toggle
人間関係構築力資質群

資質で何ができるかではなく、資質をどう活かすかという感覚が大切(世界卓球2016から、選手の資質とその活かし方を予想。第二弾は福原愛選手)〜ストレングスファインダー〜

世界卓球2016が終わりました。
いやぁ、楽しかったです。
選手の個性と技術、メンタル力の高さにしびれました。
結果は男女とも準優勝、銀メダルです。
選手のみなさま、刺激と感動をありがとうございました。

さて、
世界卓球で大活躍した伊藤美誠選手の上位資質予想とその活かし方を先日書いてみました。
せっかくなので、今日は第二弾として福原愛選手を予想してみたいと思います。
(3人の資質のイメージは画面を通して表面に見えることだけから予想していますので、実際とは違うかもしれません。その意味で少しお遊び感覚で楽しんでいただければと思います。)

福原愛選手は最上志向、責任感、共感性、親密性、内省

福原選手のコメントやプレースタイルから、彼女の行動力の源泉として2つの実行力資質を挙げてみました。
どこまでも満足することなく磨き続ける最上志向。
そして自分に与えられた責任を果たすことに全精力を使い果たす責任感。

今回はキャプテンとして臨んだ大会です。
そこでは勝つということだけれはなく、チームの柱としての存在、他の選手の鏡となる存在というものも彼女のキャプテン像にあったように感じました。
これが「自分の責任」としてひとたびセットされたら、あとはとことんその役割を果たそうとする。
そんな強さが素晴らしいなと思いましたし、その結果、実際に他のメンバーが彼女の元に1つにまとまったのだと思います。

そしてもう1つ、人間関係資質が強そうだなと感じ、その資質に共感性と親密性を挙げました。
人間関係資質は、主体が自分ではなく相手である、という特徴があるとこれまでの経験から私は感じています。

「チームメンバーが頑張っているから私も頑張る。」
「チームメンバーが迷っているから声をかけて励ます」

特に相手の感情を肌感覚で理解することができる共感性と、仲間をとことん大切にし、誠実に接していく親密性は、福原選手の中でとても高い資質のように感じました。
この2つの資質が彼女の魅力と人望を集めることにつながっていると思います。

そして、自分の内側で思考をめぐらす内省の存在も高そうです。

最上志向を目指すばかりに内省が止まらなくなれば、ついつい自滅してしまう。
責任感や親密性を意識しすぎて内省がぐるぐるしてしまうと、ついつい力んでしまう。
福原選手のうまくいかないとき、そのときはこの内省がいたずらをしているのかも、と想像します。

内省がほどよいところで止まり、「あとは自分を信じてやるだけだ」と心がシンプルになったときほど実力を発揮する。

内省が他の資質のアクセルを踏むのか、ブレーキをかけるのか、そこが1つの鍵になっているように感じました。

福原選手はストレングスファインダーの存在を知らないのでしょう、きっと。
でも、卓球競技に打ち込み、試行錯誤を繰り返す中で、自分の資質にあったプレースタイルを確立し、人間的な魅力も身につけてきたのではないかなと思います。
まだまだ上を目指して自分磨きを続けていってほしいですね。
私も陰ながら彼女を応援したいと思います。

今回の予想は外れているかもしれませんが、読んでいただいた方にとって、今日取り上げたそれぞれの資質の活かし方のヒントになれば、この記事は価値があると言えると思います。

みなさんもご自分の資質をどんどん活かしていきましょう。

Unlock Your Potential !

適応性は「今」を積み重ねて未来へ進む〜ストレングスファインダー〜

ストレングスファインダーの34資質の中から、今日(2016年2月23日)は「適応性」を取り上げます。

柔軟な適応性は「今」が好き

適応性資質は、そのときそのときの置かれた状況に柔軟に適応したり、周囲の人たちに柔軟に合わせたりができる資質だと言われています。
柔軟であることに優れている一方で、一貫性がない、などと言われてしまうこともある資質です。

適応性資質を持っている方と話をしているときに時々出てくる言葉に、
「どうも目標設定してそれをクリアすることができない」
「目標設定したつもりが、どんどん違うところに進んでいってしまう」
といったものがあります。

それもそのはず、適応性資質は「今」に意識が向く資質だから、あらかじめ固定化された未来にたどり着く資質ではないのです。

「どうせ未来は変わると思っている」

そんな価値観が根っこにあるから、目標設定して一直線にまい進することには無理が生じてしまいます。

良質な「今」をどんどん積み重ねて未来を素敵にすればいい

適応性資質は「今」に意識が向く、これは素晴らしい才能です。
だからどんどんそれを磨けばいい。

つまり、「今」が良質なものとなるように意識して自分の日常を磨いていく。
その繰り返しが未来へとつながっていって、結果的に素敵な未来へと到達することができる。
適応性資質を上位に持っている方はそれでいいのだと思います。

無理矢理高らかな目標を設定したり、過去を振り返って自分の軸を探そうとしたりしなくてもいいんです。
他の資質との掛け合わせによって、同じ適応性資質持ちの方でも違いは出てくると思いますが、いずれにしても自分に合わないことはしなくていい。

せっかく「今」を柔軟に高めていくことができる資質なのだから、それを磨いていくことを強くおすすめしたいと思います。

適応性資質が上位の方、「今」を大切にしていますか?

Unlock Your Potential.

