toggle
category

東北・みやぎ復興マラソン2018に参加して

昨年に続き、東北・みやぎ復興マラソン2018に参加しました。
昨年は6キロの部、そして今年は5キロの部への参加です。

自分が参加したこと、その記録も兼ねてここに書き記しておこうと思います。

 

この大会は、昨年が第一回、そして今年が第二回の大会です。

主催者の方々の、「被災地ににぎわいを」という熱い想いから
この大会がスタートしていることに、心から敬意を表したいと思います。

 

そして私…。

本当はフルマラソンを走りたかった。

でも、自分の実力からして無理だよな、と判断してしまいました。

完走はできるかもしれないけれど、帰りの新幹線に間に合わないとまずいなぁと、
ちょっと冷静になってしまいました。
(このあたり慎重さ資質高めの現れですね)

でも、大会は明らかにフルマラソン走者が主役。

そして、フルマラソン完走者のみが、特別なフィニッシャーストーン(完走メダル)をいただくことができる。

最上志向的にも、収集心的にも、純粋にうらやましい。

来年こそは、フルマラソンに初挑戦してみようかな。

やってみる価値、ありますね。

うん、来年はフルマラソンに出場するぞ。

 

さて、そして今年の5キロ走に話を移します。

学生時代の部活でも走るってことはほとんどなかったため、走る習慣のない私。

走る時間もなかなか取れず、事前の練習では6分半/キロくらいのペースがやっと。

なんだか情けないなぁと思いつつの参加でした。

そんな私の、自分の中での目標タイムは5キロで30分をちょっとでも切ること。

ということは、6分/キロを少し切るくらいのペース配分だから、今の実力からしたらちょっと頑張らないと切れないタイムです。

でも、主催者の熱い想いと、地元の人たちの協力と、多くのボランティアさんたちの支えによって成り立っているこの大会だからこそ、私も頑張らないと参加した意味がない。

そして、スタートの号砲。

走る。

走る。

身体を柔らかく、スムーズに、あごを引いて。

着地と腰の回転と、足を前に出す動きをなるべく同時に…。

なんて、イメージだけは一丁前に頑張りました。

 

沿道の声援にはなるべく会釈しながら感謝して。

 

結果、27分16秒でのゴールでした。

 

頑張った、自分も。

 

まったくもって大した記録じゃない、と心の中の最上志向が許してはくれないけれど、

でも、今の自分としては頑張った。

だから、いいじゃないか。

 

調整不足のくやしさは来年に生かしていこう。

そして、会場でいただいた、美味しいはらこ飯やずんだ餅、米沢牛の串焼きの味も、
来年まで覚えておこう。

 

大会を主催していただいた方々、沿道から応援いただいたり、美味しいものを出店いただいた地元の方々、そして全国から集まったボランティアの方々、ありがとうございました。

参加する方々も含めて、とても前向きな、ポジティブなエネルギーが集まっていた大会だったと思います。

このポジティブエネルギーが生み出す会場の心地よさがなんとも言えなかったです。

来年も開催していただけるなら、ぜひ参加します。

来年はフルマラソン…出るなら4時間半は切りたいなぁ。

なんて、ついついハードルを上げちゃうんだよな、この最上志向が。

 

Unlock the Potential.

 

*写真は今大会のパンフレットです。

参加者全員の氏名が記されたこのパンレットが素晴らしく、大切に保管しています。

まだまだ、成長段階にある自分。それでいいのだと思う。


コーチという自分がいる。

コーチングをおこなっているときは、相手の言葉や感情、仕草や表情など、とにかく相手に100%なため、そこでのブレはない。

だけど、一人の人間として生きている自分の日常には、迷いや戸惑い、気分の浮き沈みなど、多様な感情が行き来している。

コーチなんだから、人格も識見も素晴らしいものでなくっちゃ。

以前にはそんなことも考えていた。

でも、いいんだね、ブレても。

人として悩み、ブレて、試行錯誤して前に進んでいくこと。

これがあるからこそ、きっと深みのあるコーチングにつながっていく。

ブレることも含めて、私の器が大きくなっていく。

これからも大いに迷い、戸惑いながら、前に進んでいこう。

 

Unlock the Potential.

