toggle
学習欲(Learner)

資質の魅力「学習欲」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 学習欲 ー

「なぜ多くの人が桜の木の下に集うのだろう? なぜ元号は存在するのだろう?なぜ年度の始まりは4月なのだろう? ちょっとしたwhyが、学びのきっかけとなる。小さいことで構わない。あなた自身の見つけたwhyを学び深めることが、あなたを豊かにする秘訣だ。」

 

自分自身が豊かであり、生き生きとしていて、楽しげであること。

そんな、自分自身を良好な状態に保っておくことは、とても大切なことだ。

自分の中に浮かんだwhyを楽しみながら追いかけること。

役に立つとか、成果につながるとかはひとまず置いておいて、自分を豊かにするために、自分のwhyを追いかけてみること。

そうやって、自分を楽しませ、輝かせておくこと。

とても大切なことだよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「学習欲」〜 ストレングスファインダー〜

ー 学習欲 ー

「学習欲の高い人は、自分の外にある知見にどんどんアクセスする。知識や経験を取り入れ枠を広げていく。一方、多くの人は過去に知ったこと、経験したことだけで判断してさっさとことを済ませたがる。その差は開くばかりだ。学習欲のアクセルを踏み続けよう。」

 

知らないことを調べたり、話を聞きに行ったり、体験しにいったり。

これって結構めんどうくさいと感じる人も多い。

特に、ちょっと忙しかったり、締め切りに追われていたりすればその傾向は強まるばかりだ。

そんな中にあっても、学習欲の高い人は力むことなく自分の外側へとアクセスしていくことができる。

むしろ楽しんでアクセスしていくことができる。

ひとつひとつはちっちゃなことかもしれない。

でも、これが積み重なっていった先に生まれていく差は大きなものだ。

もしあなたが学習欲資質を上位に持っているならば、

外へ外へとアクセスしていくことを続けよう。

自分の才能を信じて続けよう。

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「学習欲」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 学習欲 ー

「‪最近ちょっと元気ないなぁ。そう思ったあなたが学習欲資質を持っているなら、“発見”を見つけに出かけよう。映画館や科学館、アトラクション体験やセミナー参加でもいい。新たな発見の連続があなたを満たしていく。満たされた自分なら、大抵のことは頑張れる。‬」

 

才能を活かすというと、ついつい仕事の成果や、金銭的な対価に直結することを求めてしまったりするけれど、

その前に、自分を満たすための使い方がある。

自分を満たすために自分の才能を活かしていく。

そして、満たされた自分で勝負する。

自分が満たされて、自分の中に余力があるかどうかって、パフォーマンスに大きく影響する。

これって結構大事。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「学習欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 学習欲ー

「学習欲資質が上位に出てきたら、“見つける”才能を存分に活かしていこう。例えば読書会のように、発見を楽しむ場に参加してみるといい。楽しんでいるうちに仲間の輪ができて、そこから新しい世界が見えてくる。これも才能の活かし方。」

 

才能を活かすというと、自分自身のスキルアップにとかく目が行きがちだけれども、

自分を新たなステージへと導いてくれるものは、人のつながりだったりする。

だから、自分が生き生きと楽しめる場所で人とのつながりを得ていくことは、とても大切なこと。

そこに自分の資質を活かしいくことも考えてみよう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3