toggle
適応性(Adaptability)

資質の魅力-catchy phrase-(適応性)<視察の写真シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201608171

「適応性」

適応性さんと一緒に視察に行ったんだ。

持ち回りのイベントで、次の開催は私たちが担当する。

次回のために、2人で記録写真を撮ってきた。

 

帰ってきて、適応性さんの撮った写真を見てみたところ、イベントの途中の記録がすっぽり抜けていたんだ。

 

なんでかって聞いてみたらね、

 

「なんだか運営スタッフがあたふたしていたんですよ」

「それでね、手伝いましょうか?って聞いてみたらぜひって言うものだから」

「仕事が落ち着くまで手伝っていたんですよ」

「写真はその間撮れなかったけれど、私自身の経験として残りましたから、いいですよね?」

という適応性さん。

 

たしかに、記録写真よりも生の経験のほうが役に立ちそうだね。

 

このあたり、臨機応変な適応性さんの良さだなぁ。

 

私も見習って頭の中を柔らかくしよう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(規律性、適応性、学習欲):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606261

「規律性、適応性、学習欲」

規律性さん、適応性さん、学習欲さんがいましたよ。
3人とも口ぐせで「大丈夫」と言うのだけれども、どうもその意味するところが違っているみたい。

 

規律性さんの「大丈夫」は、すでにその結果に向けた取組みが習慣化しているから、今から何か特別なことなんてしなくてもゴールにたどり着ける感触を得ているからこその発言だったりする。

適応性さんの「大丈夫」は、まぁなんとかなる。なんともならなかったらその時はそのときでやりようはある、結果は異なったとしても、きっとやっただけのことはあるよ、先のことは誰にもわからないから、という柔軟さが含まれていたりする。

学習欲さんの「大丈夫」は、結果について自信があるわけではないけれど、今なら結果にたどり着くための学ぶ時間が確保できるから、ちょうどそこの知識を得たいと思っていたから、せっかくだから学んでみよう、なんて前向きな気持ちに包まれていたりする。

 

あなたが最近「大丈夫」と発言した時、そこには何が見えていましたか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

 

資質の魅力-catchy phrase-(目標志向、適応性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606181

「目標志向、適応性」

 

ちょっと教えて欲しいんだ。

目標志向と適応性とは、どんな違いがあるんだろう?

そうだねえ。

こんな例えはどうだろう。

美味しい料理の好きな適応性さんと目標志向さんがいたとする。

でもその楽しみ方は違っている。

適応性さんは、旅行に行った先々での美味しい料理を食べるのが好き。

そしてどんなレストランに入るのかは行った先で決めていく。

人の勧めるレストランに行ってみる、なんてこともよくあること。

だから、どんな料理を食べるかなんて行ってみないとわからないと思っている。

 

一方の目標志向さんは食べたいものをあらかじめ決めていく。

はじめに美味しいステーキを食べたいと強く思う。

ステーキを食べるなら私はこのレストランに行きたいと決めていく。

そのレストランに行くために、そこのステーキを食べるために旅行に行く。

美味しい料理を食べるという結果は同じなんだけれど、

そこへのアプローチは大きく違う。

それが資質の面白いところ。

あなたはどんなアプローチが好みだろう。

そこ探ると自分の強みが見えてくる。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(適応性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)IMG_4656

「適応性」

今年ももう5月だねぇ。
そういえば今年の目標ってどんな内容にした?

なんて話をしているところに登場した適応性さん、
「いや、私目標なんて立ててないよ」
「だって目標立てたってどうせ変わるでしょ」

さすが適応性さん。
視点が「今」にフォーカスしてますね…。

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

適応性は「今」を積み重ねて未来へ進む〜ストレングスファインダー〜

ストレングスファインダーの34資質の中から、今日(2016年2月23日)は「適応性」を取り上げます。

柔軟な適応性は「今」が好き

適応性資質は、そのときそのときの置かれた状況に柔軟に適応したり、周囲の人たちに柔軟に合わせたりができる資質だと言われています。
柔軟であることに優れている一方で、一貫性がない、などと言われてしまうこともある資質です。

適応性資質を持っている方と話をしているときに時々出てくる言葉に、
「どうも目標設定してそれをクリアすることができない」
「目標設定したつもりが、どんどん違うところに進んでいってしまう」
といったものがあります。

それもそのはず、適応性資質は「今」に意識が向く資質だから、あらかじめ固定化された未来にたどり着く資質ではないのです。

「どうせ未来は変わると思っている」

そんな価値観が根っこにあるから、目標設定して一直線にまい進することには無理が生じてしまいます。

良質な「今」をどんどん積み重ねて未来を素敵にすればいい

適応性資質は「今」に意識が向く、これは素晴らしい才能です。
だからどんどんそれを磨けばいい。

つまり、「今」が良質なものとなるように意識して自分の日常を磨いていく。
その繰り返しが未来へとつながっていって、結果的に素敵な未来へと到達することができる。
適応性資質を上位に持っている方はそれでいいのだと思います。

無理矢理高らかな目標を設定したり、過去を振り返って自分の軸を探そうとしたりしなくてもいいんです。
他の資質との掛け合わせによって、同じ適応性資質持ちの方でも違いは出てくると思いますが、いずれにしても自分に合わないことはしなくていい。

せっかく「今」を柔軟に高めていくことができる資質なのだから、それを磨いていくことを強くおすすめしたいと思います。

適応性資質が上位の方、「今」を大切にしていますか?

Unlock Your Potential.

1 2