toggle
慎重さ(Deliberative)

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 慎重さ ー

「‪慎重さという才能があるとね、予測の力が素晴らしいんだな。なにか行動を起こさなきゃってときに、どこを気をつければいいのかがバババババっと見えてくる。予測して止まるのか、予測して踏み出すのか、そこに選択肢を持てることって優位だね。‬」

 

予測の力がある。

戦略性資質なんかも予測力が高いけれど、なんといっても慎重さ才能は実行力に分類される才能だ。

止まるのか、止まったときのリスクはどうか、
踏み出すのか、踏み出すとしたらどこをケアするべきなのか、

予測して、選択して、自分の行動を決めていく。

しっかりとした強さを持つ才能だね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 慎重さ ー

「‪慎重さが自分にあると聞いて、『だからいつもブレーキかけちゃうんですね』と反応する人がいる。“ブレーキかけちゃう”を“止める力がある”に置き換えてみよう。自分の大切な才能だ。緩めたり、ぐっと踏み込んだり、自分の意思で使いはじめたら楽しくなるぞ。‬」

 

だからこうなのか…

ストレングスファインダーの話をしていると、多くの人から出てくる反応だ。

 

だから、こうなのか…

自分の思考や感情、行動のクセに気がついた瞬間だ。

 

気づいたならば、それをプラスに使っていく。

それができるのは、あなただけだ。

自分の内面にある、強い力。

あると知ったからには使い倒していく。

それって楽しいぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 慎重さ ー

「‪慎重さ資質の人にとって、『自分が何を獲得したいのか』に意識を向けることって大切だ。仕事先での交渉の成功なのか、家族の笑顔なのか、自分の体調管理なのか。そこが見えれば、“行動するための攻めのリスク管理”ができるようになる。強いぞ、これは。‬」

 

慎重さ資質を無意識に振り回していると、一体何をリスク管理しているのか分からなくなる。

でも、何を獲得したいのかが見えていると、リスク管理の能力がその力を存分に発揮してくれる。

獲得したいものが明確に見えないならば、仮置きでもかまわない。

「今日の夜のテレビ番組は見逃さないぞ!」

そんなものでも構わないんんだ。

獲得したいものを明確にして、そこに向かって自分の才能を使っていく。

才能が磨かれて、力を蓄えていけば、いずれさまざまな場面でその威力を発揮できるようになる。

大きな判断も素早くなり、そして確実に獲得する。

慎重さ資質をあなどってはいけないよ。

素晴らしい才能なんだから。

 

Unlock the potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さという資質をあなたはどのように使っているだろう。あなただけが見えるリスク、それを過大評価せず、小さなものは小さいと捉えられているだろうか。冷静に『小さなリスクだ』と判断して先へ進んでいく。慎重さのあなたなら、それもできるはずだ。」

 

自分だけが気づいていて、他の人は気づいていないリスクがある。

そういうことがあると、それを大きな声で伝えてしまいがちだ。

「ほら、ここにもあるぞ!」

「なぜ気づかない、ここにあるじゃないか!」

声を荒げるかどうかは別にして、ついつい強調してしまいがちになる。

 

でも、

そこまでで止まってしまったら、あなたはブレーキさんにしかなれない。

ここでもブレーキ、あそこでもブレーキ。

それはちょっともったいない。

 

自分だけが気づいたそのリスクの、サイズ感も意識してみよう。

たしかに、気がついたのは自分だけ、でも、充分にコントロール可能なリスクかもしれない。

ほとんど気にすることのないリスクかもしれない。

ちょっと冷静に、本当に強調して伝えるべきものなのか。

もしかしたら、「ここにリスクがあるけれど、これは気にする必要もない。だいじょうぶだ、前に進もう」って言う言葉が、あなたの口から出てくるかもしれない。

 

そのほうが、かっこいいと私は思う。

 

リスクを発見する、その先にある、リスクを管理するというところ。

慎重さという資質は、そこまでできる才能なはずだ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さ資質があると、『じゃぁリスク管理をお願いね』って言われることがある。ちょっと待て。慎重さ資質の人が気持ちよくリスク管理したら、それは他の人にとってかなり高いハードル設定になる。頼まれたからやったのに、互いに不幸じゃもったいないね。」

 

これ、組織にありがちだなと感じることがある。

リスク管理の感度が高い人に、その部門の旗振り役を任せていく。

その結果、とても高いハードルが設定されて、組織全体がそのハードルを超えるために汲々となってしまう。

これがよいこととは、必ずしも言えない。

もし、自分に慎重さという資質があって、リスク管理を任されるなら、

ハードルの高さを意識してみてほしい。

自分の才能を生かして、丁寧にリスク管理のルールを設定した結果、みんなから恨まれてしまうんじゃもったいない。

 

他の人より秀でた感度を持っていること。

それを認めた上で、自分の才能を生かすことと、それが全体最適につながるかどうかってことは、必ずしも一致しないということを、意識してみることも大切なんだよな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5