toggle
ストレングスファインダー

東北・みやぎ復興マラソン2018に参加して

昨年に続き、東北・みやぎ復興マラソン2018に参加しました。
昨年は6キロの部、そして今年は5キロの部への参加です。

自分が参加したこと、その記録も兼ねてここに書き記しておこうと思います。

 

この大会は、昨年が第一回、そして今年が第二回の大会です。

主催者の方々の、「被災地ににぎわいを」という熱い想いから
この大会がスタートしていることに、心から敬意を表したいと思います。

 

そして私…。

本当はフルマラソンを走りたかった。

でも、自分の実力からして無理だよな、と判断してしまいました。

完走はできるかもしれないけれど、帰りの新幹線に間に合わないとまずいなぁと、
ちょっと冷静になってしまいました。
(このあたり慎重さ資質高めの現れですね)

でも、大会は明らかにフルマラソン走者が主役。

そして、フルマラソン完走者のみが、特別なフィニッシャーストーン(完走メダル)をいただくことができる。

最上志向的にも、収集心的にも、純粋にうらやましい。

来年こそは、フルマラソンに初挑戦してみようかな。

やってみる価値、ありますね。

うん、来年はフルマラソンに出場するぞ。

 

さて、そして今年の5キロ走に話を移します。

学生時代の部活でも走るってことはほとんどなかったため、走る習慣のない私。

走る時間もなかなか取れず、事前の練習では6分半/キロくらいのペースがやっと。

なんだか情けないなぁと思いつつの参加でした。

そんな私の、自分の中での目標タイムは5キロで30分をちょっとでも切ること。

ということは、6分/キロを少し切るくらいのペース配分だから、今の実力からしたらちょっと頑張らないと切れないタイムです。

でも、主催者の熱い想いと、地元の人たちの協力と、多くのボランティアさんたちの支えによって成り立っているこの大会だからこそ、私も頑張らないと参加した意味がない。

そして、スタートの号砲。

走る。

走る。

身体を柔らかく、スムーズに、あごを引いて。

着地と腰の回転と、足を前に出す動きをなるべく同時に…。

なんて、イメージだけは一丁前に頑張りました。

 

沿道の声援にはなるべく会釈しながら感謝して。

 

結果、27分16秒でのゴールでした。

 

頑張った、自分も。

 

まったくもって大した記録じゃない、と心の中の最上志向が許してはくれないけれど、

でも、今の自分としては頑張った。

だから、いいじゃないか。

 

調整不足のくやしさは来年に生かしていこう。

そして、会場でいただいた、美味しいはらこ飯やずんだ餅、米沢牛の串焼きの味も、
来年まで覚えておこう。

 

大会を主催していただいた方々、沿道から応援いただいたり、美味しいものを出店いただいた地元の方々、そして全国から集まったボランティアの方々、ありがとうございました。

参加する方々も含めて、とても前向きな、ポジティブなエネルギーが集まっていた大会だったと思います。

このポジティブエネルギーが生み出す会場の心地よさがなんとも言えなかったです。

来年も開催していただけるなら、ぜひ参加します。

来年はフルマラソン…出るなら4時間半は切りたいなぁ。

なんて、ついついハードルを上げちゃうんだよな、この最上志向が。

 

Unlock the Potential.

 

*写真は今大会のパンフレットです。

参加者全員の氏名が記されたこのパンレットが素晴らしく、大切に保管しています。

自分の強みを生かせ、そうすれば相手の強みも生かしていける。強みで生産性を高めていこう。

周囲と力を合わせて成果を出していくためには、仲間の強みに気づいてそれを生かすことがとても大切になります。

 

他人の強みに敏感になること。

 

それは、自分と相手と、お互いに強みを補完し合うためにも大切なことです。

ですが、他人の強みに気づくことが、自分の足りない部分を責めることにつながってしまうときがあるようです。

それって、ちょっともったいないですね。

 

相手を認めて、その代わりに自分を卑下してしまう。

これでは、力を合わせて成果を出していくことが難しくなってしまいます。

 

