toggle
自己確信(Self-assurance)

資質の魅力「自己確信」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自己確信 ー

「‪意志が強く、思うところにブレがなく、自分で判断して進んでいく。これは自己確信の強みの姿そのものだ。個が際立つ今の時代に、この魅力に惹きつけられる人は多い。あなたに自己確信があるならば、磨くべきはその判断軸だ。常に判断軸をアップデートせよ。」

 

自己確信資質を上位に持つ人は、強い。

その強さは、とても素晴らしい魅力だと思っている。

だからこそ、その魅力を磨いてみてほしい。

磨くところは、その判断軸だ。

あなたの判断、あなたの目指す先に、付いてくる人はいるだろうか?

どのくらいの人があなたに魅了されているだろう?

判断軸を磨いて、あなたに付いてきてくれる仲間を見つけて、大きなことを成し遂げていく。

そんなことができたら、かっこいいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「自己確信」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自己確信 ー

「リスクを恐れず、自分の信ずる道を進んでいく。多くの人が、もっと準備してからにしよう、もうちょっと力がついてからにしよう、今はまだタイミングじゃない、といって動かない中にあって、ぐっと進んでいく。自分を信じることができる。それが強みだ。 」

 

自己確信資質のキーワードの一つは、「自信」。

自分を信じることができる。自分の心のうちにある声を信じて進んでいくことができる。

それを、空気を読まないと揶揄する人がいるかもしれないが、空気を読んで立ち止まったままキョロキョロしているくらいなら、自分を信じて進んでしまうほうがよほどいい。

ぐっと進んでいく力って素晴らしい。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「自己確信」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 自己確信ー

「自己確信資質を上位に持っている人は、特に自分のことについて、『誰々が言っていたからこうしよう』なんていう意思決定はしない。人の意見を参考にはするが、自分のことを決めるのは自分。そのゆるぎない決定力の強さは潔くて気持ちいい。」

 

“しっかりと自分というものを持っている”

自己確信を上位に持つ人と接していて、いつも感じることだ。

本人にとっては、べつにたいしたことはない、自然な行為なのだけど、
その影響力は半端ない。

その強さ、私も参考にさせてもらってます。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(自己確信):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自己確信

自己確信さんが相談にきた。

「自己確信資質って、心の中に羅針盤があると聞くのですが、私には今ひとつピンときません。それってどういう意味ですか?」

 

ふむ、そうですね。

 

例えば…

自己確信さんにとって、リスクってどういうものですか?

 

「というと?」

 

う〜ん、

リスクとは“回避するもの”とか、“恐いもの”とか、“スリルを感じるもの”とか…。

 

「リスク…。たしかにそこいらじゅうに存在するものだと思うけれど、回避とか恐いとか、スリルを感じるといった特別な感覚は感じはないですね。」

 

リスクってね。その存在を感じるだけで不安になってしまったり、乗り越えようとして力んでしまったりする人も結構多いんですよ。

 

「そうですか。たしかに不安を感じることもあるかもしれないけれど、進む先にあれば乗り越えるだけだからなぁ」

 

リスクに気がついても進路は変えないんですか?

 

「リスクがあっても、それで失敗するかどうかは別の話だと思うんですよ。だからいちいち避けていたらキリがないんじゃないですか?」

 

進路…どうやって決めているんですか?

 

「それは自分の直感ですよ。自分を信じなければ進めるものも進めなくなってしまうでしょ」

 

自分の直感を信じてリスクがあっても進んでいける。それこそが特別な才能なんですよ。

 

「え? じゃぁみんなは違うの?」

 

違うんですよ。

あなたが直感で感じることができるその進路。それこそが羅針盤と呼ばれるものなのです。

 

「みんな、ないんだ…」

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(自己確信と調和性)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自己確信と調和性」

 

週末の仕事帰り、同僚の自己確信さんと調和性さんが一緒に歩いてた。

 

自「調和性さんの資質ってさ、合意点を探して場をまとめるんだよね?」

自「ということはさ、俺の自己確信資質って、結構迷惑かけているんじゃない?」

 

調「ははは。そうとも言うね。」

調「確かに、自己確信さんの主張と他の人の考えをどうまとめるか苦労することもあるよ。」

 

自「やっぱりそうか。でも俺の判断は筋が通っているんだけどな。」

 

調「だね。だからさ、自己確信さんがスパッと発言したときに場の雰囲気がピリッとまとまるときもあって、そのときは素直にすげーなって思うんだ。」

調「一瞬で場をまとめる強さっていうのには憧れもあるよ。」

 

自「そっか、それは嬉しいね。」

 

調「ま、自分の資質で上手くいくときもあれば、いかないときもある。そのくらい資質とのいい距離感を持っていられればいいんじゃないかな。」

 

自「距離感か、確かにそうだな。」

 

お互いの資質(才能)を知ることができると、こんな会話が生まれてくる。

これってとっても居心地がいいものだと思いませんか?

ストレングスファインダーを上手く活用できると、こんな居心地のよいチームができあがる。

 

試してみる価値、あります。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2