toggle
アレンジ(Arranger)

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能の人は、いっぺんにいくつものことを把握していて、それらの手綱を握りつつどうやって効率的に収束させていくかってことを常に繰り返しているんだよ。いわば効率&収束の筋トレを毎日しているんだ。きっと今日も誰かに頼られているよ、彼らは。‬」

 

アレンジ才能の人が手綱を握っている場面をよくみる。

イベントを仕切っていたり、他部門との連携事業を取りまとめていたり。

いろいろと予期せぬことが起こっても、アレンジさんは器用に取り入れていく。

現実的な判断をしながら、手順を組み替えたりして効率的に処理をしていく。

頼られるから、なおのこと才能が磨かれていく。

好循環だね。

 

日常の中で才能を磨ける場面があるかどうかって、とても大事なことだ。

才能を磨く。その環境に身を置いていく。

大事なことだぞ。

 

Unlock the Potentail.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能は器用さがあって、あの件もこの件もその件もいっぺんに回していける。なのに、1つに集中できないんですとか、回しているだけで積み上がってないとか、そんな悩みを持つことがあるようだ。自分(の才能)を認めるって、スタート地点だね。‬」

 

他人からしたら、なんとも羨ましい悩みだ。

素晴らしい才能を持っているのに、違うものを求めている。

そう、他人からは見えるんだよね。

でも本人はなかなか気づかない。

だからこそ、ストレングスファインダーは役に立つ。

なかなか気づかないところを、資質とか才能という視点から名前をつけて「見える化」してくれる。

 

あなたにはアレンジという才能がある。

自分の才能に気づき、それを認めることって、つまりは自分を認めることになる。

認めたところから、大きく踏み出すことができるんだ。

スタート地点に立って、大きく一歩を踏み出したら、そこから見える景色が変わってくるぞ。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪私のアレンジ資質は10位にいて、私には常に5つくらいの案件をくるくると掴んだり放ったりして操っている感覚がある。この才能をトップ5に持つ人はすごいんだろうなと思いつつ、微妙に未開拓な才能の扱いを楽しんでいる。才能の開拓ってやっぱり楽しいぞ。」

 

5〜10位くらいの資質って、なんとなく分かるんだけど、微妙に上手く活かせていない、そんな感覚を持つ人も多い。

この、微妙に上手く活かせていない感覚って、実は楽しいものだと私は思う。

あーでもない、こーでもないと試行錯誤ができるからだ。

ときどき、5〜10位の資質にも目を向けてみるといい。

その中にある、あなたにとってのお気に入りの才能を開拓してみるって楽しいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「とっちらかっているものを、ささっと収めていく。これをずっと繰り返してきたアレンジさんは、混沌の中にあってひときわ輝きを増す。退屈だなって感じる日々が続くなら、自ら混沌へ飛び込んでみるといい。磨かれる、輝く、そしてステージが上がっていく。」

 

アレンジ資質の高い人は、本当に器用だなと思う。

あれもこれも、常に頭の中のどこかにちゃんと意識されていて、

忘れることなく整理されていく。

そんなアレンジさんが、ときどきつまらなそうにしているときがある。

自分でも気づいていないようだけど、その人から鮮度が感じられないときがある。

 

もしかして、定例化されたものばかりに囲まれて、才能が退屈しちゃっているのかな?

 

もし、退屈を感じる日々が続くようなら、何か新しい挑戦へと飛び込むタイミングにきているのかもしれない。

 

自分の才能を退屈させてはいないか?

ときどき自分に聞いてみることって、大切だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「アレンジ資質の高い人は、器用にものごとを収束させていくことができる。とっ散らかってしまった現場に足を踏み入れては、さささっと整理して収束させて去っていく。人に任されるままに浪費するはもったいないから、自分から選んで才能を発揮していこう。」

 

アレンジ資質の高い人が、次々と案件を処理して収束させていく姿をみると、かっこいいなと思う。

とてもスマートだ。

 

どんどん仕事を拡大していく人や、ひたすら要望に応えていくなかで業務をどんどん増やしてしまう人がいる。

その人たちだって、別に仕事を増やしたいわけではないのかもしれないが、結果的にどんどん仕事が増え、みんなが目一杯な状況になっていく。

そして、後任にアレンジさんが着任する。

状況が一気に改善に向かっていく。

 

やっぱり、かっこいいぞ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4