toggle
実行力資質群

資質の魅力「達成欲」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 達成欲 ー

「‪『最近頑張れなくて…』と達成欲さんが言う。『昨日はどんな一日だった?』と聞くと、『朝5時に起きて、家の拭き掃除してからご飯とお弁当作って、朝食後に英語やって本ちょっと読んで、支度して出勤して、あ、その前にブログちょっと書いたかな…』‬」

 

達成欲さんの頑張るって、ハードル高いんだねぇ。

私は足元にも及びません…。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「責任感」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 責任感 ー

「‪責任感才能を持つ人だってミスをする。人に迷惑をかけてしまうことだってある。その時の責任感さんは本当に辛そうだ。でも、1つのミスにそこまで深刻になる君の姿に、周囲の信用はますます高まっていくんだ。大丈夫、あなたの才能が枯れることはないよ。‬」

 

責任感という才能がある人がミスをして、人に迷惑をかけてしまう。

そんなときは、自分を厳しく責めてしまうことと思う。

でも、その姿がかえって信用を高めることにつながっていたりするんだ。

不思議なものだね。

ミスをする、しないに関係なく、あなたの“人となり”を周囲は見ている。

だから、そんなあなたこそ、信用したくなるんだな。

だから、もう一度前を向いて進んでいこう。

大丈夫。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 慎重さ ー

「‪見通しが立つと大胆に行動し、そうでないと注意深く予測のアンテナを立てていく慎重さという才能。見通しの有無によってスピードが大きく違うって自分でもわかっているから、ついつい“見える範囲内”にとどまりたくなる。さぁ、外に出て自分の枠を広げよう。‬」

 

この範囲内なら安心してスピードが出せる。

そんな感覚が慎重さ才能には、ある。

わかっているから、スピードの出せる範囲で成果を出していこうとする。

でも、それだけだと、そのうち行き詰ってしまうんだ。

敢えて枠を広げていくことって大事だ。

見通しが立たないところ。

大胆じゃなくてもいい。少し外側のところでもいい。

枠を広げていこう。

慎重さ才能があるんだから、枠を広げていっても大丈夫、対応していけるよ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「目標志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 目標志向 ー

「‪目標志向才能を持つ人を見ていると、“掴み切る力“という言葉が浮かんでくる。選んで動いて掴み切る。最後まで緩めることなくゴールテープを切るその姿は、そうそう真似できるものじゃない。圧倒的なその才能をどう活かすかは、あなた次第だぞ。‬」

 

目標を達成できる人は、「やらないこと」を選択できる人でもある。

多くの人は、その時その時の状況でどんどんブレてしまうものだけど、目標志向の人は違う。

この違いが圧倒的なんだ。

自分の当たり前が、実は圧倒的な才能だったと気づいたとき、それがストレングスの旅の始まりになる。

自分だけの旅に出よう。

おもしろいぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「信念」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 信念 ー

「‪揺るぎない価値観を持つ信念才能。臨機応変なんてへし折ってしまう強さがあるけれど、そこにある高い倫理観がチームで共有されると、“軸となる拠り所を持って真っ当に仕事に打ち込める環境”が出来上がる。そこにはなんとも言えない居心地の良さが生まれるんだ。‬」

 

信念の持つ芯の強さは半端ないものがある。

でも、ただ頑固な厄介者ではなくて、その強さは高い倫理観や道徳観に基づいている。

だからこそ、それがチームに共有され、その価値観が軸となったとき、そこには高いエンゲージメントが生まれてくる。

「自分は真っ当な仕事に取り組んでいる」と思えること。

これってとても心地よいものだ。

信念才能が持つリーダーシップには、チームを一枚岩にする力があるぞ。

 

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 25