toggle
アレンジ(Arranger)

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

平然といくつもの案件に気を配り、そして進めていく、とても器用な資質=アレンジについて、今日は掘り下げていきます。

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

アレンジ資質について、Gallupではこんな定義をしています。

「アレンジという資質を持つ人は、たくさんの要素を構成し管理することができると同時に、一度作り上げた構成にこだわらず、作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。」

 

「たくさんの要素」
「構成し管理する」
「こだわらず」
「柔軟性」
「最高の生産性を実現」

こんなキーワードが並んでいますね。

 

ちなみに、アレンジ資質を私の言葉で説明すると、こうなります。

 

「いっぺんに考える、そして組み合わせる、さらに組み替える資質」

このような得意技を持っている資質です。

 

どうでしょうか。

少しイメージがクリアになりましたでしょうか。

 

では、この資質のすごいところをもう少し深掘りしてみましょう。

 

この資質のすごいところを一つ挙げると、

「効率的にいけるなら、これまでのことにこだわらない。この柔軟性をナチュラルに持っていること」

と言えるでしょう。

 

ぱっぱっぱっと組み替えていく。

 

仕事の予定だって、旅行の行程だって、ときには人と人との組み合わせだって変え(替え)ていく。

そしていくつものパズルを同時に完成させるように、パチっと最適化を図っていく。

 

この柔らかさ、手際の良さは圧巻です。

 

これがアレンジさんのもつすごさです。

 

もし、アレンジを上位お持ちの方で、「いや、そんなにすごくないよ」と思った方がいたとしたら、それはもったいない!

自分の才能を小さく閉じ込めてしまわずに、大きく羽ばたかせてあげてください。
せっかくの才能なのですから。

 

さて。

 

では、ちょっと冷静になって、この資質がうまくいかないときのことにも少し触れておきたいと思います。

 

この資質が困るとき、それを一つ挙げるとすると、

周囲があなたのアレンジ力に付いていけないとき、です。

これ、比較的多いみたいです。

 

アレンジさんにとって、変更することはごく自然なこと。
だって、その方が効率よくなるし、いろんなことがより良くなるわけだから。

 

でも、ちょっとした効率化よりも、一貫性や、安定を好む人って、たくさんいます。

 

ましてや、アレンジさんの変化のスピードが早ければ早いほど、なぜ今変えるのか、どうしてこのままじゃダメなのかを、周囲が理解できない可能性が出てきます。

 

自分の才能によって、周囲が翻弄されてしまう。

 

これはちょっと望ましいとは言えないですね。

 

アレンジさん、ご自身の資質のすごさを認めてあげて、ちょっと周囲に優しくなってあげてください。

アレンジさんのちょっとした説明、解説が、周囲を安心させ、そして賛同を生むことにつながります。

 

今日のところはこのへんで終えたいと思います。

アレンジ資質、いかがでしたでしょうか。

この資質も持つ魅力、伝わってくれたら嬉しいです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(アレンジ)<資質を磨くシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アレンジ

アレンジさんが悩んでた。

ア「ついつい予定を入れ過ぎてしまうんです。」

 

なるほど。

 

ア「そのときは『大丈夫』だって思って予定を入れるんですけれど、思ったより1つの予定に時間がかかってしまったりして、気がつくとあっぷあっぷになっていることが多くって…。」

ア「もっとゆとりの持った生活にしたいんです!」

 

そっか。

では1つ聞きたいんだけれども、

アレンジさんが予定を次々と入れていくことで、どんな“いいこと”が起きているの?

 

ア「いいこと?」

 

そう、いいこと。

今ね、言葉では「もっとゆとりを!」と言ったけれど、行動はどんどん予定を入れているんでしょ?

そこに何かしらの心地よさとか、メリットとか、なんらかの“いいこと”があるからこそ、その行動が起きているんじゃないかな? どうだろう?

 

ア「そうですね…。」

ア「自分でいろんなことをコントロールしている感覚が持てる…とかかな。」

ほかには?

