toggle
ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(調和性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606192

「調和性」

調和性さんが悩んでた。

人から「突破力がない」とのフィードバックをもらったらしい。

ふむ。

そんな調和性さんにはこのアフリカのことわざを贈りたい。

 

「早く行きたいなら1人で行けばいい。遠くに行きたいならみんなで行くのがいい。」

(If you want to go fast,go alone. If you want to go far,go together.)

 

調和性さん、自分1人の突破力なんかで悩んでいる暇があったら、みんなで遠くに行っちゃう方法考えようよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(目標志向、適応性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606181

「目標志向、適応性」

 

ちょっと教えて欲しいんだ。

目標志向と適応性とは、どんな違いがあるんだろう?

そうだねえ。

こんな例えはどうだろう。

美味しい料理の好きな適応性さんと目標志向さんがいたとする。

でもその楽しみ方は違っている。

適応性さんは、旅行に行った先々での美味しい料理を食べるのが好き。

そしてどんなレストランに入るのかは行った先で決めていく。

人の勧めるレストランに行ってみる、なんてこともよくあること。

だから、どんな料理を食べるかなんて行ってみないとわからないと思っている。

 

一方の目標志向さんは食べたいものをあらかじめ決めていく。

はじめに美味しいステーキを食べたいと強く思う。

ステーキを食べるなら私はこのレストランに行きたいと決めていく。

そのレストランに行くために、そこのステーキを食べるために旅行に行く。

美味しい料理を食べるという結果は同じなんだけれど、

そこへのアプローチは大きく違う。

それが資質の面白いところ。

あなたはどんなアプローチが好みだろう。

そこ探ると自分の強みが見えてくる。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(活発性と戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606171

「活発性と戦略性」

 

同じ部署に活発性さんと戦略性さんがいたよ。

 

活「よし、じゃぁこれでいこう!」

戦「ちょっとまって、これって最終的にどこに落ち着く話?」

活「うん? 知らないよ。」

戦「いやいや、知らないって、やみくもに走ったってしょうがないでしょ。」

活「そんなこと言ったって、じっとして何もしないよりよっぽどいいでしょ!」

戦「もうちょっと考えてよ! このまま行ったって失敗は目に見えてるよ!」

活「そう思うならどうすればいいかさっさと言って!!」

 

あらあら、これはまた激しい戦いになってしまいましたね。

でもね、この2人、その後ストレングスファインダーを受けて、お互いの資質を理解し合ったんですよ。

そしたらね…

 

活「よし、じゃぁこれで行こう!」

戦「お、きたね! 了解!」「でもね、ちょっと私に考えがあるんだ。」

活「きた、戦略男! 今度は何を考えた?」

戦「このまま行くにはね、となりの部長に先に話しておかないとまずいと思うんだよ。」

活「ふ〜ん、ほかには?」

戦「先に部署内でプレゼンの場を持って、そこにとなりの部長も呼んで聞かせるんだよ。そこで納得してもらえれば、あとばバンバン走れるよ。」

活「さすが戦略男。するどいねぇ。」

戦「そこのポイントだけ押さえたら、あとは活発全開で頼むよ。」

活「いいね、じゃぁやるよ!」

 

自分の活かしている資質が5つ

相手の活かしている資質が5つ

あわせて使えば資質は10になる。

同じ資質があるならば

その資質は2倍以上の威力になる。

 

そんなふうに考えてみたら、

活かさなくっちゃ損だよね、

自分の資質も相手の資質も。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(回復志向、共感性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606151

「回復志向、共感性」

いつも職場の抱える課題を率先して解決している回復志向さん、
職場の仲間からも頼りにされている。

でも、今回は困ってた。
自分の企画したイベントの集客がままならない。
どう解決したらいいものか途方に暮れてしまっていた。

そんな回復志向さんに共感性さんが気が付いた。
誰よりも早く気が付いた。

共感性さん、職場の仲間に声かけて、
みんなでチケット売りにまい進した。

おかげで無事にチケットは完売し、
イベントも大盛況となったとさ。

あとで回復志向さんが共感性さんにお礼を言った。
そのとき共感性さんはこんなことを言った。

「いつも率先して私たちのことをフォローしてくれていますよね。」
「いつも私たちが気が付かないうちにフォローしてくれていますよね。」
「たまには私たちにもフォローをさせてくださいね。」

これが共感性さんの素晴らしいところ。

そしてこれが資質の相乗効果。
1人じゃ行けない遠くまで、資質の相乗効果は連れていってくれる。

回復志向さん、
たまには弱音を吐いてみるのもいいかもね。
そこから始まる相乗効果もあるものだから。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(慎重さ):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606141

「慎重さ」

慎重ささんから相談がきたよ。
なんだか少し悩んでいるみたい。

「資質の理解が進んできたんですけれども…。」
「なんだか慎重さ資質がブレーキをかける瞬間に気が付くことが多くなって。」
「かえって悪いところばかりに気が付くようになったように思うんです。」

すごいじゃないですか。

「え?」

資質が動いた瞬間に気が付くことができるようになってきたんですよね。

「あ、はい。」

と、いうことは、その次の行動を自分で自由に選ぶことができる状態になっているということじゃないですか。

「え?」

資質を磨く、それを自分のものにしていくっていうことは、
資質を未来の自分に活かしていくこと、とも捉えることができます。

資質が動いた瞬間を捉えたならば、
その次に資質のアクセルを踏むのか、ブレーキをかけるのか、
それともハンドルを使って向きを変えるのか、
その選択はあなたが自由に決定することができるんですよ。

意識した先の自分というものを、自分の意思で手に入れてしまいませんか?

「そっか。」
「今まで無意識だったところに気が付くようになったんですものね。」
「その次の行動は自由に選べる…か。」
「なんだか楽しそうですね。」

はい、楽しんじゃいましょう。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

1 37 38 39 40 41 42 43 44 45 56