toggle
影響力資質群

資質の魅力-catchy phrase-(資質をちょっとコミカルに):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

たまにはコミカルにいってみよう!

 

カチカチカチ…カチカチカチ…。

 

リモコンボタンを押す音が聞こえてくる。

 

活:「暑い! 温度下がんないの、なんで!」

活発性さんの第一声。

 

そんな声と音に、最初に反応したのはコミュニケーションさん。

 

コミュ:「あぁ、これ、さっき背の高い男性がエアコンの作業をしてましたよ」

コミュ:「あの、よく困った時とか、季節の変わり目に登場するあの背の高い人」

コミュ:「いっつも紫のつなぎを着ているんだけど、あのつなぎを売っている店が渋谷にあるんですよ」

コミュ:「それでね…」

 

活:「それで結局温度は下がるの?下がらないの? どっち!」

 

おやおや、かえって活発性さんの温度を上げてしまったみたい。

お、部屋の片隅には、受話器を片手に共感性さんがいましたよ。

 

共:「あ、はい…。あぁ、そうなんですねぇ。うーん、分かりました」

 

活:「共感性さん、電話してくれたの? さすが感がいいね! それで?」

 

共:「今日は同じような問い合わせや苦情が管理室に数多くきているそうです…」

 

活:「それで?」

 

共:「今日は一日電話対応で仕事にならないって…。大変そうでした」

 

活:「え? それで下がるの下がらないの? どっちなの?」

 

共:「なんだか大変そうで聞けませんでした。」

 

活:「えーっ!」

 

あらら…。

それじゃ、この方は打開できるかな? 収集心さん。

 

収:「湿度が高くても、温度が一定以上上がらないと、エアコン設定が動かせない仕組みなんですよ。いつもだと1階のカフェだけは温度を自由に設定できるんですけれどもね」

 

活:「それ、早く言ってよ。 じゃぁ1階のカフェで打ち合わせやるよ!」

 

収:「いや、今日はダメです」

 

活:「なんで!」

 

収:「今日は全館一斉メンテナンスですよ。先日通知が来てたじゃないですか」

 

活:「ぐぅ…」

 

コミュ:「あ、活発性さん、『ぐぅの音』がまだ出るくらいだから、まだこの暑さにも余裕じゃないっすか?」

 

活:「う、うるさい!」

 

こんな日常が繰り広げられていても、なんだかんだで仲がいい。

そんな職場で働けるのも、それはそれで心地良いものですね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(最上志向、収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

最上志向、収集心

最上志向さんと収集心さんが話をしているよ。

 

最「ブログってさぁ、情報密度が薄いものに出会うと頭にくるよね」

収「そ、そうだね…」

最「やっぱりさぁ、読む人はそれだけ時間を使っているんだから、それに見合うものは書かなくっちゃねぇ」

収「そ、そうだね…」

最「あ、そういえば、収集心さんのブログ、最近更新が滞っているんじゃない? どしたの?」

収「あ、いやぁ、もうちょっとちゃんと調べてから書こうかと思って…」

最「そっか。収集心さんのブログは情報が豊富で楽しみにしているんだ。頑張って更新してね!」

収「う、うん」

 

収集心さん、大丈夫だよ。

思い切って今の持ちネタで投稿しよう。

収集心さんが持っている情報ならば、自然と密度は濃くなっているはずだから。

 

ま、最上志向さんがいるからこそ、収集心さんのスキルも引っ張り上げられているのだろうけれどもね。

相手の資質に感謝しつつ、自分の資質で勝負しよう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(活発性、共感性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

活発性、共感性

活発性さん、共感性さん、私でお昼を食べにいくことにした。

共感性さんが声をかけてくれたんだ。

 

「少し疲れた顔しているよ、なんか食べに行こう。何がいい?」

そうだね、久しぶりに中華でも食べに行こうかな。

 

中華料理屋さんに入ったけれど、人気店で忙しそう…。

 

1…

2…

3…

4…

 

『となりのそば屋に行くよ!』

 

はーい。

 

活発性さん、私たち4秒も待たされちゃったね。

 

でも、おそばも美味しかったよ。

仲間と食べる食事って美味しいね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(最上志向、収集心):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

最上志向、収集心

 

部屋の扇風機が急に動かなくなってしまったよ。

ボタンを押しても、コンセントをつなぎ直しても一向に反応しない…。

 

この状況に最上志向さんが怒ってる。

 

最「だから型落ちのものは良くないんだよ」

最「もっとグレードの上のものを買っておけばよかったのに…」

最「よし、今度は羽のないやつにしよう」

最「羽がないと安全だし、風力もきっと安定するだろうし、インテリアとしても美しいもんね♪」

最「お、さすが収集心さん、早速調べてくれているんだね!」

 

スマホをいじっていた収集心さん。何やら嬉しそうにしゃべりだしたよ。

 

収『あ〜、2013年製のこの製品は故障が多いって結構記事が上がっているよ』

収『うん、使用して3年くらいで壊れているって記事が多いよ、うちのと一緒だね♪』

 

最「え…だから?」

 

収『お、◯◯社製は他の製品も故障が多いらしいよ♪♪』

収『あ〜、無理に小型化を図ってきたからなんだね〜。知ってた?』

 

最「私の知りたいことはそこじゃない!!」

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(自己確信):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自己確信

自己確信さんが相談にきた。

「自己確信資質って、心の中に羅針盤があると聞くのですが、私には今ひとつピンときません。それってどういう意味ですか?」

 

ふむ、そうですね。

 

例えば…

自己確信さんにとって、リスクってどういうものですか?

 

「というと?」

 

う〜ん、

リスクとは“回避するもの”とか、“恐いもの”とか、“スリルを感じるもの”とか…。

 

「リスク…。たしかにそこいらじゅうに存在するものだと思うけれど、回避とか恐いとか、スリルを感じるといった特別な感覚は感じはないですね。」

 

リスクってね。その存在を感じるだけで不安になってしまったり、乗り越えようとして力んでしまったりする人も結構多いんですよ。

 

「そうですか。たしかに不安を感じることもあるかもしれないけれど、進む先にあれば乗り越えるだけだからなぁ」

 

リスクに気がついても進路は変えないんですか?

 

「リスクがあっても、それで失敗するかどうかは別の話だと思うんですよ。だからいちいち避けていたらキリがないんじゃないですか?」

 

進路…どうやって決めているんですか?

 

「それは自分の直感ですよ。自分を信じなければ進めるものも進めなくなってしまうでしょ」

 

自分の直感を信じてリスクがあっても進んでいける。それこそが特別な才能なんですよ。

 

「え? じゃぁみんなは違うの?」

 

違うんですよ。

あなたが直感で感じることができるその進路。それこそが羅針盤と呼ばれるものなのです。

 

「みんな、ないんだ…」

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 14