toggle
自我(Significance)

資質の魅力「自我」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自我 ー

「‪自我という才能はユニークだ。本人が自我という才能の存在を知り、ちょっと客観視できるようになり、『私の中の自我才能が認められたいって言っているから、ここ頑張ります!』なんて笑顔で言えるようになったら、愛されキャラのポジション獲得だぞ。‬」

オリジナルのポジションを獲得したい。

チーム内の大切な存在でありたい。

自我という才能は、とても素直な欲求を持っている。

遠慮がちな人が多いチームだったりすると、その素直さが際立ってしまうことがある。

そのままで上手くいくチームもあるけれど、自分が際立ってしまうときには、愛されキャラのポジションに着任してしまうこともありだろう。

自分の中にある自我という才能。

そこに囚われてしまうのではなく、ちょっと客観視しながら、才能と付き合ってみる。

それができたら、才能をより良い方向へ向けて加速していくことができる。

愛されキャラ、いいと思うな。

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「自我」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自我 ー

「‪ぐっと前に出る。前に出れば批判を受けることもある。凹む。でも、また前に出る。前に出るからこそ、人の目に留まり、認識され、賞賛を手にしていくことができるんだ。『重要な存在でありたい。』 自我資質の持つそのシンプルな動機には、芯の強さがある。‬」

 

ついつい遠慮して下がってしまう人がいる。

批判を受けて、凹んだままの自分を永く引きずってしまう人がいる。

自我資質の人だって遠慮したくなるときもあれば、思いっきり凹むこともあるけれど、でも、自分の内にあるシンプルな動機がもう一度自分を立たせてくれる。

 

前に出る。

 

だからこそ、経験を積み、それを次へと活かしていくことができる。

凹んでも立ち上がり、自分を磨き続けることで、取り換えの効かない重要な存在になっていく。

才能って可能性を秘めている。

それを活かすのは、あなただ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「自我」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 自我 ー

「誰かが評価してくれるのを待ちながら、時間ばかりが過ぎていく。そんな人も多い中で、みずから評価を取りにいく、賞賛を獲得しにいく姿を見せてくれるのが自我資質の人だ。でっかい目標を掲げてぐっと前に出る。そんな自我の姿はかっこいいぞ。」

 

私はこれだけ頑張っている。
そんな気持ちを持ちながら、ついつい他人からの評価を待ってしまう。

そういう人は多くいる。

別に他人の評価に依存するほどではないにしても、やっぱり褒められたり、感謝されたりすれば嬉しいから、そのタイミングを待ってしまうことはよくあることだ。

自我資質のある人は、ここで「待つ」ということが少ない人だ。

自分が頑張った、成果を出した、だから褒めて欲しいし、認めてほしい。

それが素直に出せる人だ。

個人の時代と言われ、空気を読む時代ではなくなってきたと言われる昨今。

自分がどうしてほしいかを表に出せる自我という資質は、これからますます活躍できる才能なんじゃないかって思う。

あまりちっちゃなことで褒めて褒めてを繰り返すと、周囲が褒め疲れを起こしてしまうから、自我さんはでっかいことにチャレンジしてほしい。

自我ならできる。でっかいことが。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「自我」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 自我 ー

「活躍する人、活躍をうらやむ人、活躍を応援する人、活躍を支える人、活躍を引き出す人。いろいろあるけれど、来年のあなたはどこに軸を置くのかな?自我さんだったら“活躍が注目される人”かもね。ブレない軸で自分を磨けば、そこがあなたの強みになる。」

 

自分が重要な存在でいられること。

そこにモチベーションの源泉がある自我という資質。

これってね、素晴らしいことだと思うんですよ。

引っ込んだまま、誰かがやってくれるのを待つ人も多くいる中で、

自分が前に出てものごとを動かしていくことができる。

せっかくだから、何かでっかいものを動かしていってほしいな。

ちょうど年も変わるこの時期だし、

自我持ちさん、来年の目標をちょっとでっかく立ててみる、なんてどう?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「自我」〜 ストレングスファインダー 〜

ー自我ー

「『あなたがいるから楽しくなったね』『あなたのおかげで成功したよ』、こんなことを言われる存在でいたいよね、自我さん。その欲求パワーをチャレンジのエネルギーに転化して、自分のレベルを一段上げていこう。スポットライトは輝く人にこそ当たる。」

 

自我という資質を上位に持つことに抵抗を感じる人もいる。
自分が極度な目立ちたがり屋なんじゃないかと、そのことが恥ずかしいんじゃないかと感じるらしい。

でもね、人前に出るとあがってしまって、頭真っ白でいつも残念な結果になってしまう、なんて人からすると、その堂々たる姿は羨ましい限りなんだな。

 

自分に備わった才能を生かしていこう。

恥ずかしがっているともったいないよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3