toggle
2017年7月

資質の魅力-catchy phrase-(成長促進):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

成長促進

成長促進さんが相談に来た。

 

「難しいんですよね…」

 

何が?

 

「いやぁ、手放すってことが…」

 

というと?

 

「この人に可能性があるなって気づけること、それが私の良さなのは分かっているんですが…」

「その人にいつまでも関わってしまう自分がいるんです」

「難しいですね、手放すってこと」

 

なるほど。

その人の成長を実現したい。その主語を確認してもいいですか?

 

「あ……、私、だと思います」

 

なるほど。

 

成長促進さんがその人の可能性を拓くことで得ているものってなんでしょうね?

 

「得ているもの…ですか」

「私が役に立ったっていう、誰かの役に立てたっていう純粋な喜び、でしょうか」

 

なるほど。

 

では、その人自身が得ているものは何でしょう?

 

「あ、でも、本人も成長できて嬉しいって言ってくれてます」

 

それで?

 

「なんだろう…」

「想像でしかないですが、もし私への依存が強くなっているとしたら、それはよくないことですね」

 

ちょっと強めのフィードバックしてもいいですか?

 

「はい」

 

その人の可能性に気がつけること

可能性を拓いて喜んでいること

手放すタイミングで悩んでいること

これって全て主語が成長促進さん、ですよね?

その人の可能性、その人の成長のことなのに、あなたの語る言葉の主語はその人本人ではない。

そのことが私は気になります。

 

「あ…」

 

何が正解なのか、私はジャッジする立場ではありません。

一度、その人とあなたと、このことについて直接話してみてはいかがですか?

これからのより良い関わり方、相手の気持ちも理解できれば何かよいヒントが見つかるかもしれないですよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

“深く理解する”ことで舵を握れ:ストレングスファインダー

今日はつぶやきです。

 

とかく速さが重視される今日このごろ。

“深く理解する”ことが減ってきているように思うときがある。

 

タスク完了を重視することで結果を出している人でも、

人を巻き込みながら成果を出している人でも、

相手を尊重しながら和を大切にしている人でも、

納得感を大切にしながら自分と対話している人でも、

 

慣性に流されるままに過ごしていては、どこかで大切なものを失っているかもしれないと思うのだ。

 

行動から得てもいい。

対話から得てもいい。

思考から得てもいい。

 

いずれにしても、“深く理解する”ことへの意識は失わないほうがいい。

 

自分の舵は自分で握れ。

 

自分の舵を自分で握るためにも、物事を“深く理解する”のだ。

 

才能を磨くこと。

そこにも、才能への“深い理解”が必要なのだから。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(活発性、共感性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

活発性、共感性

活発性さん、共感性さん、私でお昼を食べにいくことにした。

共感性さんが声をかけてくれたんだ。

 

「少し疲れた顔しているよ、なんか食べに行こう。何がいい?」

そうだね、久しぶりに中華でも食べに行こうかな。

 

中華料理屋さんに入ったけれど、人気店で忙しそう…。

 

1…

2…

3…

4…

 

『となりのそば屋に行くよ!』

 

はーい。

 

活発性さん、私たち4秒も待たされちゃったね。

 

でも、おそばも美味しかったよ。

仲間と食べる食事って美味しいね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(適応性、調和性、戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

適応性、調和性、戦略性

 

怒っている人がいる。

 

どうやらせっかく軌道に乗りかけたプロジェクトがあったのに、上司の一言で大幅な方向転換を強いられることになってしまったらしい。

怒りがおさまらないから、後輩の適応性くんに愚痴をこぼした。

そしたら適応性くん、

「方向転換してもいいんじゃないですか。」

なんて言い出した。

「だってまだプロジェクトのスタートまで半年あるし、きっとまたそのうち変更が出てきますって。そういうもんですよ。」

なんて言っている。

これじゃぁどっちが先輩だか分からないじゃないか。

 

どうにも腹の虫がおさまらないから、家で妻に愚痴をこぼした。

そしたら調和性な妻がこういった。

「あら、方向転換してもいいんじゃないの?」

え? キミもそう言うの?

「だって、どっちがどうだなんて言い合っている暇があるんだったら、さっさと方向転換してプロジェクトを前に進ませてしまったほうがいいじゃない。」

まぁ、それはそうなんですけれどもね…。

 

なんだか誰か自分の理解者が欲しくって、以前お世話になった先輩に相談することにした。

そしたら先輩、

「大丈夫だよ、方向転換したって。」

え? そうっすか…。

「俺の戦略性によるとだな。方向転換したって最終的に同じところに行き着くよ、大丈夫。」

は、はい。

 

なんだかみんなおんなじことを言っているような、違っているような…。

ま、でもとりあえずおとなしく方向転換してみるか。

 

私の心、誰か満たしてくれないかなぁ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(最上志向、収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

最上志向、収集心

 

部屋の扇風機が急に動かなくなってしまったよ。

ボタンを押しても、コンセントをつなぎ直しても一向に反応しない…。

 

この状況に最上志向さんが怒ってる。

 

最「だから型落ちのものは良くないんだよ」

最「もっとグレードの上のものを買っておけばよかったのに…」

最「よし、今度は羽のないやつにしよう」

最「羽がないと安全だし、風力もきっと安定するだろうし、インテリアとしても美しいもんね♪」

最「お、さすが収集心さん、早速調べてくれているんだね!」

 

スマホをいじっていた収集心さん。何やら嬉しそうにしゃべりだしたよ。

 

収『あ〜、2013年製のこの製品は故障が多いって結構記事が上がっているよ』

収『うん、使用して3年くらいで壊れているって記事が多いよ、うちのと一緒だね♪』

 

最「え…だから?」

 

収『お、◯◯社製は他の製品も故障が多いらしいよ♪♪』

収『あ〜、無理に小型化を図ってきたからなんだね〜。知ってた?』

 

最「私の知りたいことはそこじゃない!!」

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.