toggle
回復志向(Restorative)

資質の魅力「回復志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 回復志向 ー

「‪回復志向持ちの人を見ていると、『あぁ、放っておけないんだな』と思うことがある。損な役回りだったとしても、抜け漏れやトラブルなんかがあると放っておけずに動き出す。彼らがいてくれるから挑戦が成功へとつながっていく。チームにとって大切な存在だ。 ‬」

 

取り立てて自己主張はしないけれど、必ず動いてくれる人。

一見目立たない彼らの行動が、力強くチームを支えてくれている。

彼らには、もっとスポットライトが当たっていいと思うんだ。

ストレングスファインダーを知ることで、今まで気がつかなかったけれども実はとても大切な役割を果たしてくれていた人の存在に気がつくことができる。

これって素敵なことだなと思うんだ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potentail.

資質の魅力「回復志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 回復志向 ー

「‪誰も気づかず放置されていることに目がいく。困った状況になっているのが気になって仕方ない。抜け漏れがないか気になって整えたくなる。回復志向才能が持つこれらの動機に理由はない。でも気になるからなんとかする。これを磨くと強みになる。おもしろい。‬」

 

自然と気になってしまうこと。

これって、探す気持ちを持たないと、いつまでたっても自覚しないままだったりする。

ストレングスファインダーは、「あなたはこのあたりが気になっているみたいですよ」って教えてくれるツールでもある。

だから、資質への理解をきっかけとして、自分が無意識に気にしていることを自覚できるようになってくる。

気づくと磨きはじめることができるんだな。

だから面白い。

あ、自分はこんなところを気にしてたんだって発見がある。

発見して磨いて、また発見していく。

だから面白い。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「回復志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 回復志向 ー

「新年度になり、職場の異動や新しい人の加入など、何か変化があっただろうか。あなたが回復志向持ちなら、やる人のいなくなった仕事につい手が出たり、崩れたバランスを整えたりしているだろう。自分の行動のクセに気づく、つまり才能に気づくチャンスだ。」

 

新年度など、何か身の回りに変化が起きる時期は、自分のクセに気付くチャンスだ。

思考のクセ、感情のクセ、そして行動のクセ。

ついついやってしまうこと、もしくは周囲に変化があっても変わらずにやってしまうこと。

 

あれ? これってもしかして私のクセ?

 

そんなヒントをつかんだら、それを自分の上位にある資質とつなげてみよう。

 

自分にとっての当たり前のこと。

 

そこに気がついたら、才能を磨き始めるきっかけを掴んだと思っていい。

 

自分に気付くことは、自分を磨き、活かしていくためにとても重要なこと。

この変化の時期を逃さずにいこう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「回復志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 回復志向 ー

「回復志向さんは静かにフォロー役を担うことが多い。そして周囲はその貢献に気づかない。それってちょっともったいない。回復志向さんが敢えて「○○やっておきましたよ」の一言を発していくことも大事。気づけたほうが、周囲も嬉しいものなんだ。」

 

回復志向さんが職場を異動して、いなくなった後に、周囲がその貢献に気がつく。

なんてことがある。

それでもいいのだけれども、ちょっともったいない感じもする。

自分が当たり前にやっていること。

回復志向という資質を自分が持っていると気づいたら、自分の行動を少し意識してみてほしい。

周囲に役立つことをやっているならば、それを口に出してみることも大切。

周囲の人たちも、その貢献に気付けて、感謝のことばを言えたほうが幸せだったりするんだな。

 

才能の活かし方を試行錯誤するのも楽しいものですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「回復志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 回復志向 ー

「回復志向は、頼りになる資質。困難にぶつかっても、そこに立ち向かう強さがある。この静かな行動力には、いつも敬服の念を抱いてしまう。回復志向持ちの人には、これを強みと認識してもっともっと生かしてほしい。その才能に気付け!

 

回復志向って、問題解決に動く人と言われるけれど、
なかなか本人がその強みに気づかないことが多い。

これが才能なんですか?

本人が自分の才能に気がついていないから、当然それをアピールすることもない。

そうすると、頼られるけれど、それを評価されない、という残念なパターンが固定化してしまう。

これって本当にもったいない。

才能を自分で認めて、私はこれでしっかりと貢献していますからってもっと主張していい。

主張することで、今よりもっと、自分の強みで勝負できる環境を作っていくことがでいる。

気付こう、そして認めよう、その才能に。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3