よい空気を残して次へと移っていく。まるで春の陽気を運ぶその風のようだなと感じるときもある。本人はいたって自然体。これぞ才能。」

 

以前、社交性という資質にはとても憧れを抱いていた。

軽々と心の垣根を越えていくこの才能は一体なんだ? って思っていた。

さすがにストレングスコーチとなってからは、憧れて指を加えるようなことはなくなったけれど、

今でも素敵な才能だなって思っている。

 

コミュニティを自分で選んでいける時代。

楽しいコミュニティを見つけてそこに加わり、様々なバックボーンを持った人たちと豊かな関係を簡単に築いていける時代になっている。

 

ここに社交性を生かさない手はない。

 

社交性持ちの人たち。
活躍の場があちらにも、こちらにも用意されているよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 62