toggle
スポーツ
2016-03-05 | スポーツ, 卓球

勝つという結果を目指しているけれども、勝つという結果に囚われていない者が勝つ〜世界卓球2016を観て思うこと〜

世界卓球2016のこと、連続投稿です。

いや、凄かった。
凄い試合でした、今日の世界卓球2016女子準決勝 日本 vs 北朝鮮

北朝鮮の選手たちもとても技術が高く、メンタルも強くって、すごいプレーを次々と打ち出してきました。
1試合目、伊藤美誠選手はいいところを全て消されて完全な敗北。
2試合目、石川佳純選手は逆に相手を寄せ付けずに勝利。
3試合目、福原愛選手は自分の実力を100%発揮することで相手を上回り勝利。
そして4試合目、再び登場の伊藤美誠選手、第一セットはいいところなく取られるも、そのあと粘りに粘って、そしてじょじょに相手とのタイミングが合ってきて、じわじわと追いつめて見事逆転勝利!

勝った瞬間の伊藤選手の泣き顔が印象的でした。

日本選手、おめでとうございます!
そして北朝鮮の選手たちも凄かった。その頑張りを素直にすごいと認めたいです。

次は決勝。きっと中国。
強い強い中国だけれども、また全力でぶつかっていってほしいです。
応援します!

そんな試合を観ていて思ったこと。

どの選手も勝つことを目指している。それは間違いないのだけれども、勝つという結果に囚われてしまった選手ほど実力を発揮できていない。逆に勝つという結果に囚われることなく、今その瞬間に無心で挑むことができた者に勝利の女神が微笑むもの、ですね。

これって、仕事など日常のちょっとしたことにも多いに当てはまりそうです。

何か得たいものがあってコトを始めるのだけれども、得たい結果に囚われてしまうとなんだかどんどんと心が追い込まれてしまう。

今、この瞬間を単純に楽しめたり、単純に挑戦できたり、単純に心のアクセルを全開にできたりしたときほど、結果として「結果」がついてくるように感じます。

ここのところ、私は時間に追われることが多くて、あれができてない、これができてない、という感覚を持つことが多かったです。だけれども、これからは「何ができたか」よりも、「今が楽しめたか」、に気持ちを切り替えていきたいと思います。

今のちょっとしたこと、ちっちゃいことを楽しむ心を持っていこう。

その先にきっと楽しい結果が待っていますよね。

Unlock Your Potential.

2016-03-04 | スポーツ, 卓球

世界卓球2016にわくわくです! 競技って自分との勝負ですね。

今日も世界卓球2016を観ています。
女子の準決勝、北朝鮮戦です。

今はまだ試合中。
勝ち続けていた絶好調伊藤美誠選手が負け!
次の石川佳純選手が快勝!

そして3人目の福原愛選手が登場です。

1人1人のプロ意識がとても高く、それでいてお互いをとても大切にしている今回の女子代表チーム。

とにかく観ていてすがすがしいです。

理屈抜きの勝負の世界で見せる選手の心の動き、集中力、言い訳しない清い表情。
改めて競技って自分との勝負なんだなと感じます。

スポーツって好きだな。

さて、続きを観よう。

Unlock Your Potential !

2016-03-01 | スポーツ, 卓球

世界卓球2016が面白い!〜選手の心技体の素晴らしさに感嘆〜

初めて卓球の国際大会をじっくりテレビ観戦しました。

卓球競技って、ものすごく迫力があって、技術力の高さが要求されて、加えてメンタルの力がとてつもなく影響を与える競技なんですね。

めずらしく早く帰宅することができた昨日と今日、世界卓球2016の全日本女子の試合をテレビ観戦しました。

卓球、面白いです。
ワクワクもドキドキもハラハラもします。
画面から選手の微妙な心の動きも見えてきたりします。
まだまだこの大会は続きます。スポーツ好きはもちろん、人の内面についてや、チームビルディングについて興味のある方もとても楽しむことができると思いますよ。
おすすめします。

個々の選手の心技体が素晴らしい

スポーツを観戦するとき、私は選手の心技体が整っているかどうかについつい意識が向いてしまいます。
これがとても楽しいのですが、たとえば、今日の世界卓球での伊藤美誠選手。
15歳ながら世界ランク12位の逸材です。

「勝つと思った方が勝つんです」
という彼女の言葉が象徴するように、かなり負けん気の強さが画面からも伝わってきます。
もちろん負けん気だけでは世界トップクラスには行けません。
彼女の心技体の整い方が素晴らしく、これが結果に結びついているのだなと思います。

相手サーブを待つときの目が素晴らしい

テレビで伊藤選手の試合を観戦するときには、ぜひ相手サーブを待つときの彼女の目に注目してもらいたいなと思います。

そこには研ぎすまされた集中と、力みのない静かな心と、いつでも獲物に飛びかかれるように全身の神経が整っている状態が見て取れます。

そしてラリーが始まれば、全身をしなやかなバネのように使って男子選手に匹敵するスピードの打球で相手を圧倒します。

うーん、素晴らしい。

打ち合いの後のうなづく姿が素晴らしい

伊藤選手、打ち合いの後によくうなづいてます。
ここも注目ポイントだなと思います。

特に打ち負けたとき。

今できなかったことを考えるのではなくて、次どうやったらできるようになるかを考えて、そこに「できる」という言葉を自分にかけてうなづいている。
そのように見えます。

今終わった打ち合いはすでに過去。
すでに過去となったことに執着するのではなくて、これからの自分を信じていく。

特に卓球競技はもやもやしてたらあっという間に試合が終わってしまいます。

メンタルの切り替えがすごく大事だし、これをとても試される競技です。

伊藤選手のメンタルの整え方、素晴らしいなと思いました。

彼女のようなメンタルで日々過ごしていったら、仕事でも何でも大きな成果を出していけそうです。

伊藤選手からいい刺激をいただきました。
メンタルの整え方、参考にしたいと思います。

今日は伊藤美誠選手だけを取り上げましたが、現在世界ランク4位で全日本チームキャプテンの福原選手や、同じく5位でエースの石川選手、同28位の若宮選手、同48位の浜本選手もそれぞれ取り上げたくなる素晴らしい方たちです。

チームとしても最高の状態に見えます。
チームビルディングのヒントもたくさんありそうです。

一流選手たち、みなさん自分の強みを活かしたプレースタイルを確立していますね。

Unlock Your Potential.

1 2 3 4