toggle
戦略的思考力資質群

資質の魅力「分析思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 分析思考 ー

「‪なぜそうなる? 理由は? 根拠は? あまたある事象を日々整理しながら自分のなかに落とし込んでいく分析思考という才能。では、すぐに納得できないとき、整理がつかないとき、分析思考持ちのあなたはどうする?心がざわついた瞬間って才能磨きのチャンスだ。‬」

 

無意識に繰り返す思考、行動、感情のパターン。

それが才能の正体だ。

分析思考という資質は、日々頭の中で整理を繰り返している。

だから、放っておいても才能は磨かれて、あなたの中の分析力、思考体力は力をつけていく。

一方で、あなたの周囲には、分析思考が上位にはない人間があちこち存在している。

その関係性の中には曖昧なことも多く、あなたにとって納得できないことや、思わずイライラしてしまうような、テキトーなことが多数発生してくることになる。

さて、そんなときにどうするか?

あなたの分析思考がイラつく、ざわつく、拒否反応を示しそうになるとき。

そんなときに、あなたはどうする?

ここでの選択は、あなたが、あなたという枠の外に踏み出すかどうかの選択でもある。

 

自分の才能がざわついたとき、

そこには、あなたの枠の外側にある世界との接点があるかもしれない。

あなたとは異なる才能に出会っている瞬間かもしれない。

 

一歩、自分の枠の外に踏み出す選択をしてみる。

ここは、自分が意識しないと磨けない領域だ。

才能を磨いて強みにする。

チャレンジしてみよう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「着想」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 着想 ー

「着想という資質を持っているなら、自分のためにも使ってみよう。私はどんな服を着たら楽しい?どこに行ったらわくわくが溢れる?何をしたら笑顔になる?あなたを、あなたのアイデアで、あなたらしく輝かせることをしたら、幸福とも友達になれそうだね。」

 

着想の人の感覚って、ほんとに豊かだ。

私は比較的分析思考が高め(10番)ということもあって、発想して拡散するよりも、整理してまとめていくことに強みがある。

だから、特に着想さんの発想の豊かさにはよく気がつくし、ちょっとうらやましく感じることもある。

そんな着想さんが、その豊かな発想力でもって自分自身を輝かせていったら、素敵なことになりそうだぞ、と思う。

自分を楽しませ、自分を輝かせて、周りの人を魅了する存在になる。

そしたら、もちろん幸福だって、放ってはおかないよ。

ちょっと楽しいと思うんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「学習欲」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 学習欲 ー

「なぜ多くの人が桜の木の下に集うのだろう? なぜ元号は存在するのだろう?なぜ年度の始まりは4月なのだろう? ちょっとしたwhyが、学びのきっかけとなる。小さいことで構わない。あなた自身の見つけたwhyを学び深めることが、あなたを豊かにする秘訣だ。」

 

自分自身が豊かであり、生き生きとしていて、楽しげであること。

そんな、自分自身を良好な状態に保っておくことは、とても大切なことだ。

自分の中に浮かんだwhyを楽しみながら追いかけること。

役に立つとか、成果につながるとかはひとまず置いておいて、自分を豊かにするために、自分のwhyを追いかけてみること。

そうやって、自分を楽しませ、輝かせておくこと。

とても大切なことだよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「内省」 〜ストレングスファインダー〜

ー 内省 ー

「あなたが人魚姫のようなステキな尾ひれを持っていても、空飛ぶ鳥を眺めて「飛べない、飛べない!」ともがいていては苦しいだけだ。空飛ぶ鳥は、海の中に広がる素敵な世界のことを知らない。大きく広く、豊かな海は、あなたの才能を待っている。」

 

鳥が飛んでいる姿は目につきやすい。

一方で、海の中を泳ぐ人魚はなかなか見えない。

目に見えるもの、分かりやすいものに視線が集まりやすい世の中なのかもしれない。

でも、なかなか見えないもの、少し分かりにくいものにこと価値があることだってたくさんあるはずだ。

みんなで飛ぶ鳥を目指さなくたっていい。

泳ぐこと、その才能は飛ぶことに負けず劣らずに素晴らしい。

自分の才能に気づいていこう。

いつだって、あなたの才能は価値を生み出している。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「内省」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 内省 ー

「内省の人は一人脳内会議が得意だけれど、同じところでぐるぐる回ってしまうことがある。まるで閉め切った、こもった空気の部屋の中を歩き回っているようだ。そう、そんなときは外の風を取り込もう。他人との会話が新鮮な空気となって新しい視点を運んでくれる。」

 

私は自分の内省という資質が好きだ。

内省があるおかげで、物事を深く捉え、意味を探っていくことができる。

この探求の時間はわたしにはなくてはならないものだと思う。

 

ただ、万能ではない。

 

同じところをぐるぐるとまわってしまうこともよくある。

 

そんなときは、もっともっと一人の時間をとって深掘りをしていきたくなるけれど、
敢えて他人との会話の時間を持つことが大事だったりする。

 

自分の中に、新鮮な空気を送り込むこと。

 

これって、ほんと大事だと思う。

 

心地よい風ばかりではないけれど、それがわたしを強くしてくれる。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 17