toggle
内省(Intellection)

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

「考える」を考える

ストレングスファインダーの資質「内省」が6番目と上位にある。

だから「考える」ことはしょっちゅうだ。

いや、もっと正確に言えば、「考える」がない時がない。

我ながらよく考えるものだと思う。

一体何をそんなに「考え」ているのだろう。

仕事をしているときの「考える」は生産的なものが多い。

判断する、方向付けする、準備をする、相手の本旨を理解する、そんなことのために「考え」ている。

だから考えた先に何かがある。

しかし、仕事を離れると、どうも生産的でないことも多い。

咀嚼する、深める、出口を探す、反省する…。

ときには、思いっきり落ち込みたくて考えていたり、悔しさを忘れたくなくて考えていたり、できない自分が許せなくて考えていたり、なんてこともある。

「考える」ってなんだ?

いいものなのか?

必要なのか?

よくわからない。

こんなにいっつも考えているにもかかわらず、わからない。

…。

そんなもんか。

ただ言えることは、

ずっと考えて今まで生きてきて、いまの自分があり、いま立っている自分の土台がある。

これは言える。

あと、これだけ考えて生きてきた自分の土台。そこには、よく耕された良質な土がしっかり詰まっている、と思う。

これからも、ずっと「考える」自分がいる。

それは変わらないな。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(内省):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内省

内省さんと雑談してた。

そのとき、たまたま「極めるってどういうことなんだろうね」って話になった。

 

最上志向さんなら “最高地点に到達する” なのかもしれないな。

目標志向さんなら “自分の立てた高い目標をクリアする”なのかもしれないな。

内省さんにとってはどうなんだろう?

 

ぼくが話していた内省さんにとっての “極める” とは、

「物事の本質をクリアに理解できたとき」

なんだって。

 

なるほど、それも “極める” のひとつの形なんだね。

 

言葉ひとつとっても、人によって捉え方が違うもんだなぁ。

だからストレングスファインダーは役に立つんだね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(内省)<資質を磨くシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内省

内省さんが困ってた。

どうやら目標志向さんについていけないみたい。

 

内「職場で来年の目標の話になったんですよ…。」

内「そしたら目標志向さんが生き生きと話を始めたんです。」

内「目標なければ成功なんてないよねって言われて、手に入れるべき目標から逆算してやるべきことを決めて実行すればいいんだよって言うんです。」

内「でも、目標って言われても、いろいろあると思うんですよ。」

内「遠く先のことを目標にすることもあるだろうし、来年の目標が先々に役立つものになるかどうかも考える必要あるだろうし…。」

内「目標って言っても、目的があっての目標なんじゃないかと思うと、じゃあ目的はどうする?とか考えますよね、普通。」

内「目標志向さんはそういうことを短時間でぱぱぱっと考えて決断しているんだなぁと思うと、ただただ凄いなと思ってしまうんです。」

内「私はそこまで速く決断できないな。あ、でもいつまでも考えていてもね、とは思うんですけど、でも安易な決断をしても人生って後戻りできるものではないじゃないですか…。」

 

いやぁ、素晴らしい。よく考えてますねぇ。

少なくとも、目標志向さんはそこまで考えてから決断なんてしてないと思います(笑)。

 

内省さん、その深い思考を今日みたいに言語化してみてはいかがでしょう?

深さに共感してくれる人、感嘆の声を上げてくれる人、「そこまで考えなくてもいいよ、一緒にスタートしよう」なんて背中を押してくれる人…。

きっとあなたの周りにいろんなタイプの人がいることに気が付くことと思います。

相手の反応をみながら自分を振り返ってみてください。

そこに新たな思考のネタが待って…いやいや、そこに資質の活かし方のヒントが現れてくると思います。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(達成欲と内省)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「達成欲と内省」

週末の仕事帰り、同僚の達成欲さんと内省さんが一緒に歩いてた。

この二人、なかなか対照的で面白い。

 

内「今日も達成欲さん、アクティブに活動していたね。」

達「うん。じっとしているのがもったいなくって。やっぱりいろいろと用事が片付いていくのは気持ちが良いもんだよ。」

達「でも、内省さんはよく何もしないでじっとしているよね。時間がもったいないとか思わないの?」

内「う〜ん。じっとしているけれど、とってもアクティブなんだよね。」

達「えっ???? じっとしているのにアクティブって何それ!」

内「いやぁ。身体はじっとしているけれど、頭の中はとっても活動しているってことだよ。」

達「へ?」

内「ちゃんと考えたいんだよ。身体は最後の締めの一手で動く、なんてときもあるよ。」

達「うわぁ、さっぱりわかんない…。」

 

理解できなくてもいいんです。

認め合えればそれでいい。

 

理解できない相手の資質を檻に閉じ込めてしまうのではなくて、

それを認めて自由に活躍させてあげること。

 

きっと相手の資質が自分の枠ってものを超えさせてくれますよ。

そこに新たな展開が現れてきたら、とってもおもしろいことだと思いませんか。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3