toggle
アレンジ(Arranger)

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能のある人は、とても器用に複数案件を同時処理するし、物事に優劣付けも上手だ。そして、とても現実的な判断をするの人だなとも思う。自分を信じて“手綱を握る”ポジションに着いてみたら、『俺って案外できるな』なんて気がついちゃうかもよ。‬」

 

アレンジ才能って、本当に器用だなと思う。

だからかもしれないけれど、面倒な調整ごとをつい頼まれてしまうことがある。

自分がそこに異議や意味を感じられるならいいのだけれど、もしそうでないなら、ちょっと才能の無駄遣いになってしまっているのかもしれないね。

自分から、何か“手綱を握る”ポジションを狙ってみる。

いいと思うよ。

だって、アレンジ才能があるのだからね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能は組み合わせ上手だ。複数案件を同時に処理したり、チーム編成したり、スケジュール変更したりを苦もなくできる。一方で、あなたのアレンジについていけずに混乱する人がいる。優れているからこそ、ときには周囲に丁寧な説明が必要なんだな。‬」

 

才能はときに人を混乱させる。

あなたのその力に周囲がついていけないのだ。

アレンジ才能が、効率的に物事を進めるために、必要な変更を加えていく。

その変更は確かに理にかなっている。

でも、その変更に混乱する人や、抵抗する人がいる。

たとえ非効率であったとしても、愚直に、真直ぐに進むことで成果を出そうとする人もいる。

だから人ってややこしく、それでいておもしろい。

才能を生かすためには、それを伝える言葉が大切になる。

伝える言葉を磨いていこう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能の活かし方はいろいろだ。人の組み合わせ、タスクの効率化、スケジュールの優先順位漬け…。忙しいはずなのに仕事がスムーズに進んでいる、そんなチームにはアレンジさんがいる。その大きな貢献力はこの才能の魅力だね。‬」

 

アレンジさん、あまり自分からその貢献度をアピールすることはないけれど、本当に頼りになる存在だ。

忙しくなればなるほど、同時に処理しなければいけない案件が増えれば増えるほど、この才能のありがたさが際立ってくる。

器用だなぁ。

さりげなく、でもしっかりとチームに貢献できるこの才能。さすがだね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能の人は、いっぺんにいくつものことを把握していて、それらの手綱を握りつつどうやって効率的に収束させていくかってことを常に繰り返しているんだよ。いわば効率&収束の筋トレを毎日しているんだ。きっと今日も誰かに頼られているよ、彼らは。‬」

 

アレンジ才能の人が手綱を握っている場面をよくみる。

イベントを仕切っていたり、他部門との連携事業を取りまとめていたり。

いろいろと予期せぬことが起こっても、アレンジさんは器用に取り入れていく。

現実的な判断をしながら、手順を組み替えたりして効率的に処理をしていく。

頼られるから、なおのこと才能が磨かれていく。

好循環だね。

 

日常の中で才能を磨ける場面があるかどうかって、とても大事なことだ。

才能を磨く。その環境に身を置いていく。

大事なことだぞ。

 

Unlock the Potentail.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能は器用さがあって、あの件もこの件もその件もいっぺんに回していける。なのに、1つに集中できないんですとか、回しているだけで積み上がってないとか、そんな悩みを持つことがあるようだ。自分(の才能)を認めるって、スタート地点だね。‬」

 

他人からしたら、なんとも羨ましい悩みだ。

素晴らしい才能を持っているのに、違うものを求めている。

そう、他人からは見えるんだよね。

でも本人はなかなか気づかない。

だからこそ、ストレングスファインダーは役に立つ。

なかなか気づかないところを、資質とか才能という視点から名前をつけて「見える化」してくれる。

 

あなたにはアレンジという才能がある。

自分の才能に気づき、それを認めることって、つまりは自分を認めることになる。

認めたところから、大きく踏み出すことができるんだ。

スタート地点に立って、大きく一歩を踏み出したら、そこから見える景色が変わってくるぞ。

Unlock the Potential.

1 2 3 4