toggle
競争性(Competition)

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 競争性 ー

「‪競争性は“攻め”に強さを発揮する才能だ。あなたの競争性はどのくらい攻めのパターンを持っているだろう?自分を奮い立たせる?仲間を巻き込む?交渉力に凄みをきかせる?それとも笑顔で人を魅了する?もう一段上のステージがあなたを待っているぞ。‬」

 

勝ちにいく。

競争性才能を持っているなら、自分の得意な攻めパターンがあるだろう。

今のステージなら、そのパターンだけでも勝負できているかもしれない。

でも、世界は広い。

もっと大きな相手に向かっていく。

勝ちが見通せない相手に向かっていく。

攻めることって、かっこいいんだな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 競争性 ー

「‪結果が張り出される。やってきた結果が明らかになる。自分の力でトップを勝ち取ったことを実感できる最高の瞬間だ。競争性という資質があることで、結果が求められる毎日に刺激を感じ、高いモチベーションを保つことができる。言い訳は必要ない。やるだけだ。‬」

 

私の競争性資質は31番目。下から4番目だ。

だから、特に競争性資質には圧倒的なパワーを感じている。

結果を求めていくその貪欲なエネルギーが、今日もあなたを突き動かしていく。

この才能も素晴らしい。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 競争性 ー

「結果を獲りにいく。その一点を見据える表情はまさに真剣そのものだ。他者と競い合うことで磨かれるこの才能の切れ味は鋭い。勝負することで得られる栄誉や挫折、よろこびや悔しさを経験しながら、人としての器も大きくなっていくんだな。」

 

競争性を上位に持つ人と接するとき、瞳の中にある強さとともに、人としての器の広さを感じることがある。

優しさを伴った包容力という意味での広さではなく、勝負を続けてきた結果として鍛え上げられた、強度と胆力のある器だ。

競争性の人全てから感じるわけではないから、経験を積んだからこそのものかもしれないし、ほかの資質の影響もあるかもしれない。

勝負を続け、経験を積んできだからこその、強度と胆力のある器。

それを感じたとき、思わず尊敬の念を抱いてしまうんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファイダー 〜

ー 競争性 ー

「競争性資質にとって、自分がどれだけ頑張ったか、どれだけ意味ある仕事をしたのかは関係ない。結果として相手に勝ることができたのか、その一点で勝負する。だから常に結果重視。シンプルだからこそ、エネルギーを集中させることができる。勝負だ!」

 

私の競争性資質は31番目。
だから、感覚的にわかる、ということはこれからもずっとないのだろう。

それでも、他者の中に競争性を感じることはできる。

競争性は影響力の資質群に分類されているだけあって、その力は周囲からも見えやすいものだ。

 

勝ちに行く。

 

そのシンプルさゆえに、パワーが集中投下されたときの強さが半端ない。

このシンプルさ、強さに私は魅了される。

才能って素晴らしい。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「競争性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 競争性 ー

「競争性の人が、『勝てないところでは勝負しないよ。だって負けるのは悔しいからね』と言っていた。自分が勝てるところはどこか、ポジションを確立できるところはどこか。その嗅覚を磨くことで、自分の勝負すべき場所を見つけることができる。まさに才能。」

 

勝てないところで勝負はしないって初めて聞いたとき、なんかズルいことのように聞こえた。

勝ちとか、負けとか、それは結果であって、勝負すべきときは勝負に出るべきではないのか?

きっと、それも一つの考え方なのだろう。

そこに正解や不正解はない。

自分はどこで勝負に出ていくのか。

それは、自分で決めればいい。

私としては、決着したあとに互いに握手し合えるような、そんな勝負が好きだな。

これも一つの価値観、考え方、かな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3