toggle
2019年4月

資質の魅力「共感性」 〜ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪共感性に強さはあるか?共感性にリーダーシップはあるか?私はあると思っている。必要なのは、自分の才能を認めて強み使いをすると決めることだ。受け止めるだけじゃない。ときには突き放すことも、離れることも優しさだ。あなたには選択できる力がある。‬」

 

共感性という資質には、察して受け止めて受容するというイメージが付きやすい。

たしかに、それまで無意識に使っていた人に、「あなたには共感性がありますよ」と伝えたとき、その人の脳裏に思い当たる過去の経験にはそのようなものが多い。

ここで気をつけたいことは、それは「過去の自分」「才能に気づく前の自分」の姿ということだ。

せっかくストレングスファインダー を受けて、才能という存在を意識することができるようになったのだから、過去の自分を引きずる必要はないはずだ。

 

共感性という才能がある。

 

あなたには、人の心の動きを敏感に気づくことができ、相手が言葉にしなくても状況を察することができる力がある。

先手先手で察することができる力があるならば、先手先手で自分の行動を選択し、対応していくことができるはずだ。

あなたには、それができる力がある。

過去の自分にとらわれる必要はない。

才能に気づいたならば、強み使いをしていこう。

そのほうが楽しいよ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪なぜそうなる? 理由は? 根拠は? あまたある事象を日々整理しながら自分のなかに落とし込んでいく分析思考という才能。では、すぐに納得できないとき、整理がつかないとき、分析思考持ちのあなたはどうする?心がざわついた瞬間って才能磨きのチャンスだ。‬」

 

無意識に繰り返す思考、行動、感情のパターン。

それが才能の正体だ。

分析思考という資質は、日々頭の中で整理を繰り返している。

だから、放っておいても才能は磨かれて、あなたの中の分析力、思考体力は力をつけていく。

一方で、あなたの周囲には、分析思考が上位にはない人間があちこち存在している。

その関係性の中には曖昧なことも多く、あなたにとって納得できないことや、思わずイライラしてしまうような、テキトーなことが多数発生してくることになる。

さて、そんなときにどうするか?

あなたの分析思考がイラつく、ざわつく、拒否反応を示しそうになるとき。

そんなときに、あなたはどうする?

ここでの選択は、あなたが、あなたという枠の外に踏み出すかどうかの選択でもある。

 

自分の才能がざわついたとき、

そこには、あなたの枠の外側にある世界との接点があるかもしれない。

あなたとは異なる才能に出会っている瞬間かもしれない。

 

一歩、自分の枠の外に踏み出す選択をしてみる。

ここは、自分が意識しないと磨けない領域だ。

才能を磨いて強みにする。

チャレンジしてみよう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪自分にとって特なのか損なのかは分からない。それでもやり遂げる道を選択する。もっと要領よく楽な道があるのかもしれない。それでも約束したのだから果たすまで曲げることはしない。責任感資質の持つ意志の強さ、行動力の強さはすごい。結果を出す人だ。‬」

 

責任感という資質の持つ強さは、容易に説明がつかないほどに強固だ。

だからこそ頼りになるし、だからこそ道を切り開いていく才能と言える。

大きな仕事を任され、それをやり遂げることで、社会に大きな価値を生み出していく。

それが実現できる力が、責任感資質にはあると思う。

素晴らしい。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「指令性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 指令性 ー

「‪自分の意見を持ち、はっきりと表現して、周囲をリードすることができる。これが指令性の素晴らしさだ。一方で、意見に自信がない、表現は苦手、リードは不安、といった人は多い。指令性は強みの3乗だね。寛容の心も育てつつ、器の大きな人物を目指そう。 ‬」

 

自分の意見をしっかり持ちましょう。

自分の考えは、はっきりと表現しましょう。

リーダーシップを育みましょう。

 

学校でも、多くの自己啓発本でも、このような意味の言葉に出会うことが多い。

多いということは、それだけできない人が多いということでもあるのだろう。

指令性という資質が高い人たちは、これらが自然とできる。

これってすごいことだ。

 

指令性持ちの人たちには、自分の強みが際立っているということへの気づきとともに、それができない多くの人の存在にも気づいてほしいなと思う。

気づくことで、相手に、周囲に対して寛容になれる。

そうなることで、自分の器がまた一つ大きくなる。

強みがますます輝いていく。

素晴らしい。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the `Potential.

資質の魅力「自我」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自我 ー

「‪ぐっと前に出る。前に出れば批判を受けることもある。凹む。でも、また前に出る。前に出るからこそ、人の目に留まり、認識され、賞賛を手にしていくことができるんだ。『重要な存在でありたい。』 自我資質の持つそのシンプルな動機には、芯の強さがある。‬」

 

ついつい遠慮して下がってしまう人がいる。

批判を受けて、凹んだままの自分を永く引きずってしまう人がいる。

自我資質の人だって遠慮したくなるときもあれば、思いっきり凹むこともあるけれど、でも、自分の内にあるシンプルな動機がもう一度自分を立たせてくれる。

 

前に出る。

 

だからこそ、経験を積み、それを次へと活かしていくことができる。

凹んでも立ち上がり、自分を磨き続けることで、取り換えの効かない重要な存在になっていく。

才能って可能性を秘めている。

それを活かすのは、あなただ。

 

Unlock the Potential.

1 2 3