toggle
category

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「『今ここで満足したら、私らしくないと思います』って笑顔で言えたとき、あなたの中の最上志向は輝きだす。その笑顔に周りは魅了され、あなたとともに動き出す。あなたはあなたの最上志向を輝かせているか?力んでダメ出しするのではなく、愛でろ。 」

 

最上志向資質を上位に持っている人が、ときどき苦しそうにしている姿に出会う。

「このままじゃ、下がっていってしまう…」という声が聞こえてきそうな感じ。

まるで下りのエスカレーターに立っているかのようだ。

 

そうやって自分に鞭打ってここまでやってきたって人もいるだろう。

ただ、自分を高みへと連れていくことと、辛いこととは別だ。

楽しみながら昇っていっても、別にかまわない。

 

どっちにしろ高みを目指すなら、笑顔でそこに向かってみるといい。

笑顔には、他人を人を魅了し、他人が応援したくなる魔力がある。

難しければ、10回に1回だけの笑顔から目指してみよう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「目標志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 目標志向 ー

「自分が“これだ!”と思えたことに向かって脇目も振らず一直線な目標志向という資質。でも、他人からセットされた目標にはなかなか心が動かない。言われたからやるのではなく、自分がやりたいからやる。そのメリハリが、目標志向さんのユニークなところ。 」

 

目標志向さんの一直線なパワーってすごいなと思う。

やるって決めたらやりきる。

ゴールテープを切るまでやりきる。

目標志向を上位に持っている人がこれを読んでも、「だから?」と思うかもしれないな。
あまりにも当たり前のことだから。

でも、多くの人にとって、やりきるってとても難しいこと。

だいたい何かしらを理由に途中離脱してしまう。

 

風邪引いたから。

雨が降って外に出られないから。

今日は飲み会が入っているから。

 

やめる理由って、数え切れないほどに転がっている。

でも、目標志向持ちの人はやりきる。

これって素晴らしいことだ。

そして、やりきるのは、自分がセットした目標に限定されるっていうところがユニークなところ。
なんでもかんでもやるわけじゃない。

万能じゃないからこそ、才能と言われる部分を伸ばす意味があるんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「戦略性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 戦略性ー

「いっつもいっつも『どうやったら』って考えているのが戦略性という資質。いっつも考えているから、その鍛えられかたは半端ない。今日も、あなたが手に入れたいものをセットしよう。あとは自然と『どうやったら』が発動する。才能が磨かれる。強みになる。」

 

戦略性が『どうやったら』と考えるのは、あまりにも当たり前のこと。

だから、そこを考えない人のことが理解できなかったりするんだけどね。

他の上位資質との掛け合わせによって、

『どうやったらあの人を納得させられるのか』だったり、

『どうやったら仕組み化できるのか』だったり、

『どうやったら最も効率よく動けるか』だったりする。

 

『どうやったら』は勝手に発動していくものだから、自分が意識すべきはその目的だ。

何を目的に設定するのか。

ここはしっかり自分で自分の手綱を握りたい。

そうすることで、あなたの戦略性は際立ってくる。

それが、才能を磨くということ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「包含」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 包含 ー

「包含資質の高い人と話していたら、『そういえば、いつもたくさんの人が周りにいる気がします。ありがたいことですね』と言っていた。それはね、あなたがみんなを包んでいるからなんだよ。包含さんが仲間を誘う、その行動には力みがない。素晴らしい才能だね。」

 

さりげなく、圧力なく、さらりと「こっちにおいでよ」って言える包含さん。

誘う方の心に力みがないから、誘われた方の心も力みが生じない。

自然と、「誘われたから中に入ってみようかな」と思わせてくれる。

包含さんがいることで、あちらこちらで新しい人の繋がりが生まれていく。

素晴らしい貢献だな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「指令性」 〜ストレングスファインダー〜

ー 指令性 ー

「もし、“すべきこと”が心地よくないことであっても、対立を生むことであっても、それで気分を害する人がいるとしても、指令性のあなたは“すべきこと”を主張する。だから、あなたがリーダーシップを務めるチームは『正直さ』で勝負する。」

 

正直であること。

なかなか難しいことだと思う。

 

正直に過ごしていると、他者からイマイチな評価をされることも多い。

 

空気を読もうとすればするほど、正直さからは遠ざかってしまったりもする。

人の輪の中で生きていくことって、なかなかややこしい。

 

そんな世の中であっても、指令性の人は正直さを失わない強さがある。

それって、素晴らしいことだと思う。

互いの「正直」を受け止めあえるような、そんな世の中って豊かなんじゃないかと思うんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 61