toggle
アレンジ(Arranger)

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪私のアレンジ資質は10位にいて、私には常に5つくらいの案件をくるくると掴んだり放ったりして操っている感覚がある。この才能をトップ5に持つ人はすごいんだろうなと思いつつ、微妙に未開拓な才能の扱いを楽しんでいる。才能の開拓ってやっぱり楽しいぞ。」

 

5〜10位くらいの資質って、なんとなく分かるんだけど、微妙に上手く活かせていない、そんな感覚を持つ人も多い。

この、微妙に上手く活かせていない感覚って、実は楽しいものだと私は思う。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤ができるからだ。

ときどき、5〜10位の資質にも目を向けてみるといい。

その中にある、あなたにとってのお気に入りの才能を開拓してみるって楽しいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「とっちらかっているものを、ささっと収めていく。これをずっと繰り返してきたアレンジさんは、混沌の中にあってひときわ輝きを増す。退屈だなって感じる日々が続くなら、自ら混沌へ飛び込んでみるといい。磨かれる、輝く、そしてステージが上がっていく。」

 

アレンジ資質の高い人は、本当に器用だなと思う。

あれもこれも、常に頭の中のどこかにちゃんと意識されていて、

忘れることなく整理されていく。

そんなアレンジさんが、ときどきつまらなそうにしているときがある。

自分でも気づいていないようだけど、その人から鮮度が感じられないときがある。

 

もしかして、定例化されたものばかりに囲まれて、才能が退屈しちゃっているのかな?

 

もし、退屈を感じる日々が続くようなら、何か新しい挑戦へと飛び込むタイミングにきているのかもしれない。

 

自分の才能を退屈させてはいないか?

ときどき自分に聞いてみることって、大切だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「アレンジ資質の高い人は、器用にものごとを収束させていくことができる。とっ散らかってしまった現場に足を踏み入れては、さささっと整理して収束させて去っていく。人に任されるままに浪費するはもったいないから、自分から選んで才能を発揮していこう。」

 

アレンジ資質の高い人が、次々と案件を処理して収束させていく姿をみると、かっこいいなと思う。

とてもスマートだ。

 

どんどん仕事を拡大していく人や、ひたすら要望に応えていくなかで業務をどんどん増やしてしまう人がいる。

その人たちだって、別に仕事を増やしたいわけではないのかもしれないが、結果的にどんどん仕事が増え、みんなが目一杯な状況になっていく。

そして、後任にアレンジさんが着任する。

状況が一気に改善に向かっていく。

 

やっぱり、かっこいいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「いくらアレンジ資質があるからって、効率化の成果が上手く引き出せないときもある。でもその行為自体が、トレーニングになっているんだな。日々繰り返すその行動によって、あなたはアレンジのトップアスリートへと育っていく。自分を信じよう。」

 

アレンジ資質の高い人を見ていると、

「ああ、この人ほんとに効率化したいんだな」と思うことがある。

アレンジ資質が高くない人からすると、こねくり回しているようにしか見えないときもある。

実際に、そういうときもあるかもしれないね。

100%成果につながる効率化とは言えないのかもしれない。

でも、無意識に繰り返していくその効率化の行動自体が、自然と自分トレーニングになっている。

これってすごいこと。

アレンジのトップアスリートを目指すっていうイメージを持ってみるのもおもしろいと思うんだな。

アレンジ持ちの人、どう?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジー

「アレンジ持ちの人が、『いっぱいいっぱいだよ』と言いながらも、さささっとスケジュールを組み替えてスキマ時間を生み出していく姿には、感嘆してしまう。アレンジさんの手にかかると、手品のようにいくつもの物事が収まっていく。才能っておもしろい。」

 

アレンジ資質は本当に器用だと思う。

他の資質との組み合わせにもよって、何に器用かは異なったりするけれど、いつも複数の案件を抱えていて、次々とそれを収束させていく。

そう、私の中では “収束” のイメージが強い。

いろんなことがすっぽりと箱に収まっていく感じなんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3