toggle
学習欲(Learner)

資質の魅力「学習欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 学習欲ー

「学習欲資質が上位に出てきたら、“見つける”才能を存分に活かしていこう。例えば読書会のように、発見を楽しむ場に参加してみるといい。楽しんでいるうちに仲間の輪ができて、そこから新しい世界が見えてくる。これも才能の活かし方。」

 

才能を活かすというと、自分自身のスキルアップにとかく目が行きがちだけれども、

自分を新たなステージへと導いてくれるものは、人のつながりだったりする。

だから、自分が生き生きと楽しめる場所で人とのつながりを得ていくことは、とても大切なこと。

そこに自分の資質を活かしいくことも考えてみよう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(学習欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

201702021

学習欲

学習欲さんが元気ないということで、飲み会が開催された。

うん、たしかに学習欲さん元気ない。

子育てで育児休業中の学習欲さん、子育てをはじめて半年経って慣れてきたと思ったら、

なんだか疲れが抜けなくなってきたんだってさ。

最近何か新しいことしてる?って聞いたら、子どもの相手でそれどころじゃないとのこと。

そっか、自分の資質に栄養を与えていないんだね。

時間がない、たしかにそうだと思うけれど、

資質を枯らしてしまうってことは、自分の魅力を失っているってこと。

一日5分でも構わないから、資質に栄養を与えてあげようよ。

学習欲さん、小さな発見を探してごらん。

日常の中でかまわない。

テレビやラジオのおしゃべりからだってかまわない。

小さな発見を見つけた瞬間に、学習欲さんの資質が生き生きとしてくるよ。

その気づきこそが学びとなって、学習欲という資質の最高の栄養となる。

きっと元気になるよ、学習欲さん。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(活発性と学習欲)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「活発性と学習欲」

週末の仕事帰り、同僚の活発性さんと学習欲さんが一緒に歩いてた。

 

学習欲さんが質問した。

学「活発性さんて、いつも判断が速くてすごいなと思うのだけれど、失敗することに対して不安になったりしないの?」

 

活「不安、なるときあるよ。」

活「でもね、速くて良かったときもたくさんあるんだよ。」

活「悩み出すと、結論出ないまま頭の中が疲れてきちゃうでしょ。それだったら、動いてから軌道修正するほうに頭を使ったほうが前に進んでいるぶん、得することが多いと思うんだよね。」

 

学「なるほど、そういう発想面白いなぁ。」

 

活「いちいち考えてないけどね、聞かれてしゃべってたら自分でも気が付いたよ。」

活「こういう話を素直に聞けるのって、学習欲さんのいいところだよなぁ。」

 

互いに認め合うと、資質が生き生きとしてきます。

そんなチームでいい仕事をしていきたいものです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(コミュニケーション、共感性、学習欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607041
「コミュニケーション、共感性、学習欲」

仲の良い3人組がいたよ。

「そいうえばさ、今年はリオデジャネイロのオリンピック・パラリンピック大会があるね。」

「オリンピック・パラリンピックの試合は熱くなるよね!」

「一度は直接観に行ってみたいよね!」

「行ってみよっか、リオ!」

 

こんな話になったとき、

 

コミュニケーションさんは、周囲のいろんな仲間にリオ行きを決めたときの話をしはじめたよ。
自分がそのときにどのくらい感情が昂ったか、仲間の反応はどうだったか、そもそもなんでこの話が持ち上がったのか。
臨場感たっぷりに話すものだから、周囲の仲間もついつい自分がリオに行くんじゃないか、なんて思えてきそうだよ。

 

共感性さんは、自分がリオに行くとなってから、候補選手のニュースに一喜一憂するようになったよ。
◯◯選手が選考基準を突破してリオ行き決定! なんてニュースに喜んでみたり、
△△選手は直前の怪我で選考レースをリタイア! なんてニュースに悲しんでみたり。
リオに行くって決める前は全くニュースに気が付かないくらいだったのにね。

 

学習欲さんは、途端に2020年の東京大会のことも気になり始めたよ。
オリンピック・レガシーなんて本も読み出して、
スポーツも文化・芸術も、観光も環境も、いろんなことが気になって
部屋に本がまた増えてしまったよ。

 

それぞれの資質、それぞれの楽しみ方。
みんなが「行ってよかったね」と言い合える旅行になるといいですね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2