自分の強みを生かせ、そうすれば相手の強みも生かしていける。強みで生産性を高めていこう。

周囲と力を合わせて成果を出していくためには、仲間の強みに気づいてそれを生かすことがとても大切になります。

 

他人の強みに敏感になること。

 

それは、自分と相手と、お互いに強みを補完し合うためにも大切なことです。

ですが、他人の強みに気づくことが、自分の足りない部分を責めることにつながってしまうときがあるようです。

それって、ちょっともったいないですね。

 

相手を認めて、その代わりに自分を卑下してしまう。

これでは、力を合わせて成果を出していくことが難しくなってしまいます。

 

「あの人、行動力があってすごいな」

「この人、いつも自分の意見をしっかり持っていてすごいな」

「あの人は、周囲のことによく気がつくことができて、いつもバランスを取ってくれているな」

「この人は、いつも私なんかより深く考えていてすごいな」

 

頭の中をめぐる、このような言葉のあとに、「それに比べて私は…」と続くようだったら要注意です。

その思考パターン、今から変えていきましょう。

 

あなたには、あなたの得意なパターンがあります。

 

かならずあります。

 

得意パターンを見つけることができたら、あとはそれが、何かしらの生産性を高めることにつながっているかどうかを考えてみてください。

 

得意なやり方で生産性を高めていく。

得意なやり方で成果を出していく。

 

ここに集中できれば、必ずやあなたの中に確固たる軸ができあがってきます。

そうすれば、他人の強みにも余裕を持って接することができる自分が出てきます。

 

「あ、それってあなたの強みだよね、いいね!」

 

なんて軽く言えるようになったら、あなたも、あなたの周りも生き生きとしてきて、あなたの周りには、軽やかな空気が流れるようになってきます。

 

ちょっと、楽しくなってきそうな気がしませんか。

面白いですよ、自分の強みを生かし、相手の強みも生かしていくことって。

そっちにいきませんか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

「自分の時間を取り戻そう」(ちきりん著)を再読して

今日は日中に少し時間が取れたので、1時間ほどスタバへ行きました。

内省思考が高め(6位)の私にとって、思考の整理ができるスタバの1時間はとても贅沢感のあるひとときです。

ここのところタスクに追われがちになっていたので、ちきりんさんの書籍「自分の時間を取り戻そう」を再読しました。

この本、本質的なところをとても丁寧な(わかりやすい)表現で書いてあって、内容はもちろんのこと、作り方としても参考にしたいと思える本です。

そして、今日読み返した中で、今の私の中に残った文章はこちらでした。

世の中には、次から次へと新しいことを手がける人がいます。こういった驚くほどたくさんのコトをやっている人というのは、反対に「誰でもやっていそうなこと」をやっていません。

そして、それらをやらないことに伴う負担を(経済的な負担だけではなく、自分の思うとおりの完璧な掃除が行われないことや、他人かなの視線なども含め)、引き受ける覚悟を持っています。

読んでいて、「ですよね…」とつぶやいていました。

どんどんと加速度的に時代が変化している中で、自分も変化していきたいと思う。

でも、時間は一日24時間であり、ここには変化はありません。

ちょっと、タスクの足し算をし過ぎているかもしれないな。

自分の24時間を再チェックしていくことにしよう。

タスクをこなして走り続けていると、やっている感があって、それだけで満足しがちです。

時々止まって自分をチェックすること、大切ですね。

実りを結ぶ行動を選択していこう。

 

Unlock the Potential.

 

 

今日は自分の才能を磨けただろうか? 〜ストレングス・ファインダー〜

一日の終わりに、今日という日を振り返ってみる。

 

「今日は自分の才能を磨けたのだろうか?」

 

自分の資質を使っていたことは確かだ。

少しおせっかいではないかと思いつつも、チームの若手に話をした。

たわいもないことだったけれど、彼女に後輩ができたときに、今日の私と同じことを言える人になってほしいと願った。

その意図もセットで伝えた。

これなんか成長促進の典型的な使い道だ。

わざわざ意図もセットで伝えるところなんか、戦略性も入っている。

 

また、明日のディスカッションのために資料を用意した。

以前目にしたときに記憶のフックにかけておいた資料を、ネットで見つけ出して用意した。

この資料はきっと明日役立つはずだ。

こうやって資料を集められるのは収集心のおかげだ。

 

うん。

確かに資質を使った一日だったな。

 

磨けた?

 

そこまでは到達できなかった、たぶん。

今持っている力を使っただけ。

磨いたとは言えないな。

 

よし、明日は意識して磨いてみよう。

ちょっと資質に背伸びさせよう。

この繰り返しが私をもっと際立たせていく。

他の人の真似でなく、私オリジナルのキャラを育てていこう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 50