toggle
競争性(Competition)

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(競争性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607071

「競争性」

会社の入口付近にきれいなポスターとチラシが置いてあった。

会社が力を入れて開催する今度のシンポジウムの案内だ。

チラシにふと目を留めた競争性さん、

そのまましばらくチラシを眺めていたよ。

 

今回のシンポジウムに競争性さんは関わっていない。

 

でも、チラシの出来は良く、確かに魅力的なプログラムだ。

 

「次回は俺がこれよりいいものを企画する!」

 

ひとこと言って去っていった…。

 

この強さが競争性さんの魅力ですね。
きっと素晴らしい企画を練ってくれると思います。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(競争性、成長促進、戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606241

「競争性、成長促進、戦略性」

同じ部署に競争性さん、成長促進さん、戦略性さんがいましたよ。

3人とも口ぐせで「大丈夫」と言うのだけれども、どうもその意味するところが違っているみたい。

 

競争性さんの「大丈夫」には、『これなら自分が勝てる』とか、『一番が取れそうだ』なんていう心の声がくっついて聞こえてくるし、

成長促進さんの「大丈夫」には、『キミならできるよ』といった意味が込められていて、実はトライするのは成長促進さん自身ではなくて、あなたのほうだったりする。

そして戦略性さんの「大丈夫」には、『このストーリーなら、落としどころまでたどり着けるね』なんていう見切った感が乗っかっている。

 

後で
「大丈夫ってそういうことだったの?」
なんてびっくりしないためにも、資質の理解は深めておきましょう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(責任感・競争性・自我・):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606111

「責任感・競争性・自我」

会社で資格取得に向けた新規研修プログラムがあったんだ。
そこに参加した3人がとてもモチベーション高くって、
3人ともに好成績で研修を終えてきた。

なんでそんなにモチベーションが高かったのか聞いてみたよ。

責任感さんは信頼している上司から、「あなたにこれをぜひ頼みたい。そして部署へ還元してほしい」と言われたんだって。

競争性さんは、自分が新規プログラムの1期生に選ばれたことが嬉しかったんだって。

自我さんは、研修に行く前日に職場で研修のことが紹介され、名前を呼ばれてみんなに拍手してもらったことが何より嬉しかったんだって。

人それぞれ、資質それぞれにモチベーションのスイッチは異なるものですね。
あなたはどんなところにスイッチがありますか?
そしてあなたの隣の人はどんなところにスイッチがありますか?

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(達成欲・競争性・分析思考):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606071

「達成欲・競争性・分析思考」

達成欲さんさん、競争性さん、分析思考さんで動物園に行ってきたよ。

それぞれ単独行動を終えて、みんなで感想を言い合っている。

 

達「ここの動物園は400種類もの動物がいるんだって。」
達「入口の受付に動物の一覧表があったから、それをチェックしながら見て回ったんだ。」
分「え!この広い園内を全部見たの? バスは?」
達「バスに乗ったらわからなくなっちゃうから歩いたよ。」
達「でもね、まだ全部は見れていないから、このあともう一度園内に戻ろうと思って。」
競「それで、印象に残った動物は?」
達「う〜ん。よく覚えてないかも!」

 

競「俺はこの集合場所に一番に戻ってきたよ。」
達「へ〜、どうやって園内を回ったの?」
競「園内バスを使って、ガイドさんの案内で回るのが一番速いからね、結局それが一番お得でしょ。」
分「そっかぁ。それで印象に残った動物は?」
競「チーター。この園内の動物では誰よりも速く走れるんだって。親近感を覚えるなぁ。」

 

分「この動物園、なんでこんなに来園者数が多いのか気になってさ。」
分「そしたら、やっぱり行動展示を積極的に取り入れているんだってね。」
分「行動展示を上手く活用することで、来園者数が前年比30%増となったそうだよ。」
分「他にもいろいろ工夫していてね。ナイトイベントもやって、これで20%増だって。」
分「売り上げもそれに付随して伸びているから、これなら再投資もやりやすいよね。」
達「それで、印象に残った動物は?」
分「えっと、行動展示で一番効果があったのがシロクマだったんだよ。面白いよねぇ。」

 

同じ時間、同じ空間を共有していても、
それぞれ得るもの、感じるものは異なりますね。
この違いを面白いと思えれば、きっと世の中面白くなってくるんだろうなぁ。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

1 2