「あの人、行動力があってすごいな」

「この人、いつも自分の意見をしっかり持っていてすごいな」

「あの人は、周囲のことによく気がつくことができて、いつもバランスを取ってくれているな」

「この人は、いつも私なんかより深く考えていてすごいな」

 

頭の中をめぐる、このような言葉のあとに、「それに比べて私は…」と続くようだったら要注意です。

その思考パターン、今から変えていきましょう。

 

あなたには、あなたの得意なパターンがあります。

 

かならずあります。

 

得意パターンを見つけることができたら、あとはそれが、何かしらの生産性を高めることにつながっているかどうかを考えてみてください。

 

得意なやり方で生産性を高めていく。

得意なやり方で成果を出していく。

 

ここに集中できれば、必ずやあなたの中に確固たる軸ができあがってきます。

そうすれば、他人の強みにも余裕を持って接することができる自分が出てきます。

 

「あ、それってあなたの強みだよね、いいね!」

 

なんて軽く言えるようになったら、あなたも、あなたの周りも生き生きとしてきて、あなたの周りには、軽やかな空気が流れるようになってきます。

 

ちょっと、楽しくなってきそうな気がしませんか。

面白いですよ、自分の強みを生かし、相手の強みも生かしていくことって。

そっちにいきませんか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

今日は自分の才能を磨けただろうか? 〜ストレングス・ファインダー〜

一日の終わりに、今日という日を振り返ってみる。

 

「今日は自分の才能を磨けたのだろうか?」

 

自分の資質を使っていたことは確かだ。

少しおせっかいではないかと思いつつも、チームの若手に話をした。

たわいもないことだったけれど、彼女に後輩ができたときに、今日の私と同じことを言える人になってほしいと願った。

その意図もセットで伝えた。

これなんか成長促進の典型的な使い道だ。

わざわざ意図もセットで伝えるところなんか、戦略性も入っている。

 

また、明日のディスカッションのために資料を用意した。

以前目にしたときに記憶のフックにかけておいた資料を、ネットで見つけ出して用意した。

この資料はきっと明日役立つはずだ。

こうやって資料を集められるのは収集心のおかげだ。

 

うん。

確かに資質を使った一日だったな。

 

磨けた?

 

そこまでは到達できなかった、たぶん。

今持っている力を使っただけ。

磨いたとは言えないな。

 

よし、明日は意識して磨いてみよう。

ちょっと資質に背伸びさせよう。

この繰り返しが私をもっと際立たせていく。

他の人の真似でなく、私オリジナルのキャラを育てていこう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

平然といくつもの案件に気を配り、そして進めていく、とても器用な資質=アレンジについて、今日は掘り下げていきます。

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

アレンジ資質について、Gallupではこんな定義をしています。

「アレンジという資質を持つ人は、たくさんの要素を構成し管理することができると同時に、一度作り上げた構成にこだわらず、作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。」

 

「たくさんの要素」
「構成し管理する」
「こだわらず」
「柔軟性」
「最高の生産性を実現」

こんなキーワードが並んでいますね。

 

ちなみに、アレンジ資質を私の言葉で説明すると、こうなります。

 

「いっぺんに考える、そして組み合わせる、さらに組み替える資質」

このような得意技を持っている資質です。

 

どうでしょうか。

少しイメージがクリアになりましたでしょうか。

 

では、この資質のすごいところをもう少し深掘りしてみましょう。

 

この資質のすごいところを一つ挙げると、

「効率的にいけるなら、これまでのことにこだわらない。この柔軟性をナチュラルに持っていること」

と言えるでしょう。

 

ぱっぱっぱっと組み替えていく。

 

仕事の予定だって、旅行の行程だって、ときには人と人との組み合わせだって変え(替え)ていく。

そしていくつものパズルを同時に完成させるように、パチっと最適化を図っていく。

 

この柔らかさ、手際の良さは圧巻です。

 

これがアレンジさんのもつすごさです。

 

もし、アレンジを上位お持ちの方で、「いや、そんなにすごくないよ」と思った方がいたとしたら、それはもったいない!

