toggle
収集心(Input)

“欲しいな”から暴れだした資質の話〜ストレングスファインダー〜

今日は、「あ、新しいカメラが欲しいな」なんて何気ない気分から始まった、私の資質の暴走の話です。
ちなみに今日登場するのは、収集心(1番目)、戦略性(2番目)、個別化(5番目)、内省(6番目)、慎重さ(7番目)、最上志向(8番目)、分析思考(9番目)です。
*番号は私の資質の順位です。

 

ま、笑いながら読んでやってください。

 

“欲しいな”から暴れだした資質の話〜ストレングスファインダー〜

2008年に発売されたNikonの一眼レフカメラD90。

201607225

これが今私の手元にあります。

 

一眼レフで撮影された、表現力豊かな写真に憧れがあるものの、撮影に行く時間が取れない…。

それに、これだけiPhoneなどで気軽に写真を撮れる時代に、
街中でわざわざ一眼レフカメラを持ち歩く、しかもカメラに全く詳しくない私の姿はどうもかっちょわるい気がする。

そんなこんなで、なかなかカメラを持ち歩くことがありませんでした。

 

そんな私がブログを始めました。

 

ブログって、やっぱり写真が欲しいですよね。

なので、過去に自分が撮ってきた写真の中から、“自分比”でまぁまぁかなと思えるものを選んで貼付けています。

201607224

そうすると、今度はブログに貼付ける新しい写真が欲しくなってきました。

 

ここから、私とカメラとの距離がぐっと近くなりました。

 

まず、かっちょ悪くてもいいから、D90をかばんに入れて出かけ、街中であっても電車を降りたらかばんからD90を取り出し、手で持ち歩くようにしました。

そして、恥ずかしがらずにカメラのシャッターを押すようにしました。

もちろん、勝手に人は撮りません。

人の迷惑にならないように、お店の前にある花やちょっと目に留まったサイン表示、遠くの空、スタバのカップ、なんていうものを撮り始めました。

201607223

201607222

 

「楽しい。」

 

なんか理屈抜きで「楽しい」

 

単なる物質である被写体にも、なんとなく表情や感情を感じ取る自分に気が付きました。

これ、個別化資質(5番目)で人のユニークさに気が付く感覚に似ているんです。

感性のおもむくままに撮っているので、他人からみたらしょーもない写真だと思います。

でも、やっぱりなんか楽しい

 

「もっと洗練された、表現豊かな写真を撮りたい」 by 最上志向(8番目)

「せっかく撮るなら、ちゃんと知識を得て、機能を理解していきたい」 by 分析思考(10番目)

 

ここから、私の資質たちの暴走が始まりました(笑)。

 

「まずは、今どんな機種が出ていて、どんな機能があって、発売からそれぞれ何年くらい経っている?」 by 収集心(1番目)

 

「いや、でも、撮影する時間がない自分が街中でスナップ撮るだけなのに、そんなに機能はいらないのでは?」 by 慎重さ(7番目)

 

「私にとってカメラって大切なのかな…。 一時気分が盛り上がっているだけで、もっと深く考えたほうがいいのでは…」 by 内省(6番目)

 

「あのカメラを手に入れるとして、いつ、どうやって、購入しようか。購入したらどんな活用をしていこうか。無駄な投資にしないためには…」 by 戦略性(2番目)

 

「長く使ってカメラを趣味にしていくなら、やっぱりフルサイズカメラがいいよね。表現力が豊かだし」 by 最上志向(8番目)

 

「同じNikonの複数の機種を比較しているブログを読んで、キャノンと比較しているブログを読んで、ついでにフォトマスター検定なんて発見したからその情報も仕入れて…」 by 収集心(1番目)

 

「待て待て、カメラはレンズだっていろんな人が書いているぞ。レンズまで欲しがったらキリがない。そんな簡単に答えを出してはいけないよ」 by 慎重さ(7番目)

 

 

いやぁ、もう大変です(笑)。

 

きっと活発性資質の方とか、実行力系の資質の強い方が読んでいたら「面倒くさ!」って思うのでしょうね。

 

でもね、この資質の暴走しているところが楽しかったりもします。

自分の中の資質たちがあっちこっち勝手に走り回っている感じ。

 

ストレングスコーチとなり、資質への理解が深まってきた今の私は、この暴走を楽しめています。

 

「さて、結論はどうなるのかな?」なんてちょっと自分をメタ認知しながら。

 

資質を意識しはじめて、磨きはじめて時が経ち、

それぞれの資質が個性を発揮させています。

そろそろ交通整理をはじめようかな。

それとももう少し暴走させておこうかな。

 

最後は自分の中での資質の相乗効果を発揮させて、自分が一番納得する結果を掴んでいこう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(信念、運命思考、収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606301

