toggle
実行力資質群

資質の魅力「信念」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 信念 ー

「‪信念はとても芯の強い才能だから、人と思いっきりぶつかることがある。でも、自身の持つ芯を大切にしたいのであって、相手に勝ちたいわけでも、マウントしたいわけでもないんだ。スタンスも一貫しいるから、信頼される人になる。信念さんから学ぶことって多いね。‬」

 

信念さんと一緒にいると、学ぶことが多いなって思うんだ。

何を大切にしているかがはっきりしているから、そこについての判断のブレがない。

一緒にいると、「きっと信念さんだったらこう判断するだろうな」っていうのが想像できるから、先にやりとりをイメージしてから話をすることもできるようになる。

そして、その判断は私利私欲とは無縁のものだから、一緒についていくこと自体が心地よい。

信念さんといるとね、自然と心の背筋が伸びるんだ。

実行力に分類される信念さんだけど、その影響力もあなどれないね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪重要度を縦軸に、緊急度を横軸にしたマトリクス図ってあるけれど、アレンジ才能の人はこれを体内に持っているんじゃないかと思うんだ。たくさんの予定や業務、調整ごとを、マトリクス図の中に次々配置しながら処理していく。器用さに優れた才能だね。‬」

 

つぎつぎと予定が入ってくる。

それを、重要度と緊急度から判定して、マトリクス図に落とし込んでいく。

最も効率的になるように、一度落とし込んだものも、必要に応じて入れ替えていく。

器用な才能だなぁ。

こんなことをやりたくたって、できない人は大勢いる。

その器用さを、どうやって具体的な成果へとつなげていくか。その一点に集中すれば、あなたのアレンジは最高の輝きを見せてくれるね。

手を抜くためだけのアレンジじゃなくて、成果を確実にモノにするためのアレンジだ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「達成欲」 〜ストレングスファインダー 〜

ー 達成欲 ー

「‪仕事が始まり、相変わらずやることを片っ端から片付けていく達成欲さん。なのに、『あぁ、やることが終わらない。もうちょっと自分に力があれば!』なんて言っている。他人の何倍動けても、物足りるかどうかは本人次第だね。こっちは付いていくのがやっとだぞ(笑)‬」

 

達成欲は、とても分かりやすい才能の一つだ。

とにかくよく動く。

それが目に見えるから、周囲にとって分かりやすい。

でもこれが自分のこととなると、意外と分からなかったりするんだな。

こんなに動いて、こんなに次々と完了させているのに、自分にもっと力が欲しいって思う達成欲さんがいる。

その向上心は素晴らしいから、そのままでもいいけれど、もし自分を苦しめてしまうようではちょっともったいない。

才能だからね。

自分の才能を、認めて誉めて、伸ばしていこう。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「目標志向」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 目標志向 ー

「‪目標志向さんが夢中になって何かに取り組んでいるときの姿はかっこいい。自分で選んで、自分で段取りして、自分で達成していく。『そっちばかりじゃなくて、こっちもやらなければならないぞ』なんて忠告する人もいるけれど、私は応援してあげたいな。‬」

 

仕事をしていると、バランスが求められる場合も多くある。

目標志向さんが一点集中で取り組んでいると、そこに待ったをかける人が出てくることもしばしばだ。

「こっちはバランス取ってやっているんだから、お前も一つのことばかりじゃなくて、バランス取れよ」っていう場合だ。

それを言わなきゃいけない場面もあるよね。

それは、わかる。

でも、できるだけ「俺がバランス取っておくから、お前はそっちでしっかり成果を出せよ」って言ってあげたいものだね。

「そのかわり、そっちで成果を出した後には、こっちのフォローも頼むぞ」なんてね。

頼り頼られる関係がある、そんなチームでいられたら最高だ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「慎重さ」 〜ストレングスファインダー 〜

ー 慎重さ ー

「‪『これ、やっといて』と言われて、何も見通せなくて慎重さ才能がフリーズする。見通せないとリスクの予測も働かないからだ。でも待てよ。そこまでリスクに敏感になる案件でもないぞと思い直してフリーズした才能を溶かしていく。緩めることも才能の磨き方だ。‬」

 

ちゃんとやりたい、やりきりたい。

そんな強い欲求が、慎重さ才能にはある。

だから、他人から急に頼まれて、何も見通せない状況になると、つい才能がフリーズする。

そんな、つい拒否反応が出てしまったときに、その反応を緩める術を持っておくことも有用だ。

果たして、拒否し続けるほど、リスクを恐れなければならないほどの重要な案件なのだろうか?

もし、そこまでリスクに敏感にならなくてもよいかもね、なんて思えたら、フリーズした才能を緩めてあげてもいいだろう。

緩めることも才能磨きの大事なスキルだね。

 

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 30