toggle
適応性(Adaptability)

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 適応性 ー

「‪『生き生きとした表情の人っていいですよね、私もそうなりたいな。』と適応性の人が言う。過度に未来を憂うことなく、過去にとらわれ過ぎることなく、目の前のことからちっちゃな幸せを見つけて笑顔になる。適応性さん、あなたもなれるんじゃないかな? ‬」

 

生き生きとした表情の人って輝いて見えるし、そんな人の周りには魅力的な人が集まってくるように感じる。

私たちも仲間に入りたいと思う。

そうであれば、自分自身が生き生きとした表情を手に入れていくことが早そうだ。

あなたが適応性持ちならば、やっぱり着目すべきは「今、目の前のこと」だろう。

そこからちっちゃくていい、幸せのタネを探していこう。

当たり前の幸せもでいい。

「あ、見つけた!」なんて瞬間があれば、そのときすでに、あなたの表情は生き生きとしているばずだ。

その繰り返し。その繰り返し。

気がついたら、周りに魅力的な人が集まってきていた、なんて最高だね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 適応性 ー

「適応性の人から『いろいろ対応している間にとっちらかってしまって、どこに向かっているんだかわからなくなることがあります』という話を受けることがある。何を優先するか、少し幅をもたせた目標を1〜3つ書いて時々見るといいみたい。幅の広さがポイントね。」

 

柔軟さがウリの適応性だけど、「対応可能」のランプをつけっぱなしにしていると、手が広がりすぎてとっちらかっていくことがある。

相手からしてみれば、頼めばやってくれる人というもは頼もしいかぎりなのだけれども、それで本人が辛くなってしまってはもったいない。

そんなときには、大まかな優先事項を書き出しておくといいみたいだ。

ただし、気をつけなくてはいけないこと、それは自分が適応性持ちだとちゃんと理解すること。

適応性が強みにもかかわらず、がんじがらめな目標を書き出しても、そこに収まるわけがない。

柔軟に、多方面に対応しながらも、大まかには自分の目標方向に向かっている。

そのような感覚を大切にして、自分を締め付けないように気をつけよう。

自分に優しく、自分の才能に優しくね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 適応性 ー

「計画立ててもさ、その通りにはいかないものだよねって、始めからそう思えているから、適応性の人は変化にも柔らかく対応していくことができる。同じ景色の一本道より、いろんな景色の変化に富んだ道が面白い。そう思えたら、適応性の人生は面白くなる。」

 

はじめっから変化することが想定されているから、何かあってもスマートに対応していくことができる。

それが適応性さんの才能だ。

一度しかない自分の人生だからこそ、変化を楽しむ彩り豊かな日々がいい。

そう思えるなら、適応性という資質を大切に生かしていくのがいい。

変化に飛び込み、変化の波に乗り、変化を楽しむ。

自分の才能を信じて、とことんまでやってみるのもありだよ。

 

才能っておもしろいですね。

unlock the Potential.

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 適応性ー

「‪適応性の人が『新年くらい目標を立てようと思うけれど、上手く立てられたことがなくて…』と言う。そのまんまでいいんじゃないかな。いろいろ柔軟に対応していく中で、あなたの土壌が豊富で多様な養分を蓄えていく。それも魅力的だと思うんだな。‬」

 

ないものねだり、したくなるよね。

その気持ちもとてもわかる、というより私もそれは同じ。

でも、そこから「いやいや、ちょっと待て」と思ってみる。

私には私の才能がある。

せめて自分の持っているものを使ってから、ないものねだりしよう。

そう思い直すだけで、変化が始まる。

変化を起こすきっかけを、ストレングスファインダーは与えてくれるんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(適応性、調和性、戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

適応性、調和性、戦略性

 

怒っている人がいる。

 

どうやらせっかく軌道に乗りかけたプロジェクトがあったのに、上司の一言で大幅な方向転換を強いられることになってしまったらしい。

怒りがおさまらないから、後輩の適応性くんに愚痴をこぼした。

そしたら適応性くん、

「方向転換してもいいんじゃないですか。」

なんて言い出した。

「だってまだプロジェクトのスタートまで半年あるし、きっとまたそのうち変更が出てきますって。そういうもんですよ。」

なんて言っている。

これじゃぁどっちが先輩だか分からないじゃないか。

 

どうにも腹の虫がおさまらないから、家で妻に愚痴をこぼした。

そしたら調和性な妻がこういった。

「あら、方向転換してもいいんじゃないの?」

え? キミもそう言うの?

「だって、どっちがどうだなんて言い合っている暇があるんだったら、さっさと方向転換してプロジェクトを前に進ませてしまったほうがいいじゃない。」

まぁ、それはそうなんですけれどもね…。

 

なんだか誰か自分の理解者が欲しくって、以前お世話になった先輩に相談することにした。

そしたら先輩、

「大丈夫だよ、方向転換したって。」

え? そうっすか…。

「俺の戦略性によるとだな。方向転換したって最終的に同じところに行き着くよ、大丈夫。」

は、はい。

 

なんだかみんなおんなじことを言っているような、違っているような…。

ま、でもとりあえずおとなしく方向転換してみるか。

 

私の心、誰か満たしてくれないかなぁ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3