toggle
達成欲(Achiever)

資質の魅力「達成欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 達成欲 ー

「達成欲という資質にはto do リストがよく似合う。一つひとつ終わらせていくことの快感を味わうということもあるけれど、もう一つ、やっていることを可視化して、自分の高い達成エネルギーが生産的に使われているかチェックするんだ。積み上げていかないとね。」

 

達成欲といえば to do リストと言うくらい、相性がいい。

たくさん行動を起こして、次々に完了させていく達成欲という資質。

この完了させていくことが見えるから、to do リストが楽しくなる。

楽しくなれば、ますます頑張れる。

好循環がそこに生まれていく。

好きこそ物の上手なれっていうけれど、達成欲さんにとっての to do リストは、それを助長してくれるものなんだよね。

そしてもう一つ。

可視化することで、達成エネルギーの無駄遣いをチェックすることができる。

せっかくの高いエネルギーなのに、無駄に拡散してたらもったいないものね。

強みに軸を与えて生産的に積み上げる。

積み上げた先は…ワクワクするね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「達成欲」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 達成欲ー

「達成欲さんの行動体力には圧倒的という言葉が似合う。「疲れた〜」って言いながら絶対に止まらないし(笑)。他人から見えやすい、認められやすいその才能を生かした先に、あなたは何を手に入れていくのかな? 」

 

他人がとても真似することのできない、達成欲という資質の持つ行動力。

熱さをともなった行動力の人もいれば、静かに動き続ける行動力の人もいる。

いずれにしても、達成欲資質を上位に持つ人は、止まらない。

だからこそ、得ているものが多くある。

そして、自分が得ているものが何なのか、それが見えている人ほど、行動を積み上げることに成功している。

達成欲資質が高い人は、ぜひ自分が得ているものを振り返って確認してみてほしい。

大小様々な、とてもたくさんのものを得ているはずだ。

それをしっかりと見つけてあげて、自分が頑張って得てきたものを認識できれば、階段を上っていくことができる。

Unlock your Potential.

資質の魅力「達成感」 〜ストレングスファインダー〜

ー 達成欲 ー

「‪達成欲資質の人は、次々と行動し、それを続けていくことができる。高い熱量でグイグイ動く人もいれば、静かに動き続ける人もいる。自分でやれてしまうが故に、人に頼るのがちょっと苦手なこの資質だけど、磨きこんだらどこまでいけるのだろうね。‬」

 

達成欲資質の行動体力の強さには心から敬意を表したくなる。

達成欲は周りから見えやすい才能の1つだね。

ただし、見えやすいがために、あの人は別格、あの人みたいにはできないと、簡単に思われてしまうところがある。

自分のキャラで勝負しやすい反面、人に頼ることを経験しないままに日々が過ぎてしまうから、何でも自分で処理するクセがついてしまう。

自分がどこに達成欲パワーを使うのか、ぜひ意識してみてほしい。

自分を磨き、活かすためには、頼り方を経験していく必要がある。

これってどの資質でも言えることだけど、達成欲さんは特に意識するといいんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(達成欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

「達成欲」にわくわくしてますか?

ストレングスファインダーの行動力資質として、真っ先に思い浮かべる人が多い「達成欲」という資質。

あなたは上位に持っているだろうか?

 

常に何かしらを成し遂げて続けていく才能

忙しさが必要で、むしろ忙しくないと欠乏感を感じる才能

次々と物事を完了させていく才能

 

そんな言葉で説明されるものがこの達成欲という資質。

素晴らしい、パワフルな才能なのだけれども、時々扱いに困っている人に出会うことがある。

 

「止まれなくて…。疲れは感じるんですけれどもね」

「なんだかいつも追われているような感じで動いてしまうんです」

「いつも人より多くの仕事をするはめになって、なんか損しているような気になってしまいます」

上位に持っていない人からするとうらやましい限りなんだけれどもね。

 

さて。

この達成欲という資質。

とにかく行動のパワーが強い。

単発の行動に大きなエネルギーを発する、というのとはちょっと違っていて、常にアクセルを踏みつづけることができる人。

枯れることのないエネルギーを持っている、という感じで言えばいいかな。

これが上位にある人は、とにかく自分のエネルギーの強さを認めてあげることが大切。

その上で、このエネルギーをどこまで自分が使いこなせるか、そこに挑戦してほしい。

暴れ馬にまたがって手綱を持ち続けることに挑戦するくらい大変に感じる人もいるかもしれないけれど。

 

自分へ投資となることにエネルギーを使えているかな?

周囲も一緒に上昇気流に乗っていくためにエネルギーを使えているかな?

 

どこにエネルギーを使っているか、そこを意識してコントロールできるようになってくれば、圧倒的な行動体力を持ったあなたは突き抜けた存在になることができる。

 

やってみないかい?

 

達成欲資質の手綱が上手に握れるようになってきたら、それはそれは楽しい未来を掴み取ることでできると思うよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4