toggle
責任感(Responsibility)

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪『あの件、どうかな?』と聞くと、『大丈夫です』と返ってくる。『負荷が高いから、つい心配しちゃうんだけどね』と言っても『大丈夫ですよ』と返ってくる。責任感才能を持つ君の『大丈夫』に、何度安心をもらったことだろう。今度きちんとお礼を言おう。‬」

 

責任感を持つ人が発する「大丈夫」は、みんなを安心させる一言だ。

「大丈夫です」、「やります」、「任せてください」。

責任感さんがそう言い切ったとき、そこには強い決意が生まれている。

たとえ小さな案件だったとしても、そこには決意が生まれている。

だから、やり切る。

素晴らしいことだ。

責任感才能をあなたが持っているとしたら、そうやって一年頑張ってきた自分を認めて労ってあげよう。

あなたの周囲に責任感才能を持っている人がいるのなら、もらった安心の分だけ感謝の言葉を伝えよう。

自分の才能を認め、相手の才能を認めて、気分良くそれを生かしあい、感謝しあう。

最高じゃないか。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪職場の責任感才能を持つ彼の口調が、ここのところ厳しさを増している。責任の過積載になっているのかもしれないね。声をかけて少し力みをほぐしてあげよう。いくら責任感の才能があるといっても、任せぱなしで放ったらかしでは疲弊してしまうからね。‬」

 

実行力の才能である責任感。

一人でも、誰に何も言われなくても、その才能は活動する。

でもね。

やっぱり、その才能を生き生きと輝かせるには、周囲の理解とリスペクトって大事なんだな。

彼は責任感持ちだから、ちゃんとやるのは当たり前。

そんな空気がチームに充満していたら、才能だって疲弊する。

「ぼくは、何のためにこんなにちゃんと頑張っているんだろう?」

そんな気持ちが生まれてきたら、いくら才能でも力を発揮できなくなる。

仲間で、チームで、お互いの才能を認め合って生かし合う。

その気持ちって大事なんだな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪責任感才能を持つ人だってミスをする。人に迷惑をかけてしまうことだってある。その時の責任感さんは本当に辛そうだ。でも、1つのミスにそこまで深刻になる君の姿に、周囲の信用はますます高まっていくんだ。大丈夫、あなたの才能が枯れることはないよ。‬」

 

責任感という才能がある人がミスをして、人に迷惑をかけてしまう。

そんなときは、自分を厳しく責めてしまうことと思う。

でも、その姿がかえって信用を高めることにつながっていたりするんだ。

不思議なものだね。

ミスをする、しないに関係なく、あなたの“人となり”を周囲は見ている。

だから、そんなあなたこそ、信用したくなるんだな。

だから、もう一度前を向いて進んでいこう。

大丈夫。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪上司の提案に、容易に首を縦に振らない責任感持ちの部下がいる。『やります』と宣言することはやりきる覚悟を決めること。だから思いつきやアイデア程度の軽い気持ちで仕事を振られるのは嫌なんだ。人の提案を大切に扱うその態度。上司の本気度も問われるぞ。‬」

 

責任感という才能。

頼れる。任せられる。約束してくれる。

期待を背負うことのできる才能だ。

だからこそ、責任感の人のことは大切にしたいと思うんだ。

本気で頼めば、必ず応えてくれる人だから。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪責任感が才能だって言うけれど、そんな当たり前のことをどうやって活かすのですか?と彼が言った。少しホラを吹くくらい大きなことを言ってごらん。自分の才能を信じて大きく背負ってみる。やりがいを感じられたとしたら、それは才能が喜んでいる証拠だよ。‬」

 

才能を磨くとか、活かすとかって、いつもより大きな大会に出場するようなイメージを持ってみるといいのかもしれない。

市民大会で通用するなら、都道府県大会へ、

そして全国大会、国際大会へ。

才能があるって信じて、上の大会に出場するかのように、大きなことにチャレンジしてみる。

無理かも…って思うレベルをクリアしたときには、きっと自分の才能の力を実感することができるね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4