ア「予想通りにいろんなことが進んで完了したときの爽快感、とか。」

ほかにもありそうだね。

 

アレンジ資質の方、たまに暴走して予定を入れ過ぎてしまう人もいるようです。

でも資質の暴走って、それ自体もあなた自身が何かを求めて起こしているものかもしれませんよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(アレンジ)<研修シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201609161

「アレンジ」

ストレングスファインダーの資質を理解するっていうテーマで研修を開催したんだ。

資質の1つひとつを取り上げて、

参加者とのキャッチボールをしながら理解を深めていく。

 

今日の参加者の中には、アレンジさんがいた。

 

アレンジさん、どうも資質の掛け合わせに興味津々なのが伝わってくる。

2つの資質、3つの資質を掛け合わせたらどんな特徴になるのかを知りたくてうずうずしている。

 

そうだよね、アレンジさんだもんね。

 

でもね、資質の掛け合わせは、「2×3×4=24」なんて簡単に答えが出るものではないんだよ。

まずは1つ1つの資質の奥深さと魅力にどっぶり浸かってみてはいかがかな?

同じ資質でもその色合いは1人ひとり異なっているものだよ。

 

なんて思ってしまう私は個別化持ちなのさ!
(アレンジもトップ10に持っているから気持ちはすっごくわかるのだけれどもね)

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

 

201609162

※写真は「NO LIMTIS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」の展示です。

これは蔵前駅の改札外にあるシッティングバレーボールの展示。

9/21まで大江戸線のいろんな駅で展示されてますよ。

資質の魅力-catchy phrase-(アレンジ)<視察の写真シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

201609051
「アレンジ」

アレンジさんと一緒に視察に行ったんだ。

持ち回りのイベントで、次の開催は私たちが担当する。

次回のために、2人で記録写真を撮ってきた。

 

帰ってきて、アレンジさんの撮った写真を見ようと思ったら、なんだかたくさんの用紙を抱えていたよ。

 

なんでかって聞いてみたらね、

 

「写真撮るだけだとそんなに時間がかからないから、隙間時間でいろいろ聞いてきたんですよ」

「講演会とか、ミニセッションとか」

「その度ごとにいろいろと資料をくれるものだから、なんだか用紙がいっぱいになっちゃいました」

 

いやぁ、さすがアレンジさん。

 

私とおんなじ時間を過ごしたはずなのに、何倍も密度の高い時間を過ごしてきたみたい。

もらった資料もきっと次回の開催に役に立つよね。

ありがとう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

プロジェクトを前に進めていくためにはやっぱり実行力資質ですよね! これって本当? − ストレングスファインダー −

201607261

ストレングスコーチをしていると、時々聞かれることがあります。

 

「プロジェクトを前に進めていくには、やっぱり実行力資質ですよね?」

 

みなさんはどう思われますか?

今日はそんなテーマです。

 

プロジェクトを前に進めていくためにはやっぱり実行力資質ですよね! これって本当? − ストレングスファインダー −

この質問に対する私の答えは…

 

「そんなことはないでしょう」

です。

 

ストレングスファインダーは人の持つ才能を34の資質に分類していますが、それをさらに4つの資質群に分類しています。

 

その4つの資質群の1つである実行力資質群には、

「達成欲」、「アレンジ」、「信念」、「公平性」、「慎重さ」、「規律性」、「目標志向」、「責任感」、「回復志向」の9つの資質が含まれています。

 

どれも魅力的な才能を持った資質ですね。

 

そして、実行力資質群は、「私が行動して、完了させる」資質の集まりだと言われています。

 

自ら動く、そして完了させるという資質の特徴から、
「やっぱりプロジェクトとかを前に進ませるためには、実行力を伴った人材が必要だよね」
という発想につながっていきます。

 

確かに一理あると思います。

 

実行力資質群の方々の行動力は、意識的にも、無意識でも、周囲を引っ張って行く力があると思います。

 

でもね。

 

万能ではないのですよ。

 

「私が行動して、完了させる」という言葉には、
「私」が強い分、「他人のこと」が弱い、という傾向が見てとれます。

 

ですので、実行力資質だけでは、周囲とフォローしあうとか、相乗効果を見出していくこととかに弱い可能性が出てきます。

 

実行力資質の人たちが上手く行動できるようにコーディネートする人とか、

実行力資質の人たちがその力を存分に発揮できるようにチーム内のフォロー役を担う人とか、

 

チームとして機能するためには、いろんな役割を持った人の存在が必要になってくるわけです。

 

もちろん、実際にはみなさん、上位資質の中に実行力以外の資質もお持ちだと思いますので、
それらも活かしていることと思いますが、

 

「何か物事を前に進めるには実行力資質が他の資質に比べて優位である、ということはない。」

 

ということは伝えておこうと思います。

 

もし、今のあなたが気分良く才能を発揮できているとするならば、
きっと、あなたが才能を発揮しやすいような環境を作ってくれている他人の存在があります。

 

そこに気が付くことができたら、見える世界が変わってくると思いますよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2