toggle
ストレングスファインダー

さぁ、才能に目覚めよう〜圧倒的に自分と向き合う〜 ストレングスファインダー


圧倒的に自分と向き合う

 

ストレングスファインダーは、人の強みにフォーカスするためのもの。

強みにフォーカスしたほうが成長角度も上がるしやる気も出る。

 

わかっている…。

 

わかっているけれど、人間はそう単純じゃない。

時には自分の情けなさに腹が立ち、

相手の失礼な態度に憤りを感じ、

落ち込み、そんな自分にさらに嫌気がさしてドツボにはまる。

そんなことだってあるだろう。

 

それでいい。

人なんてみんなそんなもんさ。

 

ストレングスファインダーをイメージしてもらうために、トップ5のとんがりを星に例えることがある。

あなただけの5つの才能を磨いていきましょう。

5つの才能が磨かれ、強みとなってとんがっていけば、あなただけの星ができあがります。

そんな話だ。

 

5つの才能を磨いて磨いて、素晴らしい星のとんがりができたとしても、

とんがっていないところはそのままだ。

 

5つの才能が輝く、見事な星を手に入れたいなら、

あなたは星そのものを認めることが必要になる。

とんがりも、へっこみも、全部まるっと認めることが必要になる。

 

強み、弱み、優秀、劣等、賞賛、妬み…

 

自分の全てと圧倒的に向き合ってみてほしい。

 

(でもね、追い込む必要なんてなくて、気軽に肩の力を抜きながら向き合えばいいんだけれどもね。)

 

あなたの全部、見えたかい?

見えたらそこに、5つのとんがりがあるだろう?

 

Unlock the Potential.

さぁ、才能に目覚めよう〜自分の軸をSFで見つける〜ストレングスファインダー

「ストレングスファインダーをどうやって活かせばいいのですか?」

ときどき聞かれる質問です。

私の答えは、こちらです。

「己を知り、相手を知り、己を活かし、相手を活かす。そのためにストレングスファインダーを活用すること。」

今日はそのうちの一つ、『己を知る』ことにポイントを当ててみたいと思います。

自分の軸をストレングスファインダーで見つけていく

 

己を知ること。

 

先日、SHOWROOM株式会社の代表取締役社長である、前田裕二さんの話を聞く機会がありました。

前田さんのぶれない軸はすごく魅力的で、圧倒されるほどの力を感じるのですが、

彼は大学3年生の時に、徹底的に自分と向き合ったことがあったそうです。

ものすごい量の言葉をノートに書き綴り、己を知り、そこから就職面接へと向かっていったとのこと。

前田さん、すごい人です。

(前田さんの魅力はこんなもんじゃないので、こちらの本をおすすめします。→「人生の勝算」前田裕二著)

私はSFの内省資質が6番目と高いので、特に「自分と向き合う」みたいなところ、思考体力が試されるところに惹かれているのかもしれません。

 

いずれにしても、己を知っている人は、強い。

 

自分の価値観、自分の限界、そして自分の強み。

これらを冷静に、穏やかに周囲にも伝えられるようになったら、とても強い。

自分軸で生きていける力を手にいれたと言っても、過言ではないでしょう。

 

さて。

 

己を知ること。

 

ここに、SFはとても役に立ちます。

あなたのSFトップ5、あるいはトップ10には、あなたの価値観がぎゅっと詰まっています。

 

たとえば、あなたの一番の資質はなんでしょうか?

 

その資質は、どのような価値観を持っていると思いますか?

 

あなたの一番の資質が大切にしているものは、「自分の行動」でしょうか、「相手への影響」でしょうか、それとも「相手との関係」でしょうか、または「自分の納得感」でしょうか。

 

そして、あなたにとって、たわいもないことなんだけれども好きなこと。役にたつとかたたないとか関係ないんだけれども、やると満足することってありますか?

