toggle
ストレングスファインダー

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪会議がエピソードの話になって盛り上がる。『あのときさ〜』なんて笑いが起きている。その中に静かな分析思考の彼がいる。つまらないわけじゃない。いや、つまらないかどうかすら気にしていない。気になる資料を見ているだけだ。彼らしい。いいんじゃないかな。‬」

 

彼が彼らしくいられる。

私も私らしくいられる。

そんなチームでありたいものだ。

みんなが笑っているその時に、静かな彼がいてもいいんじゃないかな。

ストレングスファインダーを知る前は、なぜ彼が黙っているのか分からなくって、何か不満があるのだろうかと気にしてしまう仲間もいた。

でも、それが彼の分析思考なんだと分かったとき、周囲も安心することができたんだ。

お互いの理解が進むことで、そこに安心が生まれ、互いを尊重するベースができあがる。

チームビルディングにSFは役立つぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「運命思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪全てのものがつながっている。人も自然も、前世も来世も。人と人だって、大きなつながりの一部だ。運命思考才能は、その不思議な感覚の所有者であるが故に人を魅了する。運命に従い自然体で生きる。一緒にいるだけで肩の力が抜けていくのを感じるよ。‬」

 

運命思考の人と一緒にいると、毎回「ユニークだな」と感じる。

穏やかな表情、静かなたたずまい。

一緒にいると、無理に言葉をつないで会話を継続する必要もなくなり、一緒に静かな時間を過ごすことになる。

それが、なんとも心地よいんだ。

この人といるときは、肩肘を張る必要もないし、その場を取り繕う必要もない。

そんな安心感があるのだと思う。

ぐいぐいと交渉を重ねてくる相手にちょっと疲れを感じるたときなんか、つい運命思考さんに会いに行ってしまうんだ。

魅力的な才能だな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪最上志向才能は、これじゃまだまだだって、満足せずに上を目指す傾向があってね…という説明に、『自分はそんなに上を目指してないなぁ』と答える。でも、隣で友人が『おまえそのまんまだよ!』と大笑い。自分の才能、自分ではなかなか分からないものだね。‬」

 

自分の才能は、自分ではなかなか分からないものだ。

だから、ストレングスファインダー のようなツールが役に立つ。

見えないものを、見える化してくれる。

輪郭が見えてくれば、使えるようになってくる。

使い出せば、使い方が上手になってくる。

使い方が上手になってくれば、楽しくなってくる。

だから、便利なツールは、使ってしまったもの勝ちなんだよね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪『わかった、やっとくよ』なんて言っておいて、結局やらずに忘れちゃう。責任感才能を持つ人にとっての天敵だ。詰め寄ってぎゃふんと言わせたくなるけれど、ときにはスルーしちゃうのもありかな。全く別のことで気分転換しちゃうってのもありだ。自分を大切にね。‬」

 

世の中にはいろんな人がいる。

やると言ったからにはやる、そんなシンプルなことでさえ、その捉え方は様々だ。

自分にとっての大切なこと。

それを相手に求め続けても、期待が常に満たされるとは限らない。

たまにはしっかりと詰め寄って、自分の大切な価値観、大切なものを守ることも必要だけれども、ときにはさっさとスルーしてしまって気分転換に励んだ方がいい。

自分を大切に。

自分が自分らしくいられるように。

人生、楽しくなる方向を選んで進んで行こう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「着想」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 着想 ー

「‪『くっだらないことをしゃべっているときって、楽しいんだよな〜』と着想持ちの彼が言う。はじめっから“くっだらない”を前提にしちゃって、『どこにでも行ってしまえ〜』と妄想を全開にしていくと、そこには楽しさしか残らない。そんな時間があっていいよね。‬」

 

効率化とか、実現可能性とかで評価すると、「くっだらない会話」は最下位になってしまうのかもしれない。

でもね。

そんなくっだらない時間も大事だよ。

だって、仕事をしているのは人間だもん。

ふっと力を抜いて、思いっきりくっだらないを楽しんでみる。

それができるチームには、ゴムのような弾力性が生まれてくるんだな。

弾力性のあるチームは、なかなか手強いぞ。

 

Unlock the potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 100