toggle
総論

自分に自信がなくても、資質を信じさえすれば道は開けてくる。− ストレングスファインダー −

201609131

コーチングセッションをしていると、多くの方が自分に対する「自信」というものの取り扱いに苦労する場面に出会います。

「自信を常に持つ」ことって、素晴らしいもののようにも聞こえますが、

「常に自信満々」な人って本当にいるのでしょうか?

今日は少し「自信」について書いてみたいと思います。

続きを読む >

強力だけれども、安易ではない−ストレングスファインダーを活かすということ−

201608291

ストレングスファインダーの診断をやってみることで、自分の強み資質トップ5を知ることができます。

自分の持っている強み資質を知るということ、これはとても強力なものです。

でも、これを活かすとなると、そう安易な話ではないことも確かです。

今日はそんな話をしたいと思います。

 

強力だけれども、安易ではない−ストレングスファインダーを活かすということ−

 

自分の才強み資質を知り、これを磨いて自分の“強み”にしていくことで、自分という存在そのもので勝負できることが増えてきます。

 

「あなたはあなたで勝負する(できる)」

 

これってとても魅力的なことだと思いませんか?

それを可能にしてくれるツールが、ストレングスファインダーです。

 

でも、そうそう安易に勝負できるところまでたどり着けるものでもありません。

だからこそ面白く、奥深いものなんですけれどもね。

 

「これが自分の強み資質か、やっぱり思った通りだ!」

と言ってそのままの自分でいたり、

 

「これが強み資質と言われても、じゃぁこれをどう活かしたらいいの?」

と言ってそこに立ち止まってしまったり。

 

結局今まで通りに無意識な思考、感情、行動を繰り返し、ときどき「あ、これってこの強み資質が出たんだな」

なんて後から気付いて振り返る。

そんな日常を繰り返しているだけでは、なかなか前に進まないものです。

 

自分の過去を振り返って、そこに強み資質を当てはめて理解をしたら、

次には自分の“今”に焦点を当てて、強み資質が出た瞬間を捉えてみる。

ここまできたら、今度は自分の強み資質を信じることで、未来の自分に活かしていく。

そうやって、自分をストレッチさせていく。

 

この繰り返しによって、強み資質が、常に一貫して高いパフォーマンスを発揮できる自分の“強み”へとなっていきます。

 

“強み”まで磨いた資質、その資質名は、あなたを表す大切なキーワードになり、その資質名によって、

あなたは他人からの信頼と承認を得ることになります。

 

もちろん、磨く途中では失敗も、成功も、それすらわからないこともあると思います。

なんといっても、もともとは無意識に自分が振り回しているものですから。

 

それがどれだけ危険なものか気が付いて、びっくりすることもあるでしょう。

 

でも、進む道は「強み資質を活かして磨く」という一本道。

 

ストレングスコーチの認定プログラムを受講しているとき、私たちの講師はこの道を

「ストレングスジャーニー」と言いました。

 

私も今、ストレングスジャーニーを満喫しています。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

「人を認めることができる人」〜ストレングスファインダー〜

201608281

 

ストレングスファインダーを伝えていると、

「人との感情的なぶつかりが減りました」というフィードバックをいただくことが多くあります。

「自分と他人と、そもそも持っているものが違う、という感覚が自然とわかってきました」

というフィードバックもセットでいただくことが多いです。

 

これって、とっても効用が大きいものですし、ぜひその感覚を、これからも育てていただきたいと思います。

 

「人を認めることができる人」

 

あなたは、他人からどう見られているか、気になる人ですか?

 

気にならない人っているのかな?

 

いるかもしれないですね。

 

気になって、ついつい自分の言動を変えてしまう(変わってしまう)人もいれば、

気になるんだけれども、でも自分は変えない(変えられない)人もいます。

 

それはそれとして。

 

では、あなたは、人からどう見られたいですか?

 

もし、

「あなたは、人を認めることができる人だよね」って思われたら、嬉しいですか?

 

私は嬉しいな。

 

優しさとか、甘さとは違う、認めるということ。

 

「人を認めることができる人」でいるために、私の中でストレングスファインダーが大活躍しています。

 

あなたもいかがですか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

ポケモンGOは楽しいかい? もっと難易度を上げるとストレングスファインダーにたどり着くかもよ

201607242

ポケモンGOが日本に上陸して、とっても盛り上がっていますね。
今日も街中でスマホをガン見しながら歩いている人を何人も見ました。

ポケモンGO、上手に人の心を掴んだなと思います。

ポケモンGOのゲーム内容を見ていて、
「あ、これってストレングスファインダーを楽しみながら育てていくのに似ているな」
なんて思いました。

今日はちょっとお遊びになりますが、そんな話を書いてみます。

 

ポケモンGOは楽しいかい? もっと難易度を上げるとストレングスファインダーにたどり着くかもよ

201607241

ポケモンGOは、スマホがGPSを活用して、実際の街中のいろんなところにポケモンのキャラクターやらアイテムを設置しています。
プレイする人は、スマホに表示される地図を頼りに実際の街中を歩き回ってキャラクターを見つけ、捕まえて育てていきます。

 

ちょっとお遊びになりますが、ストレングスファインダーをゲームっぽく言うと、こんな感じになります。

 

ストレングスファインダーは、実際にあなたの身近にいる人の中にいる、34のキャラクターです。

そして、あなたの中にも同じく34のキャラクターが潜んでいます。

プレイする人は、自分自身の中や、周りの人の中に潜むキャラクターを発見して育てていきます。

みんなに等しく34のキャラクターが潜んでいますが、その経験値や強さは全て異なっていて、あなたは誰のどのキャラクターが強いのかを見極めながら、育てていくことになります。

 

あなたの中のキャラクターと相手のキャラクターとを戦わせることもできますが、

お互いの力を借り合うことでより大きなパワーを手に入れることができ、

強大な難敵にも打ち勝って前に進んでいくことができます。

 

なお、ポケモンGOではキャラクターを発見して捕まえるとそれを教えてくれる仕組みになっていますが、
ストレングスファインダーにこの機能はございません。

それだけ難易度の高いものと言えるでしょう。

 

ストレングスファインダーには終わりがありませんので、
一生楽しみながら自分と相手のキャラクターを育てていくことができます。

 

ストレングスファインダー、あなたも楽しんでみませんか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力:今日はどこに注目しましょうか?〜ストレングスファインダー

201607232

ストレングスファインダーは、人のユニークさをとてもよく表しているものだと思っています。
自分の才能を理解して、腑に落ちて、そして活かし始めた人がどんどん魅力を増しています。

あなたはストレングスファインダーを通じて才能を発見できたでしょうか?

 

今日はどの才能に注目しましょうか?

1人ひとりに上位5つの才能があり、そのすぐ後ろには6番目、7番目と才能の列が続いています。

そして、だいたい10番目前後までの資質は気付いて磨くことができると思います。

あなたのユニークな才能です。

日々の何気ない自分の言動から見つけてあげて、伸ばしてあげてくださいね。

 

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7