toggle
コミュニケーション(Communication)

資質の魅力-catchy phrase-(最上志向と包含):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

コミュニケーション

 

コミュニケーションさんが、近く開催されるイベントの打ち合わせをしているのが聞こえてくるよ。

 

「例えばこういう場合ってどうですか? 年配の女性がやってきて、こんなふうに杖を持っていて、階段を見上げてため息ついているんです。そういうときってこの中の誰が声をかけるんですか?」

 

「あとは、お父さんがこんぐらいの子どもと一緒にきて、子どもの入場券を子どもが忘れたって言ってきたとき。子どもはお父さんにぎゅっと絞られたみたいで涙目になっていて、お父さんの口はすっかり一文字になっていて、そんな時に受付の人ってどんな対応をしますか?」

 

いやぁ、コミュニケーションさんの話す具体例が面白くって、ついついそっちに気を取られてしまうよ。

 

リアルな情景をみんなが共有できる。

きっとこのイベントは成功だね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(資質をちょっとコミカルに):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

たまにはコミカルにいってみよう!

 

カチカチカチ…カチカチカチ…。

 

リモコンボタンを押す音が聞こえてくる。

 

活:「暑い! 温度下がんないの、なんで!」

活発性さんの第一声。

 

そんな声と音に、最初に反応したのはコミュニケーションさん。

 

コミュ:「あぁ、これ、さっき背の高い男性がエアコンの作業をしてましたよ」

コミュ:「あの、よく困った時とか、季節の変わり目に登場するあの背の高い人」

コミュ:「いっつも紫のつなぎを着ているんだけど、あのつなぎを売っている店が渋谷にあるんですよ」

コミュ:「それでね…」

 

活:「それで結局温度は下がるの?下がらないの? どっち!」

 

おやおや、かえって活発性さんの温度を上げてしまったみたい。

お、部屋の片隅には、受話器を片手に共感性さんがいましたよ。

 

共:「あ、はい…。あぁ、そうなんですねぇ。うーん、分かりました」

 

活:「共感性さん、電話してくれたの? さすが感がいいね! それで?」

 

共:「今日は同じような問い合わせや苦情が管理室に数多くきているそうです…」

 

活:「それで?」

 

共:「今日は一日電話対応で仕事にならないって…。大変そうでした」

 

活:「え? それで下がるの下がらないの? どっちなの?」

 

共:「なんだか大変そうで聞けませんでした。」

 

活:「えーっ!」

 

あらら…。

それじゃ、この方は打開できるかな? 収集心さん。

 

収:「湿度が高くても、温度が一定以上上がらないと、エアコン設定が動かせない仕組みなんですよ。いつもだと1階のカフェだけは温度を自由に設定できるんですけれどもね」

 

活:「それ、早く言ってよ。 じゃぁ1階のカフェで打ち合わせやるよ!」

 

収:「いや、今日はダメです」

 

活:「なんで!」

 

収:「今日は全館一斉メンテナンスですよ。先日通知が来てたじゃないですか」

 

活:「ぐぅ…」

 

コミュ:「あ、活発性さん、『ぐぅの音』がまだ出るくらいだから、まだこの暑さにも余裕じゃないっすか?」

 

活:「う、うるさい!」

 

こんな日常が繰り広げられていても、なんだかんだで仲がいい。

そんな職場で働けるのも、それはそれで心地良いものですね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(コミュニケーション):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

201701261

コミュニケーション

コミュさんが緊張してた。

これから100人の前でプレゼンをするんだって。

練習はしてきたのだけれども、ちゃんと要点を外さずに話ができるか自信がないらしい。

「ただ自由にしゃべっていいよということだったら気楽なんですが…。」

なるほど。

じゃあさ。

絶対伝えたいキーワードを、プレゼン資料の1枚に1つだけ選んでマーカーしてみたら?

マーカーの言葉だけ忘れないようにして、あとは自分を信じて才能を解放してあげなよ。

きっといいプレゼンになるからさ。

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(コミュニケーション)<視察の写真シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201608121

「コミュニケーション」

コミュニケーションさんと一緒に視察に行ったんだ。

持ち回りのイベントで、次の開催は私たちが担当する。

次回のために、2人で記録写真を撮ってきた。

 

帰ってきて、コミュニケーションさんの撮った写真を見てみたところ、なんだか連続写真が多い感じがしたよ。

 

ステージに上がる人が紹介されているところ、

次にパフォーマンスしているところ、

そして終わって退場するところ。

 

ほかにも来場者が遠くから近づいてきて、そして去っていくまでの写真とか、

同じ人が笑っている写真と、無表情な写真、手を叩いている写真もあったりする。

 

なんだか、物語がはじまって、続いていくような写真、

そこからエピソードが伝わってくるような写真が多い気がするよ。

 

気のせいかな。

 

でも、なんだか記憶に残る写真たちだなぁ。

これがコミュニケーションさんのものの見方なのかもしれないな。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(コミュニケーション、共感性、学習欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201607041
「コミュニケーション、共感性、学習欲」

仲の良い3人組がいたよ。

「そいうえばさ、今年はリオデジャネイロのオリンピック・パラリンピック大会があるね。」

「オリンピック・パラリンピックの試合は熱くなるよね!」

「一度は直接観に行ってみたいよね!」

「行ってみよっか、リオ!」

 

こんな話になったとき、

 

コミュニケーションさんは、周囲のいろんな仲間にリオ行きを決めたときの話をしはじめたよ。
自分がそのときにどのくらい感情が昂ったか、仲間の反応はどうだったか、そもそもなんでこの話が持ち上がったのか。
臨場感たっぷりに話すものだから、周囲の仲間もついつい自分がリオに行くんじゃないか、なんて思えてきそうだよ。

 

共感性さんは、自分がリオに行くとなってから、候補選手のニュースに一喜一憂するようになったよ。
◯◯選手が選考基準を突破してリオ行き決定! なんてニュースに喜んでみたり、
△△選手は直前の怪我で選考レースをリタイア! なんてニュースに悲しんでみたり。
リオに行くって決める前は全くニュースに気が付かないくらいだったのにね。

 

学習欲さんは、途端に2020年の東京大会のことも気になり始めたよ。
オリンピック・レガシーなんて本も読み出して、
スポーツも文化・芸術も、観光も環境も、いろんなことが気になって
部屋に本がまた増えてしまったよ。

 

それぞれの資質、それぞれの楽しみ方。
みんなが「行ってよかったね」と言い合える旅行になるといいですね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2