toggle
実行力資質群

資質の魅力-catchy phrase-(信念、個別化、分析思考):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606211

「信念、個別化、分析思考」

信念さん、個別化さん、分析思考さんが怒っている。

それぞれみんな「納得できない」と言って怒っている。

でもよく聞くと、どうも納得できないところが異なるみたい。

 

信念さんは、
「その指示はどう考えても人の道に外れているでしょ! 納得できない!」
と言って怒っている。

 

個別化さんは、
「そんな画一的に指示したって、みんながそれぞれ違う理解をしてしまって、結局みんなバラバラに仕事を進めて行ってしまうでしょ。なんでそれが分からないのかな! 納得できない!」
と言って怒っている。

 

分析思考さんは、
「その指示は全く筋が通ってないでしょ。いっときの感情とか、個人の好みで指示を出してほしくない! 指示するならちゃんと筋の通ることを言ってよ! 納得できない!」
と言って怒っている。

 

あらあら、これは大変なことになりましたね…。

 

ストレングスファインダーの資質を理解すると、
自分のクセはもちろんのこと、相手のことも理解が進みます。

だからコミュニケーションも心地よく取れるようになるんですよね。

自分の伝えたい言い方から、相手に伝わる言い方へのシフトチェンジ。
そんなことにもストレングスファインダーは役立ちます。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(達成欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606201

「達成欲」

いつもぐんぐん行動しながらどんどんと前に進んでいく達成欲さんがいたよ。

誰に頼まれるでもなく、誰に褒められるでもないのに、ぐんぐんと行動していく達成欲さん。

そんな達成欲さんは周囲から一目置かれてた。

いやぁ、あの人はすごいよねって言われてた。

どうやったらあんなにできるのだろうと思われていた。

そんな達成欲さんがあるときひと言漏らしたよ。

 

「なんか、やってもやっても次が出てきて、私って仕事遅いですかね?」

「ときどき疲れを感じてしまうんです。」

 

これを聞いて驚いた。

周りがみんな驚いた。

あんなにすごい人なのに、
自分では全く気付いていないんだ。

周りはみんな気が付いていることなのに、
自分だけが気付いてない。

これって悲劇?喜劇?

そんなことよりもったいない!

これじゃ資質がもったいない!

才能を磨いて強みに育てることってどういうことか、ここでもう一度考えてみよう。

自分の才能を認めること、大切にすること、そして育てて伸ばしていくこと。

それってどういうことか、もう一度ちゃんと考えてみよう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(目標志向、適応性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606181

「目標志向、適応性」

 

ちょっと教えて欲しいんだ。

目標志向と適応性とは、どんな違いがあるんだろう?

そうだねえ。

こんな例えはどうだろう。

美味しい料理の好きな適応性さんと目標志向さんがいたとする。

でもその楽しみ方は違っている。

適応性さんは、旅行に行った先々での美味しい料理を食べるのが好き。

そしてどんなレストランに入るのかは行った先で決めていく。

人の勧めるレストランに行ってみる、なんてこともよくあること。

だから、どんな料理を食べるかなんて行ってみないとわからないと思っている。

 

一方の目標志向さんは食べたいものをあらかじめ決めていく。

はじめに美味しいステーキを食べたいと強く思う。

ステーキを食べるなら私はこのレストランに行きたいと決めていく。

そのレストランに行くために、そこのステーキを食べるために旅行に行く。

美味しい料理を食べるという結果は同じなんだけれど、

そこへのアプローチは大きく違う。

それが資質の面白いところ。

あなたはどんなアプローチが好みだろう。

そこ探ると自分の強みが見えてくる。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(回復志向、共感性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606151

「回復志向、共感性」

いつも職場の抱える課題を率先して解決している回復志向さん、
職場の仲間からも頼りにされている。

でも、今回は困ってた。
自分の企画したイベントの集客がままならない。
どう解決したらいいものか途方に暮れてしまっていた。

そんな回復志向さんに共感性さんが気が付いた。
誰よりも早く気が付いた。

共感性さん、職場の仲間に声かけて、
みんなでチケット売りにまい進した。

おかげで無事にチケットは完売し、
イベントも大盛況となったとさ。

あとで回復志向さんが共感性さんにお礼を言った。
そのとき共感性さんはこんなことを言った。

「いつも率先して私たちのことをフォローしてくれていますよね。」
「いつも私たちが気が付かないうちにフォローしてくれていますよね。」
「たまには私たちにもフォローをさせてくださいね。」

これが共感性さんの素晴らしいところ。

そしてこれが資質の相乗効果。
1人じゃ行けない遠くまで、資質の相乗効果は連れていってくれる。

回復志向さん、
たまには弱音を吐いてみるのもいいかもね。
そこから始まる相乗効果もあるものだから。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(慎重さ):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606141

「慎重さ」

慎重ささんから相談がきたよ。
なんだか少し悩んでいるみたい。

「資質の理解が進んできたんですけれども…。」
「なんだか慎重さ資質がブレーキをかける瞬間に気が付くことが多くなって。」
「かえって悪いところばかりに気が付くようになったように思うんです。」

すごいじゃないですか。

「え?」

資質が動いた瞬間に気が付くことができるようになってきたんですよね。

「あ、はい。」

と、いうことは、その次の行動を自分で自由に選ぶことができる状態になっているということじゃないですか。

「え?」

資質を磨く、それを自分のものにしていくっていうことは、
資質を未来の自分に活かしていくこと、とも捉えることができます。

資質が動いた瞬間を捉えたならば、
その次に資質のアクセルを踏むのか、ブレーキをかけるのか、
それともハンドルを使って向きを変えるのか、
その選択はあなたが自由に決定することができるんですよ。

意識した先の自分というものを、自分の意思で手に入れてしまいませんか?

「そっか。」
「今まで無意識だったところに気が付くようになったんですものね。」
「その次の行動は自由に選べる…か。」
「なんだか楽しそうですね。」

はい、楽しんじゃいましょう。

 

才能って面白いですね。
Unlock the Potential.

1 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22