「信念、運命思考、収集心」

仲の良い3人組がいたよ。

「そいうえばさ、今年はリオデジャネイロのオリンピック・パラリンピック大会があるね。」

「オリンピック・パラリンピックの試合は熱くなるよね!」

「一度は直接観に行ってみたいよね!」

「行ってみよっか、リオ!」

 

こんな話になったとき、

 

信念さんは、「俺たちが行くのはいいけれど、自分たちだけいい思いするのではなくて、必ず他のメンバーも同じくらいの日数の休暇を取れるようにするべきだ」と言ってまず自分の心の声に正直な反応をしたよ。

 

運命思考さんは、「あぁ、これも何か意味があるんだろうな」と言いながら、リオに行くことの意味を噛みしめている。ちょっと遠くに視線をはわせながら…。

 

そして収集心さんはもちろん、どんどんとリオの情報を集め始めている。治安のこととか気候のこと、大使館の情報をチェックしたり、ホテルの近くの美味しいレストランなんかも。

 

いつもと異なる何かが起きた時、
資質の傾向はわかりやすく出てきます。
そんなときほど本人は気が付いていないものなんだよなぁ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)IMG_4657

「収集心」

机の上に水が半分入ったグラスが置いてあった。

そこに登場した収集心さん、
グラスの横にあるペットボトルの銘柄をじっと見つめたと思ったら、
さっとスマホを出して銘柄検索を始めたよ。

次に同じ銘柄の飲み物を調べてリンク先を保存して、
満足した表情を浮かべて去っていった。

あ、水は飲まなくてもよかったのね…。

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質で何ができるかではなく、資質をどう活かすかという感覚が大切(世界卓球2016から、選手の資質とその活かし方を予想。第三弾は石川佳純選手)〜ストレングスファインダー〜

世界卓球2016に出場した日本女子代表選手の福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手のストレングスファインダー上位資質予想、第三弾は石川佳純選手です。

第一弾予想では戦略性資質が際立ち、常に勝つストーリーを描きつつ戦うイメージを感じた伊藤美誠選手、第二弾予想では強い責任感資質と共感性資質がモチベーションの源泉になっていると感じた福原愛選手を取り上げました。では石川佳純選手はどうでしょうか。

私は石川選手を見ていて、彼女は思考系資質群が強いぞ、と感じました。
石川選手の資質予測を書いてみます。
(3人の資質のイメージは画面を通して表面に見えることだけから予想していますので、実際とは違うかもしれません。その意味でちょっとお遊びになります。)

石川佳純選手は、慎重さ、達成欲、収集心、内省、分析思考

石川佳純選手のプレーを見ていてまず感じたのは、「すごく考えている!」でした。
伊藤選手のストーリー立てとは異なる感覚です。
はじめはぐいぐいと攻める(達成欲)のですが、戦いながら相手のリアルタイムな情報をどんどん取り込み(収集心)、ぐるぐる考えながら(内省)分析していく(分析思考)感じ。
そうやって分析して「これだ!」という手段を見つけて攻めに転じていく(慎重さ)。

そんなプレースタイルが見えました。
石川選手の試合を見たことがある方、どう思いますか?

試合前に選手紹介ショートムービーが流れるのですが、その時に「自分が負けてしまう試合の夢を何度も何度も見てしまった」といって泣いているシーンがありました。
あーこれって内省×慎重さだなぁと。

石川佳純選手はとにかく行動を起こしていくことができる達成欲資質をエンジンとして、卓球の技術や、相手の癖、自分のよいところ、わるいところなどを内省資質で何度も何度も考え、慎重さ資質で行動を起こすための用心深さを発揮し、そして分析思考資質は内省と慎重さをバックアップしている。
こうやって資質の強いところが互いにリンクして相乗効果を発揮することで、卓球選手としてどんどん高みへと上っている。
そんな素晴らしさを感じました。

さて、これで選手3人の資質予想は終了です。

少し楽しんでいただけたでしょうか?

3人とも資質の傾向はずいぶん違うなと思います。
それでも3人とも世界を代表する卓球選手というポジションにいます。

「この資質だからこうはなれない。」
「あの資質はボトムだから私には無理だ。」

もし、あなたが自分の資質を見て得たい結果をあきらめてしまったとしたら、それはとてももったいないことだと思います。

どの資質が上位(下位)であっても、望む結果は手に入れることができます。
その結果に至るまでに通る道、どんな道を通ったら一番速く、あるいは高く、遠くへ行くことができるのか、あなたに最も適した道を照らしてくれるのがストレングスファインダーの資質です。

あなたの上位資質をとことん活かして、望む結果を手に入れてください。
資質を磨いていけば、素晴らしい結果を手に入れられますよ。

Unlock Your Potential.

1 2 3