toggle
影響力資質群

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「『今ここで満足したら、私らしくないと思います』って笑顔で言えたとき、あなたの中の最上志向は輝きだす。その笑顔に周りは魅了され、あなたとともに動き出す。あなたはあなたの最上志向を輝かせているか?力んでダメ出しするのではなく、愛でろ。 」

 

最上志向資質を上位に持っている人が、ときどき苦しそうにしている姿に出会う。

「このままじゃ、下がっていってしまう…」という声が聞こえてきそうな感じ。

まるで下りのエスカレーターに立っているかのようだ。

 

そうやって自分に鞭打ってここまでやってきたって人もいるだろう。

ただ、自分を高みへと連れていくことと、辛いこととは別だ。

楽しみながら昇っていっても、別にかまわない。

 

どっちにしろ高みを目指すなら、笑顔でそこに向かってみるといい。

笑顔には、他人を人を魅了し、他人が応援したくなる魔力がある。

難しければ、10回に1回だけの笑顔から目指してみよう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「指令性」 〜ストレングスファインダー〜

ー 指令性 ー

「もし、“すべきこと”が心地よくないことであっても、対立を生むことであっても、それで気分を害する人がいるとしても、指令性のあなたは“すべきこと”を主張する。だから、あなたがリーダーシップを務めるチームは『正直さ』で勝負する。」

 

正直であること。

なかなか難しいことだと思う。

 

正直に過ごしていると、他者からイマイチな評価をされることも多い。

 

空気を読もうとすればするほど、正直さからは遠ざかってしまったりもする。

人の輪の中で生きていくことって、なかなかややこしい。

 

そんな世の中であっても、指令性の人は正直さを失わない強さがある。

それって、素晴らしいことだと思う。

互いの「正直」を受け止めあえるような、そんな世の中って豊かなんじゃないかと思うんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「活発性」〜 ストレングスファインダー〜

ー 活発性 ー

「『この前言っていたあれ、今はどんな感じ?』『ん? なんだっけ? あぁ、あのときのね、もうとっくにやめたよ。』『え!あんなに熱が入ってたのに???』『そんなに熱くなってたっけ?』『…』
活発性さんの展開は早い。どんどん動く。そして次を掴んでいく。」

 

活発性さんの展開の早さはすごい。

私はどちらかというと、いつもその早さに振り回されてしまうほうだ。

ストレングスファインダーを知って、活発性という特性を知ることで、これがその人の才能なんだと気がつくことができた。

才能と知ってからは、振り回されることが減ったかな。

ときどき今でも振り回されるけれど、相手の早さにたいして、素直に「活発性さんの展開の早さはすごいなぁ」と尊敬できるようになっている。

「おぉ、また振り回されてしまったぜぃ」なんて笑いながら思っている。

振り回されているうちに、私1人では見ることのなかった景色に出逢えたりするんだな。

だから、振り回されてみるもの楽しいものだ。

まさに、影響力の才能だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 競争性 ー

「競争性の人が、『勝てないところでは勝負しないよ。だって負けるのは悔しいからね』と言っていた。自分が勝てるところはどこか、ポジションを確立できるところはどこか。その嗅覚を磨くことで、自分の勝負すべき場所を見つけることができる。まさに才能。」

 

勝てないところで勝負はしないって初めて聞いたとき、なんかズルいことのように聞こえた。

勝ちとか、負けとか、それは結果であって、勝負すべきときは勝負に出るべきではないのか?

きっと、それも一つの考え方なのだろう。

そこに正解や不正解はない。

自分はどこで勝負に出ていくのか。

それは、自分で決めればいい。

私としては、決着したあとに互いに握手し合えるような、そんな勝負が好きだな。

これも一つの価値観、考え方、かな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 社交性ー

「親密性持ちの私からは、社交性資質の高い人の才能が際立って見える。初対面でもさりげなく会話を生み出し、心地よい空気を残して次へと移っていく。まるで春の陽気を運ぶその風のようだなと感じるときもある。本人はいたって自然体。これぞ才能。」

 

以前、社交性という資質にはとても憧れを抱いていた。

軽々と心の垣根を越えていくこの才能は一体なんだ? って思っていた。

さすがにストレングスコーチとなってからは、憧れて指を加えるようなことはなくなったけれど、

今でも素敵な才能だなって思っている。

 

コミュニティを自分で選んでいける時代。

楽しいコミュニティを見つけてそこに加わり、様々なバックボーンを持った人たちと豊かな関係を簡単に築いていける時代になっている。

 

ここに社交性を生かさない手はない。

 

社交性持ちの人たち。
活躍の場があちらにも、こちらにも用意されているよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 16