toggle
人間関係構築力資質群

資質の魅力-catchy phrase-(目標志向と適応性)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「目標志向と適応性」

 

週末の仕事帰り、同僚の目標志向さんと適応性さんが一緒に歩いてた。

 

適「俺は目標を立てるっていうのが下手なんだよね。いいな、目標志向さんは。」

目「ふーん。でもさ、適応性さんて、『どうせ未来は変わっていくもの』って思っているんでしょ?」

適「うん。」

目「そう思っているんだったら、目標なんて立てなくってもいいんじゃない?」

目「俺のほうは結構行動に波があってさ、いつも柔軟に動ける適応性さんがうらやましいよ。」

適「どうゆうこと?」

目「目標が定まるぶん、視野が狭くなったりするし、目標を達成するとしばらく何にもする気が起きなくなったりしちゃうんだよね。」

 

あなたは自分に無いものに憧れますか?

無いものに憧れるのもいいけれど、同じくらい有るものも見てあげてくださいね。

自分の大切な資質ですから。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(ポジティブと着想)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ポジティブと着想」

週末の仕事帰り、同僚のポジティブさんと着想さんが一緒に歩いてた。

この二人、どちらも執着しないところが良く似てる。

 

ちょっとくらい不安があっても、

「ま、なんとかなる。」

と明るい方向に視点を向けるポジティブさん。

 

「あ、これ面白い!」

と言いながら、時に愉快な、時に突拍子もない発想を次々と思い浮かべる着想さん。

 

こんな二人がいる職場って、面白いこと間違いなし。

反省よりも次のこと。執着よりも新展開。

今日も二人で新しいアイデアに盛り上がってる。

分析思考が高めな私はちょっと不安があるんだけどね…。

 

自分の枠を超えさせてくれる仲間って大切です。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(自己確信と調和性)<週末の仕事帰りシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自己確信と調和性」

 

週末の仕事帰り、同僚の自己確信さんと調和性さんが一緒に歩いてた。

 

自「調和性さんの資質ってさ、合意点を探して場をまとめるんだよね?」

自「ということはさ、俺の自己確信資質って、結構迷惑かけているんじゃない?」

 

調「ははは。そうとも言うね。」

調「確かに、自己確信さんの主張と他の人の考えをどうまとめるか苦労することもあるよ。」

 

自「やっぱりそうか。でも俺の判断は筋が通っているんだけどな。」

 

調「だね。だからさ、自己確信さんがスパッと発言したときに場の雰囲気がピリッとまとまるときもあって、そのときは素直にすげーなって思うんだ。」

調「一瞬で場をまとめる強さっていうのには憧れもあるよ。」

 

自「そっか、それは嬉しいね。」

 

調「ま、自分の資質で上手くいくときもあれば、いかないときもある。そのくらい資質とのいい距離感を持っていられればいいんじゃないかな。」

 

自「距離感か、確かにそうだな。」

 

お互いの資質(才能)を知ることができると、こんな会話が生まれてくる。

これってとっても居心地がいいものだと思いませんか?

ストレングスファインダーを上手く活用できると、こんな居心地のよいチームができあがる。

 

試してみる価値、あります。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(個別化)<研修シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201609151

「個別化」

ストレングスファインダーの資質を理解するっていうテーマで研修を開催したんだ。

資質の1つひとつを取り上げて、

参加者とのキャッチボールをしながら理解を深めていく。

 

今日の参加者の中には、個別化さんがいた。

 

研修をしていて、どうも個別化さんが不満げにしている。

他の人たちが資質の魅力にどんどん惹き込まれているのに、個別化さんだけは浮かない顔。

 

その理由は研修の後の懇親会で判明したよ。

 

個別化さんがつぶやいた。

「どうもストレングスファインダーって、人を34の枠にはめこんでしまう気がするんです」

「人って、もっと1人ひとり違っていて、そんな34の枠なんかで説明しきれないと思うんです」

 

あー、なるほど。

用意された34個の箱に、人をはめ込んでいくように感じていたんだね。

確かに、人が過去に感じたこと、やったこと、思ったことを資質という視点から理解するためには、箱に入れていくようなやり方もあるかもしれない。

 

でもね、資質というものは、例えば同じ最上志向という名称だったとしても、全く同じものではないんだよ。

資質をツールに例えるならば、同じハンマーという名称だったとしても、世の中にはいろんな形状や重さを持ったハンマーがある。

そしてハンマーは“叩く”ことに強みがあって、切ったり貼ったりなぞったりすることは得意じゃない。

それと同じこと。

 

最上志向という資質の中にもいろんな特徴を持った“最上志向”がいるんだよ。

 

「1人ひとりは違うもの、だからそれが面白い」

 

そんな感覚を持っている個別化さんならではの視点も魅力的だな。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(ポジティブ)<視察の写真シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201608241

「ポジティブ」

ポジティブさんと一緒に視察に行ったんだ。

持ち回りのイベントで、次の開催は私たちが担当する。

次回のために、2人で記録写真を撮ってきた。

 

帰ってきて、ポジティブさんの撮った写真を見せてもらったら、とっても上手に撮れていて、

なんだか私の写真が恥ずかしくなってしまったよ。

 

そんな私の雰囲気を察知したポジティブさん、

私の写真のいいところを見つけて褒めてくれるんだ。

 

「いい写真いっぱいあるじゃない」なんて言ってくれる。

 

最後はおきまりの口ぐせ、

「大丈夫」

も言ってくれたよ。

 

ポジティブアプローチが得意なポジティブさん、

やっぱりこの人の存在はありがたいよね。

今日もその「大丈夫」の一言を

ありがたくちょうだいしておくよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13