toggle
基礎知識

資質の魅力「公平性」「個別化」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 公平性、個別化 ー

「‪公平性才能を持つ人は、個々のニーズより全体のニーズを優先する。一人ひとりのニーズを重視する私のような個別化持ちとは視点が異なるんだな。判断に用いるものさしがそもそも違うよねって、そこを理解し合い、認め合えればチームはぐっと前に動き出すぞ。‬」

 

部下が権力を持った上司の持つものさしに従う。

それが必要なときもあると思うけれど、いつもいつも上司のものさしに従っているだけだと、パフォーマンスが上がらなくなる恐れが出てくる。

私のものさしとあなたのものさし。

お互いがそれを知り、認め合い、尊重し合うことができれば、どんなに良いことが起こるだろう。

ストレングスファインダーをチームに生かしていくと、そのチームのパフォーマンスが上がってくる。

その理由の一つが、互いのものさしを知るってことなんだな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「規律性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 規律性 ー

「‪規律性才能を持つ人は少ない。シンプルに継続する人。人と競争するでもなく、見栄を張るでもなく、モチベーションを上げたり意味を付加したりも必要なく、シンプルに継続する。そして結果を出していく。私とずいぶん違うぞ。人って豊かだ。‬」

 

ついつい、自分の中にある常識や習慣に他人を合わせたくなる。

上司が部下に、親が子どもに、先輩が後輩に。

優位に立つものほど、その力を行使しがちになる。

でもね。

ストレングスファインダー を理解していくと、人の豊かさがどんどんと言語化できるようになるんだ。

自分の常識で他人を縛るなんて、なんてもったいないことだと気づくようになる。

ストレングスファインダー 、いいツールだよ。

 

Unlock the Potential.

ストレングスファインダーが、やっぱり好きなんだな。

ー ストレングスファインダー ー

「‪人ってユニークだなと思う。なんだかんだと考えて、あーだこーだと言い合って、あれだこれだと動き回って、泣いたり笑ったりしている。ユニークだなと思うから、その人の個性の、ほんの入り口を垣間見せてくれるストレングスファインダーというツールが私は好きなんだよな。‬」

 

ストレングスファインダーでその人の全てが理解できる、なんてことはない。

ストレングスファインダーは、その人の持っている個性を、ほんのちょっと見える化してくれるものだと思っている。

そう、ほんのちょっとなんだな。

でも、ほんのちょっとをお互いが知り合えると、そこからお互いに興味が生まれ、会話が生まれ、リスペクトが生まれてくる。

そうやってできあがった関係の中では、お互いがそれぞれ「自分」でいることができ、居心地が良いものとなる。

そんな関係性の中で一日が過ごせたら楽しいよね。

だからストレングスファインダーは役に立つしおもしろい。

いいツールだな、と思うよ。

 

Unlock the Potential.

強みを無自覚に振り回すのはもったいない。 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 強みを意識してこそ ー

「自分の強みがある。でも、ただ無自覚に振り回して周囲のパフォーマンスを下げ、チーム力を下げてしまったら意味がない。人混みの中を、人とぶつかってもかまわず進む人のようになっていないか? 自分の強みを知り、意識し、使い方を工夫し続けること。大事なことだ。」

 

あなたにはあなたの強いがある。

それって素晴らしいことだ。

だからこそ、大切にしてほしいなと思う。

せっかくの強みなのに、人よりエネルギーの強いものを持っているのに、それを無自覚に振り回していたとしたら、こんなにもったいないことはない。

 

自己分析、他者理解、チーム力。

 

こう書くと急に堅苦しくなってしまうが、でもとても意識することってとても大切なことだ。

 

まず第一歩として自分を知ること。そして自分を生かしていくこと。

とても大切なことだよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

自分の成長を客観的に把握できているか? 〜 ストレングスファインダー 〜

ー ストレングスファインダーで自分の成長を客観的に把握する ー

「昨日は自分らしく過ごせたか? 成長できたか? って漠然と振り返っても感覚でしか捉えられない。昨日の自分は収集心を意識できたか? 個別化は発揮できたか? って考えて具体的な場面を思い出してみる。すると客観的な自分の成長の有無に気づく。この違いってすごいぞ。 」

 

あなたは自分を成長させていきたいだろうか?

その成長角度を上げていきたいだろうか?

成長を実感し、その先を目指していくために、客観的な視点を手に入れることは、とても大切なことだ。

ストレングスファインダーは役に立つ。

あなたに客観的な視点を持たせてくれる。

自分の成長を主観的に、気分で捉えている人と、客観的に冷静に判断している人。

この積み重ねが生み出す違いは、ものすごいものがあるぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6