toggle
未来志向(Futuristic)

資質の魅力「未来志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 未来志向 ー

「‪未来志向の才能があるからって、いつも素敵な未来を描いているわけではない。心配したり、憂いたりすることだってある。でも思い出して欲しいな。その才能はビジョンで人を魅了することができるってことを。才能をとことん活かそうよ。一度きりの人生だ。‬」

 

人生って一度きりだ。

たくさん失敗があって、情けないこともあって、しょうもないことばかりが思い出に残っていく。

 

でもさ。

 

せっかくストレングスファインダーに出会って、自分の才能の種を発見したのだから、それをとことん活かす気持ちは持っていようよ。

あまり力む必要もないけれどもさ。

きっと、楽しいことが増えていくよ。

きっとね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「未来志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 未来志向 ー

「‪周りの人は半径10mくらいの視界しかなく、そこで物事を判断し行動している。あなたは100m先までくっきり見通せるから、遠くに何があるかを理解しながら判断し行動できる。この距離を時間に置き換えてみる。そう、これが未来志向の才能だよ。すごいよね。‬」

 

みんなが10mの視界のところ、あなたは100m先まで見える。

みんなが目の前のコトで視野がいっぱいになっていることろ、あなたは10年後、50年後、100年後を見通して物事を考え、判断し、行動することができる。

 

遠くを見通すことができる。

未来志向の才能が持つ魅力っていいね。

 

「こっちに素敵な未来があるよ」ってみんなに教えてあげてほしい。

そうやって、仲間を、みんなを素敵な未来へと連れていってほしいな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「未来志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 未来志向 ー

「未来志向があるならば、何かビジョンを描いて人に伝えてみよう。あなたのビジョンは人の心に響くか?他人を魅了させられるか?親しい人からフィードバックをもらいながら、そのビジョンを洗練していこう。才能を磨いて輝かせるのは、あなただ。」

 

ほらね、あなたにも見えるだろう?

そんな一言を添えながら、未来志向の人がビジョンを語ったら、どれだけワクワクできるだろう。

 

人を惹きつける未来を描き、それを伝え、人の心をつかむことができたら、そこには大きなエネルギーが生まれてくる。

あなた一人では壮大で届かない未来であっても、仲間のエネルギーが加わることで、手に入る未来になってくる。

 

大きくいこう。

 

それができる才能をあなたは持っている。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「未来志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 未来志向ー

「未来志向という資質を持っているのなら、わくわくしながら相手の未来について話してみよう。少しポジティブな方向を意識してね。相手の目が生き生きと輝き出したら、あなたの才能が威力を発揮している証拠だよ。魅力的な未来は人を動かす力があるんだ。」

 

自分の持っている才能を、どうやって生かしていくか。

1つは自分に、もう一つは相手(社会)に。

自分が生き生きとし、社会に貢献し、社会にほんの少しの動きが出る。

目の前の、たったひとりの小さな行動かもしれないけれど、

その小さな行動がいくつもいくつも起きていって、おおきなうねりになっていく。

才能を生かし合って生まれるおおきなうねり。

ちょっと楽しそうですよね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(未来志向と原点思考)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

201610041

「未来志向と原点思考」

 

週末の仕事帰り、

同僚の未来志向さんと原点思考さんが一緒に歩いてた。

 

「今日の会議さ、意味あったのかな?」

『うん?なんで?』

「解決すべきだって課題が示されていたけれど、その課題そのものが適切かって疑問なんだよね。」

「課題設定が間違っていたら、そもそも意味のない話し合いになっちゃうでしょ。」

『まぁ、そうかもしれないけどさ、私はそこは気にならなかったよ。』

『なんかさ、最後の方に出てきた意見って前向きなものが多かったように思うんだよ。』

『あんな意見聞いていたら、きっとこれは良くなっていくなって、そんなイメージが浮かんできたんだ。』

「そんなもんかなぁ。でも俺の原点思考が疼くんだよなぁ。」

『課題が適切かどうかなんて突き詰めていくのもいいけれど、今日の所は私の未来志向に軍配を上げておいて、飲みにでもいこうよ!』

 

なかなかこう上手くはいかないけれど、

自分の資質をちょっと離れてみて見ることができたなら、

仲間と感情をぶつけ合って消耗する、なんてことが減ってきます。

心が穏やかに、仲間と心地よい関係を築くことができる。

そんなことも、ストレングスファインダーの魅力です。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2