toggle
影響力資質群

資質の魅力-catchy phrase-(回復志向、自己確信、ポジティブ):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606221

「回復志向、自己確信、ポジティブ」

同じ部署に回復志向さん、自己確信さん、ポジティブさんがいましたよ。

3人とも口ぐせで「大丈夫」と言うのだけれども、どうもその意味するところが違っているみたい。

回復志向さんの「大丈夫」には、『私が解決策を見つけたから』とか、『私がなんとかするから』といった意味が含まれているようだし、

自己確信さんの「大丈夫」には、『私が大丈夫だと信じているから』といった意味があるようだね。

そしてポジティブさんの「大丈夫」には、『とくに根拠はないんだけれど、せっかくやるなら大丈夫って思ってやろうよ。きっとなんとかなるって』なんて意味が含まれている。

 

後で

「大丈夫って言ったじゃない!」

なんて喧嘩にならないためにも、資質の理解は深めておきましょう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(活発性と戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606171

「活発性と戦略性」

 

同じ部署に活発性さんと戦略性さんがいたよ。

 

活「よし、じゃぁこれでいこう!」

戦「ちょっとまって、これって最終的にどこに落ち着く話?」

活「うん? 知らないよ。」

戦「いやいや、知らないって、やみくもに走ったってしょうがないでしょ。」

活「そんなこと言ったって、じっとして何もしないよりよっぽどいいでしょ!」

戦「もうちょっと考えてよ! このまま行ったって失敗は目に見えてるよ!」

活「そう思うならどうすればいいかさっさと言って!!」

 

あらあら、これはまた激しい戦いになってしまいましたね。

でもね、この2人、その後ストレングスファインダーを受けて、お互いの資質を理解し合ったんですよ。

そしたらね…

 

活「よし、じゃぁこれで行こう!」

戦「お、きたね! 了解!」「でもね、ちょっと私に考えがあるんだ。」

活「きた、戦略男! 今度は何を考えた?」

戦「このまま行くにはね、となりの部長に先に話しておかないとまずいと思うんだよ。」

活「ふ〜ん、ほかには?」

戦「先に部署内でプレゼンの場を持って、そこにとなりの部長も呼んで聞かせるんだよ。そこで納得してもらえれば、あとばバンバン走れるよ。」

活「さすが戦略男。するどいねぇ。」

戦「そこのポイントだけ押さえたら、あとは活発全開で頼むよ。」

活「いいね、じゃぁやるよ!」

 

自分の活かしている資質が5つ

相手の活かしている資質が5つ

あわせて使えば資質は10になる。

同じ資質があるならば

その資質は2倍以上の威力になる。

 

そんなふうに考えてみたら、

活かさなくっちゃ損だよね、

自分の資質も相手の資質も。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(責任感・競争性・自我・):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606111

「責任感・競争性・自我」

会社で資格取得に向けた新規研修プログラムがあったんだ。
そこに参加した3人がとてもモチベーション高くって、
3人ともに好成績で研修を終えてきた。

なんでそんなにモチベーションが高かったのか聞いてみたよ。

責任感さんは信頼している上司から、「あなたにこれをぜひ頼みたい。そして部署へ還元してほしい」と言われたんだって。

競争性さんは、自分が新規プログラムの1期生に選ばれたことが嬉しかったんだって。

自我さんは、研修に行く前日に職場で研修のことが紹介され、名前を呼ばれてみんなに拍手してもらったことが何より嬉しかったんだって。

人それぞれ、資質それぞれにモチベーションのスイッチは異なるものですね。
あなたはどんなところにスイッチがありますか?
そしてあなたの隣の人はどんなところにスイッチがありますか?

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(社交性・未来志向・学習欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606081

「社交性・未来志向・学習欲」

セミナー帰りの友人3人。
なにやらとてもいいセミナーだったみたい。
3人で感想を言い合っている。

社「今日のセミナーは、終了後に演者や参加者との交流タイムがあったのが特に良かったね。」
社「演者とも直接話せたし、同じ興味を持っている人ともたくさん話ができてお得だったな。」

未「今日のセミナーは、何と言ってもビジョンが良かったよ。」
未「これから先にあんな世界が待っているんだぁって、わくわくしたよ。」
未「やっぱり人を動かすにはビジョンが一番大切だと思うんだよね。」

学「今日のセミナーの演者は、ちゃんと根拠に基づいてしゃべっていたね。」
学「いろんな参考文献が途中で紹介されていて、自分が読んだことのない本の中身まで知ることができたよ。」
学「一度のセミナーでたくさんの気付きがあって、お得だったよなぁ。」
学「資料の最後にも参考文献がいろいろ載っていて、早速読んでみたくなったよ。」

同じセミナーに参加しても、
持って帰るものはそれぞれ違うもの。
だからこそ、自分自身で直接体感できたセミナーは印象が強く残るのでしょうね。

あなたの関心のアンテナはどこにある?
となりの人の関心のアンテナはどこにある?

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(コミュニケーション):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606072

「コミュニケーション」

コミュニケーションさんがやってきた。
にこにこしながらやってきた。

「いいことに気が付いたんですよ」

お、それは楽しみ、どんなこと?

「2つあるんですけれどもね。」
「私のコミュニケーション資質って、周りの人をいろんな世界に連れていけるんだって気が付いたんですよ。」

お、それは面白い気付きだね。

「激流をずぅわーっと下ることもできるし、飛行機に乗っけて空をびゅんっと駆け抜けることもできる。」
「ほわほわっと暖かな気持ちにさせることもできるし、ずずーんっと気分を沈ませることもできる。」
「これって、まるで飛行船か何かにみんなが乗っかっていて、その操縦を私が自在にしているようだなって気が付いたんです。」
「これってすごくないですか?」

そりゃもう、それこそコミュニケーション資質の素晴らしいところだよ。

「でね、もう1つ気が付いたんです。」

ほう?

「ときどき、全く話に乗ってこない、反応の悪い人がいるんですよ。」
「なんだかくやしいから、いろいろと話してみるんですけれどもね、どうも反応が悪い。」
「もともとそういう人なのかと思ったら、友人に聞くとどうもそうでもないらしいんです。」

なるほど、それで?

「そこで気が付いたんですよ。」
「そういう人って、なんだか最初に飛行船に乗り遅れちゃったみたいな顔しているなって。」
「だから、最初にちゃんと飛行船に乗せてあげるようにしたんです。」
「導入部分を工夫して、みんなが乗りやすいような雰囲気を演出して。」

なるほど。

「そしたら、なんだか聴き手の全員からとっても評判が良かったんですよ!」

「始めに飛行船に乗せるって大切なんですねぇ。」

コミュニケーション資質の方の、その表現力はうらやましいといつも思います。
ほんとうに、聴き手をどこにでも連れていってくれる資質です。
特にコミュニケーション資質の方が楽しそうに話してくれると、場の雰囲気の居心地も最高になりますね。
だからこそ、始めに飛行船に乗せるまでは繊細な気配りをしてほしい。
乗ってしまえば、あとは資質のアクセルを全開にすればいいだけだから。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16