toggle
社交性(Woo)

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 社交性 ー

「‪社交性才能を持つ人が悩んでいる。自分には親友が作れないんじゃないか、実は人に冷たいんじゃないかって悩んでいる。どんな才能を持っていても、自分を認めないうちは悩みが尽きないのだろう。悩むのは才能をとことん生かしてみてからっていう選択肢はどうかな?‬」

 

社交性の人が持つ悩みを聞いていると、私にはその悩みがないなと思う。

逆に、親密性持ちの私の悩みは、社交性さんには理解できないのだろうなと思う。

人が抱える悩みってほんとうにいろいろだ。

そして、自分にとっての大きな悩みが、他人にとってはどこに迷う必要があるのかと不思議に思われることだったりする。

そんなことを考えていると、悩むって実はもったいない時間の使い方なのかもしれないなと思えてくる。

ひとまず悩みは置いておいて、まずは才能に集中してみたらどうだろう。

才能をどんどん使って、成果をどんどん出しても、なお悩むものなのだろうか。

それって、やってみないとわからないね。

だから、ひとまずやってみよう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 社交性 ー

「‪社交性は、多方面へとつながりを広げていくことができる才能だ。自分がつながるだけじゃない。あなたの存在が鍵となって、異なる分野の人と人とを繋げてあげることだってできるんだ。あっちこっちでつながりの相乗効果を生み出しちゃうってのも楽しいぞ。‬」

 

意識して多方面のつながりをつくっていく。

それだけでも、社交性持ちのあなたにとっては充分過ぎるほどに才能の恩恵をあずかることができるのかもしれない。

でも、もう一歩先に進んで、あなたがつながっている人と人とをくっつけてみる。

そうすると、あなたが鍵となって相乗効果が生まれていく。

これは楽しいぞ。

才能を使った社会への貢献だ。

やってみる価値、あるぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 社交性 ー

「‪社交性才能の人を見ていると、ときどき蝶のようだなと感じることがある。人が集まる場所で一人、ふわりふわりと場所を変え、話し相手を変えて楽しんでいる。軽やかな空気をまとい、自然と場の雰囲気に溶け込んでいる。素敵な才能だな。‬」

 

人が集まる場所にいると、ときどきフッと一人になることがある。

そんなときに会場全体を軽く眺めていると、社交性才能の人が目に入ってくる。

 

ふわり、ふわり。

ひらり、ひらり。

 

軽やかだな。

 

「ここで才能を生かそう」なんてことは考える必要もなく、そのままの自分でいるだけで才能が輝いている。

素敵なことだね。

 

才能っておもしろい。

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 社交性 ー

「‪相手の言葉をふわっと受け止めたり、さらりと流したり。社交性のといると、会話の軽い感じが心地よい。真面目な話も、重い話もできるけれど、豪速球ばかりじゃ大変だ。軽めのキャッチボールが得意だからこそ、心地よくつながりを広げていけるんだね。‬」

 

会話をキャッチボールに例えて考えてみる。

私の会話は、どのくらいのボールを投げているのだろう。

ついつい力一杯投げてしまったり、変化球を放っていたりするのだろうか。

いきなり豪速球を投げたら、そりゃ相手も受け取るのが大変だよね。

こっちだって、肩を壊してしまうかもしれない。

できれば、軽めのキャッチボールから始めたいものだと思う。

そして、「こういうのって、社交性才能を持っている人は上手なんだよなぁ」と思う。

 

社交性持ちの人にとっては、軽めのキャッチボールから始めることなんて、ごくごく自然にできること。

そこが強みだなんて、感じたこともないかもしれない。

でも、これってすごい才能なんだな。

だから、社交性持ちの人は、どんどん活かしていってほしい。

私は…社交性の人を頭にイメージしながらボールを投げるんだ。

参考にするだけでも、ちょっといい感じがするからね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「社交性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 社交性ー

「親密性持ちの私からは、社交性資質の高い人の才能が際立って見える。初対面でもさりげなく会話を生み出し、心地よい空気を残して次へと移っていく。まるで春の陽気を運ぶその風のようだなと感じるときもある。本人はいたって自然体。これぞ才能。」

 

以前、社交性という資質にはとても憧れを抱いていた。

軽々と心の垣根を越えていくこの才能は一体なんだ? って思っていた。

さすがにストレングスコーチとなってからは、憧れて指を加えるようなことはなくなったけれど、

今でも素敵な才能だなって思っている。

 

コミュニティを自分で選んでいける時代。

楽しいコミュニティを見つけてそこに加わり、様々なバックボーンを持った人たちと豊かな関係を簡単に築いていける時代になっている。

 

ここに社交性を生かさない手はない。

 

社交性持ちの人たち。
活躍の場があちらにも、こちらにも用意されているよ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3