親密性は「誠実さ」を売りにしよう〜ストレングスファインダー〜

2016年2月21日(日)、今日はストレングスファインダー34資質の中から、親密性という資質を取り上げます。

「親密性」はただの人見知りなのでしょうか?

親密性という資質は、相手との距離感に敏感な資質です。
それも、「私に近い人」、「私から遠い人」という2極で捉えがちでもあります。

「私に近い人」とは、相手のことを私もちゃんと理解しているし、私のことをちゃんと分かってくれている人のことです。
だから余計な気を使わなくてもいいし、一緒にいるときに会話がなくたって大丈夫な人だったりもします。

「私から遠い人」は反対に、私が相手のことをまだちゃんと理解できていないし、相手も私のことをちゃんと理解してくれていない(と私が思っている)人のことです。
だからなかなか気を許せないし、心理的な壁を勝手に作ってしまいます。

よく例に出すのが「知り合いの少ない立食パーティ」の場面。

親密性が上位にあると、「知り合いが少ない」という時点で固くなります。
会場では無駄に気配を消そうとしている自分に気が付くことも。
そして知り合いに気が付くと、とりあえずその人に近づきます。
(これと全く逆な反応をするのが社交性資質を上位に持つ人ですね。)

そんな親密性、たしかに人見知り…と言えます。
でもそのひと言で片付けてしまうのはもったいない資質です。

「私はあなたを大切にします。」と言い切れる親密性資質

親密性は、相手を一旦「私に近い人」と思ったら、その人を自然と大切にしようとします。
自分と距離が近い人を裏切る自分でいたくない。だから相手を大切にします。
この感覚が親密性の最大の才能と言うことができます。

自分が敢えて意識しなくても(近い)人を大切にしてしまう資質、ではこれをどうやって強みとして活かしていきましょうか。

「私を信じてくれれば、私は誠実さをもってあなたを大切にします。」と言い切ってみよう。

「私を信じてくれれば、私は誠実さをもってあなたを大切にします。」という言葉は、親密性にとってのキーフレーズだと私は思っています。

私を信じるかどうかは相手の心の持ちよう次第です。
だからそのまま素直に相手に判断を委ねてしまう。

そして、相手が私を信じて、私の近い人になってくるならば、私は資質を活かして自然とあなたを大切にします、ということになります。
そこに「誠実さ」という言葉を使ってみる。
自分に「誠実さ」ということばを使えるかどうかは、資質を信じるかどうかにかかっています。

あなたは自分の資質を信じて活かしますか?
活かしてみる価値、あると思いますよ。

Unlock Your Potential.

ストレングスファインダーの個別化×達成欲で、サービスをとことん相手に合わせてカスタマイズすることができる。〜ものくろさんの資質の活かし方を見て〜

ものくろさんの「WordPress ブログスタートアップ講座」に参加

2016年2月11日、ものくろさんの「WordPress ブログスタートアップ講座」に参加しました。そしてこのブログをスタートさせたのですが、そのときにものくろさんが上位に持っている資質を上手に活かしていることに気が付いたので、今日はそのことに触れます。

ものくろさんについて→「ものくろぼっくす」

走り続ける達成欲という資質。そこに一人ひとりに個別アプローチができる個別化という資質が合わさると、とことんパーソナライズされたサービスができあがる。

達成欲を自分のためだけに使ってしまい、走り続けられるという才能を当たり前のこととして相手に同じことを求めてしまうと、これは大変なことになります。
上司が達成欲を持っていたばっかりに、部下がみんな疲弊していってしまう。
そんな話をちらほらと聞くことがあります。

でも、その才能を人のために使ったらどうなる?

これを体現しているのがものくろさんでした。
圧倒的な達成欲のパワーで、参加者全員をゴールまで運んでいってくれました。

ただゴールに運ぶだけではない。そこに一人ひとりの満足感が生まれている。

ものくろさんが素晴らしいなと思ったのは、ただみんなを「ブログ開設」というゴールに連れて行くだけではなかったことです。

ここに個別化という資質を活かし、目的もPC環境も基礎知識も異なる参加者一人ひとりに異なったアプローチをし続け、全員を納得感のあるゴールへと連れて行ってくれました。
個別化は、一人ひとりの ”違い” を、まるで色とりどりなグラデーションを見るかように見極めることができる資質、人の違いに関心のアンテナが立つ資質です。
「Aさんにはここまで丁寧に噛み砕いて説明し」、
「Bさんには要点だけにとどめ」、
「Cさんには感情的にめげないように応援の言葉を入れる」。
ものくろさんは、講座の間中ずっと、このような変化に富んだアプローチを自然と繰り出していました。

資質を磨いて強みにすれば、圧倒的なパフォーマンスに結びつけることができる。

この日のものくろさんの講座は、参加者11人の満足度がものすごく高かった。
「WordPress ブログスタートアップ講座」
それもそのはず、ですね。

私も個別化という資質を上位に持っています。
でも達成欲はありません。

資質を掛け合わせて使うことでその人の強みがより圧倒的なものになる。

そんなことを感じさせてくれた、この講座でした。

ブログの花を咲かせるよ

おかげで私も世界に自分の花を咲かせる準備ができあがりました。

ものくろさん、ありがとうございました。

そして、あなたはどのようにご自身を活かしていきますか?
Unlock Your Potential.

1 9 10 11 12 13