toggle
ストレングスファインダー

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さ資質があると、『じゃぁリスク管理をお願いね』って言われることがある。ちょっと待て。慎重さ資質の人が気持ちよくリスク管理したら、それは他の人にとってかなり高いハードル設定になる。頼まれたからやったのに、互いに不幸じゃもったいないね。」

 

これ、組織にありがちだなと感じることがある。

リスク管理の感度が高い人に、その部門の旗振り役を任せていく。

その結果、とても高いハードルが設定されて、組織全体がそのハードルを超えるために汲々となってしまう。

これがよいこととは、必ずしも言えない。

もし、自分に慎重さという資質があって、リスク管理を任されるなら、

ハードルの高さを意識してみてほしい。

自分の才能を生かして、丁寧にリスク管理のルールを設定した結果、みんなから恨まれてしまうんじゃもったいない。

 

他の人より秀でた感度を持っていること。

それを認めた上で、自分の才能を生かすことと、それが全体最適につながるかどうかってことは、必ずしも一致しないということを、意識してみることも大切なんだよな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「親密性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 親密性 ー

「『わかり合う』『信頼関係を大切にする』などと説明される親密性という資質。別の言葉で言うと、『一緒にいて心地良い人を見極められる才能』とも言えそうだ。誠実に対応したら誠実さで返してくれる。そんな人を見つけられる才能っていいね。」

 

「これって人見知りってことじゃない?」

「知らない人ばかりがいる場所は苦手なんだよな…」

親密性をこんな感覚で捉える人も多くて、なかなか才能としてのポジティブ面が見えてこないっていう人もいる。

でも、マイナスの捉え方ばかりしていたらもったいないよ。

 

親密性は、人間関係を狭めてしまう資質ではない。

誠実な関係を構築できる人を見つけ、つながれる才能なんだ。

自信を持って生かしていこう。

自信を持って、新たな人の輪の中にも入っていこう。

きっと長く付き合える人に出会えるよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 社交性ー

「親密性持ちの私からは、社交性資質の高い人の才能が際立って見える。初対面でもさりげなく会話を生み出し、心地よい空気を残して次へと移っていく。まるで春の陽気を運ぶその風のようだなと感じるときもある。本人はいたって自然体。これぞ才能。」

 

以前、社交性という資質にはとても憧れを抱いていた。

軽々と心の垣根を越えていくこの才能は一体なんだ? って思っていた。

さすがにストレングスコーチとなってからは、憧れて指を加えるようなことはなくなったけれど、

今でも素敵な才能だなって思っている。

 

コミュニティを自分で選んでいける時代。

楽しいコミュニティを見つけてそこに加わり、様々なバックボーンを持った人たちと豊かな関係を簡単に築いていける時代になっている。

 

ここに社交性を生かさない手はない。

 

社交性持ちの人たち。
活躍の場があちらにも、こちらにも用意されているよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「達成欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 達成欲ー

「達成欲さんの行動体力には圧倒的という言葉が似合う。「疲れた〜」って言いながら絶対に止まらないし(笑)。他人から見えやすい、認められやすいその才能を生かした先に、あなたは何を手に入れていくのかな? 」

 

他人がとても真似することのできない、達成欲という資質の持つ行動力。

熱さをともなった行動力の人もいれば、静かに動き続ける行動力の人もいる。

いずれにしても、達成欲資質を上位に持つ人は、止まらない。

だからこそ、得ているものが多くある。

そして、自分が得ているものが何なのか、それが見えている人ほど、行動を積み上げることに成功している。

達成欲資質が高い人は、ぜひ自分が得ているものを振り返って確認してみてほしい。

大小様々な、とてもたくさんのものを得ているはずだ。

それをしっかりと見つけてあげて、自分が頑張って得てきたものを認識できれば、階段を上っていくことができる。

Unlock your Potential.

資質の魅力「公平性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 公平性 ー

「あなたは公平性資質が高いですねって説明してたら、横にいた部下が、『そういえば○○さんて、メール送信でいつもメンバー全員をCCに入れてくれますね。みんなで流れが共有できて嬉しいです』って言った。“当たり前”の積み重ねが信頼感を醸成しているんだね。」

 

ちっちゃなこと、当たり前のこと、大したことないこと。

一つ一つはそんなことなんだけれども、

それが才能と紐付いていると、“なんの苦労もなく自然と繰り返す”というおまけがついてくる。

むしろ、繰り返さないことのほうが難しかったりする。

 

なんどもなんども繰り返す。

だから、人より秀でるポイントになる。

 

自分が無意識に繰り返しているちっちゃなこと。

それが大きな成果へとつながっていることに、気がついた人が得をする。

あなたは気がついていますか?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 55