 

これ、なかなか発見するのが難しかったりするのですが、

たとえば私の場合。

 

私は、ネットなどを見ていて、ちょっと「へぇー」って思った記事を、エヴァーノートに転送することが好きです。

これ、他人が読んでも「???」となるのですが、

転送するのが好きなんです。

時には、たいして記事の中身も読まずに転送し、そこで満足してそのまま…、なんてこともあります。

このことの一体何が、自分の軸で、己を知ることになるのか、はじめはさっぱり分かりません。

でも、ここに私のSF一位、「収集心」という言葉をふりかけます。

そうすると、このことは収集心資質の特徴的な傾向らしいことが分かります。

 

つまり、これが私にとっての「才能の原石」です。

 

ただ記事をエヴァーノートに転送するだけのこと。

これが才能の原石。

 

だまされたと思って、これを磨きにかかってみます。

転送する、転送する、転送する。

記事を見つけ、そして転送する。

せっかくだから、あとから検索しやすいように工夫する。

これを躊躇せずに続けていくと、私の才能がとんがりはじめます。

そう、星の角の部分のひとつが伸びていくように。

そうすると、私の軸が一つできあがってきます。

 

私の強みは、仕事に関連する情報を広く集め、状況を把握し、その情報を他人に対して提供できること。

私の限界は、情報がつかめていないことへの判断が鈍ること。

私のチャレンジは、情報のない状況でも無理やり判断すること、ではなくて、必要な情報を超高速で見極めて集め、判断のタイムラグを減らしていくこと。

 

そんな私を表現すると、このようになります。

 

「私は、情報を取り込むことが得意であり、これを磨き続けています。」

「ですから、私は、必要な情報を元に的確な判断をすることができる人間です。」

 

あとは、磨く過程で生まれるいくつものエピソードを具体例として提示できればぐっと説得力が増してきます。

 

己を知ること。

 

SFはとても役立ちます。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

収集心〜インプットに溺れる資質〜

 

収集心、それは、インプットに価値を置き、インプットにわくわくする資質。

それ自体、とても素晴らしい。

誰に言われるまでもなく、自然体のまま情報を集め、蓄えていく。

家に未読本が積み上がっていても、気にすることはない。

いつでも取り出せる、情報の在りかが分かっている、その安心感を心の中で満たしていけばいい。

 

インプットに溺れていて、何か不都合はあるか?

 

ない。

 

溺れたいだけ、溺れればいい。

 

さて。

その溺れるほど集めた情報から、この先の世界を少しだけ理解してみよう。

 

インターネットによって世の中が変わり、そして変わり続けている。

いろんなものがオープンになり、便利になった。

そして、発信する人が相対的に強さを持つ世の中になっている。

出来事の背景など知らなくても、情報など持っていなくても、発信することで誰かに見てもらえる。

強く、明確な発言ほど注目され、反応が返ってくる。

今は、そんな世の中だ。

 

さて。

世の中の収集心持ちたち、あなたはどうする?

 

集めた情報、保管してある価値ある情報を発信することで、あなたは世の中に価値を生み出すことができる。

慣れないうちは、誰かの意見、どっかの評価をそのまま紹介するだけにとどまるかもしれない。

それでも、あなたの発信したものが、誰かの役に立つ世の中だ。

情報に基づいたあなたの発信は、共感や反感に訴えるだけのものではなく、人にとって役に立つものとなる。

 

どうする?

 

発信力を磨いてみるか?

 

技は、磨くことで才能を活かすことができる。

収集心にとって、その才能を活かす技は、発信力。

発信力を磨いてみる価値は、おおいにある。

収集心という資質を内側に持つあなた。

才能を活かしていきたい、役に立たせたい、その才能で世の中に貢献して価値を生み出したい。

そう思ったなら、やってみよう。

発信力を磨いてみよう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(最上志向):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

最上志向、それは強みに気がつき、強みに惹かれる才能です。

 

最上志向さんが話しかけてきたよ。

 

「昨日久しぶりに雪が降ったんです。」

「これはSNSに投稿しようって思って、何枚か帰宅途中に写真を撮りました。」

「そして寒いから家に帰ってから投稿しようって思ってました。」

「でも、家に帰ってログインしたら、雪の写真なんてみんな投稿しているんですよね。」

「普段はあまり投稿しないAさんなんて、一番に投稿しているし」

「スマホ買ったばかりのBさんは、私より上手に写真を撮って投稿している。」

「なんか、私が投稿する意味ないなって思っちゃったんです。」

「これって、最上志向だからですか?」

 

うーん。

 

あなたの行動が最上志向のためかどうかはわからないよ。

 

でもね。

 

あなた、他の人の優れたところによく気がついているね。

 

「え?」

 

一番に投稿したAさんのこと。

上手に写真を撮ったBさんのこと。

相手の優れたところに気がついたってところ、そこはあなたの持っている最上志向が活躍したのかもしれないよ。

 

「…。」

 

気がついたところをAさんとBさんにコメントしてみたら?

ちょっと表現を工夫しちゃったりしてさ。

 

最上志向って、実はいろんなことに気がついているんだなぁ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 42