自分の才能を小さく閉じ込めてしまわずに、大きく羽ばたかせてあげてください。
せっかくの才能なのですから。

 

さて。

 

では、ちょっと冷静になって、この資質がうまくいかないときのことにも少し触れておきたいと思います。

 

この資質が困るとき、それを一つ挙げるとすると、

周囲があなたのアレンジ力に付いていけないとき、です。

これ、比較的多いみたいです。

 

アレンジさんにとって、変更することはごく自然なこと。
だって、その方が効率よくなるし、いろんなことがより良くなるわけだから。

 

でも、ちょっとした効率化よりも、一貫性や、安定を好む人って、たくさんいます。

 

ましてや、アレンジさんの変化のスピードが早ければ早いほど、なぜ今変えるのか、どうしてこのままじゃダメなのかを、周囲が理解できない可能性が出てきます。

 

自分の才能によって、周囲が翻弄されてしまう。

 

これはちょっと望ましいとは言えないですね。

 

アレンジさん、ご自身の資質のすごさを認めてあげて、ちょっと周囲に優しくなってあげてください。

アレンジさんのちょっとした説明、解説が、周囲を安心させ、そして賛同を生むことにつながります。

 

今日のところはこのへんで終えたいと思います。

アレンジ資質、いかがでしたでしょうか。

この資質も持つ魅力、伝わってくれたら嬉しいです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

“慎重さ”資質を短所にしたらもったいない。素晴らしい才能なのだから–ストレングスファインダー–

ストレングスファインダーの実行力資質の一つである「慎重さ」。
日本でストレングスファインダーを受けた方の中で、2割近くの方がトップ5にこの資質を持っています。
なのでそんなにレアな資質でもないのですが、なぜか自分特有の短所のように捉える人が多くいます。

せっかくの素晴らしい才能である「慎重さ」資質。
しっかり理解して上手に使っていきましょう。

 

“慎重さ”資質を短所にしたらもったいない。素晴らしい才能なのだから

 

慎重さという資質。ストレングスファインダーの開発元のギャラップでは、このような説明をしています。

 

“あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。〜”

 

この説明、どう感じますか?

少し硬い感じ、こちらも油断できない相手、そんな、ちょっと近寄りがたいイメージが湧いてしまうかもしれませんね。
ギャラップにはもうちょっと素敵な説明を書いて欲しいものですね(笑)。

 

では、実際に慎重さ資質を上位に持つ人からはどんな声が聞かれるかというと、

「ついついブレーキを踏んでしまうんですよね」

「自分は、なかなか一歩が踏み出せないように感じています」

そのような自己評価をする声も聞かれます。

これだけだと、どうにも才能とか強みとかには聞こえてきません…。

 

でも、本当に一歩が踏み出せないものなのでしょうか。

 

慎重さ資質を持つあなたの人生はブレーキ痕ばかりなのでしょうか。

 

慎重さ資質を持っている方は、自分の中にある、この資質が発揮されたがゆえの成功体験をじっくりと探し出してみてください。

かならずや、いろいろと出てくるはずです。

 

だって、才能ですから。

 

慎重さ資質を上位に持っている人は、自分の中に、これまで確実に積み上げてきたものがあると思います。

難しいと感じたことも、結果的にゴールへと辿りつけた経験をいくつもお持ちだと思います(かなりのエネルギーを費やしたかもしれませんが)。

あるいは、早め早めのケアをすることで、仲間から感謝されたり、頼られたりした過去があるかもしれません。

 

慎重さという資質は、見通しが立たないような状況であっても、やると決めたらいろんな角度からリスクを想定し、回避しながら確実に成果を掴み取りにいく、そんな強い欲求と行動とを持った資質です。

そう、やると決めさえすれば、あとは慎重さという資質の持つ特性が必ず成果へと導いてくれるのです。

それが慎重さという資質の素晴らしい一面です。

 

あなたは慎重さ資質を上位にお持ちですか?

 

慎重さ資質を揺るぎない強みへと磨いていくために何をしますか?

 

そう、「やると決める」こと。

 

その決定力を磨いてみてください。

 

不安がよぎったとしても、あらかじめいくつものリスク要因が想定できたとしても、“これは!”と思うものについては、「やると決めて」みてください。

大丈夫。

決めて動き出せば、あなたはきっと上手くいきます。

それがあなたの才能なのだから。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 45