toggle
戦略性(Strategic)

資質の魅力「戦略性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 戦略性 ー

「‪『どうやったらそこに到着できるかな』と考えるのが得意な戦略性。新しい事由が発生しても、すぐに想定内に納めていく。でも、この広い世界で“私の想定内”なんてちっぽけなものかもしれないね。想定外の世界には何があるのだろう。ちょっと行ってみないかい?‬」

 

私自身が戦略性という資質を持ち、日々重宝しているからだろうか。

ついつい、戦略性には高いところを要求しがちになる。

相手の戦略が見えたとき、もうちょっとその先を目指して欲しいと感じることもあるし、自分の立てた戦略を甘いと思うときもある。

最上志向も効いているね(笑)。

 

さて、戦略性という才能。

器用に想定内の持っていけるからこそ、その外側を意識してみるようにしてほしい。

世の中には、終着点など考えていない会話や行動に溢れている。

それを高みから見て呆れるのではなくて、そこから生じる想定外の展開に目を向けてみる。

想定外だからこそ、大きな失敗にもつながるけれど、信じられない成功へつながるときもある。

それはそれで、ユニークなことなんだな。

想定内から出てみること。

戦略性さん、意識してみてね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「戦略性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 戦略性ー

「いっつもいっつも『どうやったら』って考えているのが戦略性という資質。いっつも考えているから、その鍛えられかたは半端ない。今日も、あなたが手に入れたいものをセットしよう。あとは自然と『どうやったら』が発動する。才能が磨かれる。強みになる。」

 

戦略性が『どうやったら』と考えるのは、あまりにも当たり前のこと。

だから、そこを考えない人のことが理解できなかったりするんだけどね。

他の上位資質との掛け合わせによって、

『どうやったらあの人を納得させられるのか』だったり、

『どうやったら仕組み化できるのか』だったり、

『どうやったら最も効率よく動けるか』だったりする。

 

『どうやったら』は勝手に発動していくものだから、自分が意識すべきはその目的だ。

何を目的に設定するのか。

ここはしっかり自分で自分の手綱を握りたい。

そうすることで、あなたの戦略性は際立ってくる。

それが、才能を磨くということ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

戦略性

 

戦略性という資質。

 

この資質は、何かにつけて落とし所を探し出し、そこに物事が向かうよう筋道を立てることが得意です。

それだけに、自分の発言や行動には“意図”があり、場をコントロールするのも得意だったりします。

ロックオンした落とし所を逃さない、その思考力はとても優れたものですし、この力の強さを実感している戦略性持ちの人も多いのではと思います。

 

でもね。

 

これが相手からするとやっかいだったり、面倒くさかったりするんですよね。

 

「今やっていることってさ、どんな意図があるの?」

「先にAさんに言っておかないとさ、通るものも通らないでしょ。そのくらいわかるでしょう。」

「それを今言ったとしてさ、その次にどうするの?」

「それやっても何も手に入らないじゃん。場当たり的だよ、それ。」

 

これ読んで、「くーっ!」って腹立たしく思った方もいるかもしれないですね。

でもね、これは戦略性持ちの“当たり前”。

戦略性持ちの方、このままだと嫌な奴ってレッテル貼られてしまいますね。どうしましょう?

 

「なんでわからないの?」から「俺の戦略性が疼くんだけどね…」へと、ちょっと優しい方へ言葉を変換しませんか?

上から目線の発言から、相手と同じ目線に立ってのアドバイスへ。

これ、結構喜ばれます。

 

仲間の貢献に戦略性が活かせたとき、この資質は強く光り輝きます。

そこにあなたの戦略性を生かしてみませんか?

やってみる価値ありますよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(適応性、調和性、戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

適応性、調和性、戦略性

 

怒っている人がいる。

 

どうやらせっかく軌道に乗りかけたプロジェクトがあったのに、上司の一言で大幅な方向転換を強いられることになってしまったらしい。

怒りがおさまらないから、後輩の適応性くんに愚痴をこぼした。

そしたら適応性くん、

「方向転換してもいいんじゃないですか。」

なんて言い出した。

「だってまだプロジェクトのスタートまで半年あるし、きっとまたそのうち変更が出てきますって。そういうもんですよ。」

なんて言っている。

これじゃぁどっちが先輩だか分からないじゃないか。

 

どうにも腹の虫がおさまらないから、家で妻に愚痴をこぼした。

そしたら調和性な妻がこういった。

「あら、方向転換してもいいんじゃないの?」

え? キミもそう言うの?

「だって、どっちがどうだなんて言い合っている暇があるんだったら、さっさと方向転換してプロジェクトを前に進ませてしまったほうがいいじゃない。」

まぁ、それはそうなんですけれどもね…。

 

なんだか誰か自分の理解者が欲しくって、以前お世話になった先輩に相談することにした。

そしたら先輩、

「大丈夫だよ、方向転換したって。」

え? そうっすか…。

「俺の戦略性によるとだな。方向転換したって最終的に同じところに行き着くよ、大丈夫。」

は、はい。

 

なんだかみんなおんなじことを言っているような、違っているような…。

ま、でもとりあえずおとなしく方向転換してみるか。

 

私の心、誰か満たしてくれないかなぁ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戦略性

戦略性という資質がある。

ゴール(落としどころ)に到達するためのストーリーを組み立てるのが上手な資質だ。

状況が変わればストーリーを自在に組み替え、必ずゴールはモノにする。

とても役に立つ資質。

かく言う私も戦略性が上位にあり、とても重宝している資質だ。

 

でも…

時々チェックしてメンテナンスしないといけない厄介な資質だとも感じている。

「お前の戦略性は理屈ばっかりになっていないかい?」

「まさか、自分の勝ちパターンに持ち込むこと(ばかり)に戦略性を使っていないだろうな?」

「相手を活かすためではなくて、むしろねじ伏せるために戦略性を使うなんて最低だぞ」

 

世の中に正解なんてものは無数にある。

いやむしろ、正解なんてものは存在していないのかもしれない。

だからこそ、自分の戦略性を超えたところにもっと魅力的なストーリーが存在するはずなんだ。

だからこそ、戦略性資質も磨き続けることが大切なんだな。

あなたの戦略性、まさか停滞させていないよね?

停滞させたら、あなたの鮮度も落ちますよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3