toggle
アレンジ(Arranger)

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「とっちらかっているものを、ささっと収めていく。これをずっと繰り返してきたアレンジさんは、混沌の中にあってひときわ輝きを増す。退屈だなって感じる日々が続くなら、自ら混沌へ飛び込んでみるといい。磨かれる、輝く、そしてステージが上がっていく。」

 

アレンジ資質の高い人は、本当に器用だなと思う。

あれもこれも、常に頭の中のどこかにちゃんと意識されていて、

忘れることなく整理されていく。

そんなアレンジさんが、ときどきつまらなそうにしているときがある。

自分でも気づいていないようだけど、その人から鮮度が感じられないときがある。

 

もしかして、定例化されたものばかりに囲まれて、才能が退屈しちゃっているのかな?

 

もし、退屈を感じる日々が続くようなら、何か新しい挑戦へと飛び込むタイミングにきているのかもしれない。

 

自分の才能を退屈させてはいないか?

ときどき自分に聞いてみることって、大切だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「アレンジ資質の高い人は、器用にものごとを収束させていくことができる。とっ散らかってしまった現場に足を踏み入れては、さささっと整理して収束させて去っていく。人に任されるままに浪費するはもったいないから、自分から選んで才能を発揮していこう。」

 

アレンジ資質の高い人が、次々と案件を処理して収束させていく姿をみると、かっこいいなと思う。

とてもスマートだ。

 

どんどん仕事を拡大していく人や、ひたすら要望に応えていくなかで業務をどんどん増やしてしまう人がいる。

その人たちだって、別に仕事を増やしたいわけではないのかもしれないが、結果的にどんどん仕事が増え、みんなが目一杯な状況になっていく。

そして、後任にアレンジさんが着任する。

状況が一気に改善に向かっていく。

 

やっぱり、かっこいいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「いくらアレンジ資質があるからって、効率化の成果が上手く引き出せないときもある。でもその行為自体が、トレーニングになっているんだな。日々繰り返すその行動によって、あなたはアレンジのトップアスリートへと育っていく。自分を信じよう。」

 

アレンジ資質の高い人を見ていると、

「ああ、この人ほんとに効率化したいんだな」と思うことがある。

アレンジ資質が高くない人からすると、こねくり回しているようにしか見えないときもある。

実際に、そういうときもあるかもしれないね。

100%成果につながる効率化とは言えないのかもしれない。

でも、無意識に繰り返していくその効率化の行動自体が、自然と自分トレーニングになっている。

これってすごいこと。

アレンジのトップアスリートを目指すっていうイメージを持ってみるのもおもしろいと思うんだな。

アレンジ持ちの人、どう?

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジー

「アレンジ持ちの人が、『いっぱいいっぱいだよ』と言いながらも、さささっとスケジュールを組み替えてスキマ時間を生み出していく姿には、感嘆してしまう。アレンジさんの手にかかると、手品のようにいくつもの物事が収まっていく。才能っておもしろい。」

 

アレンジ資質は本当に器用だと思う。

他の資質との組み合わせにもよって、何に器用かは異なったりするけれど、いつも複数の案件を抱えていて、次々とそれを収束させていく。

そう、私の中では “収束” のイメージが強い。

いろんなことがすっぽりと箱に収まっていく感じなんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

平然といくつもの案件に気を配り、そして進めていく、とても器用な資質=アレンジについて、今日は掘り下げていきます。

同時進行と全体最適を両立する資質=アレンジ -ストレングスファインダー-

アレンジ資質について、Gallupではこんな定義をしています。

「アレンジという資質を持つ人は、たくさんの要素を構成し管理することができると同時に、一度作り上げた構成にこだわらず、作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。」

 

「たくさんの要素」
「構成し管理する」
「こだわらず」
「柔軟性」
「最高の生産性を実現」

こんなキーワードが並んでいますね。

 

ちなみに、アレンジ資質を私の言葉で説明すると、こうなります。

 

「いっぺんに考える、そして組み合わせる、さらに組み替える資質」

このような得意技を持っている資質です。

 

どうでしょうか。

少しイメージがクリアになりましたでしょうか。

 

では、この資質のすごいところをもう少し深掘りしてみましょう。

 

この資質のすごいところを一つ挙げると、

「効率的にいけるなら、これまでのことにこだわらない。この柔軟性をナチュラルに持っていること」

と言えるでしょう。

 

ぱっぱっぱっと組み替えていく。

 

仕事の予定だって、旅行の行程だって、ときには人と人との組み合わせだって変え(替え)ていく。

そしていくつものパズルを同時に完成させるように、パチっと最適化を図っていく。

 

この柔らかさ、手際の良さは圧巻です。

 

これがアレンジさんのもつすごさです。

 

もし、アレンジを上位お持ちの方で、「いや、そんなにすごくないよ」と思った方がいたとしたら、それはもったいない!

自分の才能を小さく閉じ込めてしまわずに、大きく羽ばたかせてあげてください。
せっかくの才能なのですから。

 

さて。

 

では、ちょっと冷静になって、この資質がうまくいかないときのことにも少し触れておきたいと思います。

 

この資質が困るとき、それを一つ挙げるとすると、

周囲があなたのアレンジ力に付いていけないとき、です。

これ、比較的多いみたいです。

 

アレンジさんにとって、変更することはごく自然なこと。
だって、その方が効率よくなるし、いろんなことがより良くなるわけだから。

 

でも、ちょっとした効率化よりも、一貫性や、安定を好む人って、たくさんいます。

 

ましてや、アレンジさんの変化のスピードが早ければ早いほど、なぜ今変えるのか、どうしてこのままじゃダメなのかを、周囲が理解できない可能性が出てきます。

 

自分の才能によって、周囲が翻弄されてしまう。

 

これはちょっと望ましいとは言えないですね。

 

アレンジさん、ご自身の資質のすごさを認めてあげて、ちょっと周囲に優しくなってあげてください。

アレンジさんのちょっとした説明、解説が、周囲を安心させ、そして賛同を生むことにつながります。

 

今日のところはこのへんで終えたいと思います。

アレンジ資質、いかがでしたでしょうか。

この資質も持つ魅力、伝わってくれたら嬉しいです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3