toggle
最上志向(Maximizer)

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪『ここを変えないからウチの組織はだめなんだよ』と、思わず最上志向のつぶやきが漏れる。その何気ない一言が、チームの仲間をキュッと縛ってしまった。いかんいかん。硬直による沈下じゃなくて、一緒に盛り上がって高みを目指したいんだ。工夫って大事だ。‬」

 

最上志向が持つ切れ味の鋭さはなかなかのものだ。

何気ない一言が、ぐっと心に響いてくる。

才能って使い方の工夫だ大切だね。

プラスを生み出す工夫を続けていこう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪新しい環境に入ると新鮮な刺激にわくわくする。でも慣れてくると、ここってどうにかならないのかな、あそこはもうちょっと手を入れたほうがいいのにと、気になることが増えてくる。最上志向の疼きだ。ときどき俯瞰して、自分の力をどこに注ぐか確認しよう。‬」

 

ついつい改善点ばかりが気になってしまう。

最上志向を持つ人にありがちだ。

気がつくと、細かい改善点にばかり力を使ってしまっていて、自分の労力が思ったほどの成果につながっていない、なんてこともありがちだ。

ときどき広く俯瞰する。

自分が力を注ぐべきポイントはどこなのか。

細かいところは切り捨てて、大きなところ、根っこのところ、本質的なところに自分の力を投入する。

持っているパワーは有限だからね。

大事に使っていこう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪東京2020大会マラソン選考レースを見にいった。突き詰め洗練された彼らの身体は素晴らしく、選ばれし者たちがそこにいた。それでもレース後には皆口々に課題を口にし、次に向けた修正点を洗い出していく。ここで終わりじゃない。むき出しの最上志向だ。‬」

 

彼らが実際にストレングスファインダーを受けているかどうかは知らない。

でも、なんだかむき出しの最上志向をそこに感じたんだ。

隠すことも、遠慮することもなく、むき出しの最上志向。

とことん突き詰めたはずなのに、その先を目指していく。

次の彼らに出会えることにわくわくするぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪自分の欲求に時折笑みを浮かべながらプロフェッショナルを目指すのもよし、こんなんじゃダメだと自分を叱咜しながら追い込むのもよし。最上志向才能の持つ強いエネルギーをどう使うかはあなたの自由だよ。まぁ、辛くなる必要はどこにもないけれどね。‬」

 

最上志向という才能は、なかなか鋭い切れ味を持っている。

せっかく人よりも努力して成果を出している自分自身さえ、切ってしまうことがある。

他人からみたら、その努力も、その成果も褒めてあげたいくらいなのに、

『こんなんじゃ、ダメだ』

と、自分をバッサリ切ってしまう。

いいんだけどね。

それがエネルギーとなり、そのエネルギーが自分を高みへと連れて行ってくれるなら。

ただ、才能の使い方って一通りじゃないから、いろいろ試してみるといい。

たまには自分を褒めまくってみて、褒めパワーで高みを目指してみるとか。

いろいろやってみるとおもしろいよ。

その中から、自分に合った使い方を増やしてけばいい。

資質の使い方、活かし方は自由だ。

いろいろ試したらおもしろくなるぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「最上志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 最上志向 ー

「‪最上志向が感じる『物足りなさ』がある。ついついそれを相手にぶつけてしまったり、自分に厳しくなったりする。でも、もしその物足りなさが“期待”からくるものであったとしたら、大切にしたいものだ。期待って届け方を工夫すれば素敵なギフトになる。‬」

 

最上志向資質が思わず強く出てしまうときってある。

相手にグリっとねじ込んでしまったり、自分の心をバチンっと叩いてしまったり。

エネルギーが強ければ強いほど、そのコントロールって難しくなってくる。

でもね、「物足りない!」と感じたその感情をもう少し分解してみてほしい。

分解した中に、相手や自分への期待はあるか?

もし期待が含まれているのだったら、それをギフトとして届けよう。

ギフトとなるように工夫してみよう。

自分の才能が活かされるように、強みとして発揮していけるように、技を磨いていく。

上手くできるようになったら、おもしろくなるぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6