toggle
分析思考(Analytical)

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪分析思考才能は、感情に左右されずに物事を捉えることができる素晴らしさがある。でも、対話で相手の感情をシャットアウトしていると協業が難しくなってくる。感情ってやつは、物事を決める上で重要でユニークな要素の一つだね。さて、どう受け止める?‬」

 

できるがゆえに、得意であるがゆえに、他の人と理解し合えないことがある。

分析思考才能が感情を排して判断を下せること、その才能も協業の際に工夫が必要なものの一つだろう。

あなたが、「冷静に、普通に考えれば、判断に迷うことはないだろう。」と思っているとしても、なぜかみんなで話し合うとおかしな方向へと議論が進んでいく。

そこであなたは孤立する道を選ぶのか、感情というやっかいなものを受け入れつつ、その場をリードしていくのか。

時と場合によるとは思うが、ときにはリードする役割にも挑戦してみよう。

その経験はきっと役に立つ。

ほとんど感情だけで判断が行われているものって、そこらじゅうに溢れているからね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪あの人がああ言っていた、この人がこう言っていた、どうしよう…。なかなか打開策が見出せない。そこに沈黙の彼がいた。彼の分析思考才能が、感情と事実とを切り分けながら打つべき手を探っている。彼が口を開いた時、みんなが彼に注目する。頼りになるぞ。‬」

 

分析思考才能を持っている人は、ときにドキッとするくらい冷静な発言をする。

その瞬間は容赦ない発言に聞こえることもあるけれど、振り返ってみると、あらためて要点を突いたその発言に脱帽する。

冷静に事象を整理することができる才能。

素晴らしい。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪分析思考の人は、“整理するための問い”を持っている。とかく勢いや雰囲気に流れがちな事柄も、ひとり冷静になって問いを立てて整理していく人だ。荒波の中でも冷静さを保ち、状況を整理して進むべき航路を見出すことができる。なんとも頼もしい存在だ。‬」

 

仕事をしていて、同じメンバーで過ごす時間が長くなってくると、なんとなく生まれてくる空気がある。

相手の考えていることが想定できるようになり、余計な気を使わなくてよくなり、チームとしての判断も早くなる。

それは効率的に仕事を進めていくことにもつながるけれど、“空気で判断する”ことが増えることでもある。

この“空気”に飲まれないのが、分析思考才能のいいところだ。

空気では判断しない。

確認すべきところは確認し、ちゃんと整理して判断していく。

頼りになるね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪お菓子を購入した。箱に「日頃の感謝を込めて2本分増量中!」とある。うん? なぜ“2本“増量ではなくて“2本分”増量なんだ?なぜ?その意味は?私の中の分析思考が小さくこだわりをみせる。まいっか、今日のところは手放そう。手放すこともコントロールだ。‬」

 

ちっちゃなことなんだけどね。

誰でもこだわりたくなるときがある。

そんなとき、気分に任せて「気になってしょうがない!」となるよりも、

「あぁ、私の中にある◯◯才能がこだわりをみせているなぁ」と思えると、感情は穏やかなままで、自分のこだわりを俯瞰して見ることができる。

俯瞰して見れれば、手放すこともできるようになる。

感情的になって右往左往するよりも、穏やかなままで自分を上手に扱えるほうが、よいことが多そうだ。

手放すこともコントロール。

そんな才能の活かし方も、ありだよね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪なぜそうなる? 理由は? 根拠は? あまたある事象を日々整理しながら自分のなかに落とし込んでいく分析思考という才能。では、すぐに納得できないとき、整理がつかないとき、分析思考持ちのあなたはどうする?心がざわついた瞬間って才能磨きのチャンスだ。‬」

 

無意識に繰り返す思考、行動、感情のパターン。

それが才能の正体だ。

分析思考という資質は、日々頭の中で整理を繰り返している。

だから、放っておいても才能は磨かれて、あなたの中の分析力、思考体力は力をつけていく。

一方で、あなたの周囲には、分析思考が上位にはない人間があちこち存在している。

その関係性の中には曖昧なことも多く、あなたにとって納得できないことや、思わずイライラしてしまうような、テキトーなことが多数発生してくることになる。

さて、そんなときにどうするか?

あなたの分析思考がイラつく、ざわつく、拒否反応を示しそうになるとき。

そんなときに、あなたはどうする?

ここでの選択は、あなたが、あなたという枠の外に踏み出すかどうかの選択でもある。

 

自分の才能がざわついたとき、

そこには、あなたの枠の外側にある世界との接点があるかもしれない。

あなたとは異なる才能に出会っている瞬間かもしれない。

 

一歩、自分の枠の外に踏み出す選択をしてみる。

ここは、自分が意識しないと磨けない領域だ。

才能を磨いて強みにする。

チャレンジしてみよう。

 

Unlock the Potential.

1 2 3 4