toggle
運命思考(Connectedness)

資質の魅力「運命思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪運命思考才能のある人は、自然の中に身を委ねることが最高の充電になるという。木々に囲まれ、全てのものにつながりを感じ、身も心も自然と一体化する。私もあなたも、この大きな自然の中でつながっている。だから争う必要なんてないんだよね。‬」

 

運命思考はユニークな才能だなと思う。

運命思考の人と話をしているだけで、自分が小さなものに囚われていることに気付かされたりする。

自分の核(天守閣)を守るために城壁やらお濠やらをせっせと築いてしまう人がいる中で、運命思考さんにはそういった感覚がないようだ。

大きく、広く、自然体。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「運命思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪運命思考才能の高い人から、否定の言葉ってほとんど聞いたことがない。たとえ頭の中に疑問が浮かんでも、一旦は『そういうものなのかな』と言って受け止める。突っぱねるという表現が最もそぐわない才能だね。その安心感が穏やかさをもたらすんだな。‬」

 

力む、こだわる、むきになる。

人と人が集まると、そこに感情の波風が立つことがある。

そんなところに運命思考さんが入っていくと、その波風が穏やかになっていく。

運命思考さんが何か特別なことをしているわけじゃない。

ただそこにいて、自分らしく振舞っているだけだ。

それでも人はそこに安心を感じて、力みから解放されて、穏やかになっていく。

なかなかすごい才能だね。

 

Unlock the `Potential.

資質の魅力「運命思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪運命思考才能の人が口に出す『あぁ、そうなんだねぇ』の一言が心地よい。理屈が理解できるかどうか、感情的に納得できるかどうか、そんな聞き手のこだわりが幅を効かせると話し手は窮屈になる。まるっと受け止める、この才能の魅力はなかなかのものだぞ。‬」

 

聞き手が優位に立っている会話というのを、ときどき目にすることがある。

そんなとき、話し手はなんとも窮屈そうだ。

頭の中をフル回転させながら、どうやったら聞き手に理解してもらえるだろうと奮闘している。

そのうち、「そこまでして理解してもらわなくてもいいや」ってあきらめてしまったりする。

ちょっと話したかっただけなのに…なんて、話したことを後悔することもしばしばだ。

こんな場面を目にすると、運命思考才能の人の存在を思い出す。

まずは、相手のことをまるっと受け止める。

一旦受け止めてから、次を考える。

そんな運命思考さんの前では、話し手が生き生きとする。

そこでは心地よい会話が進んでいく。

運命思考、なんとも魅力的な才能だ。

 

Unlock the Potentail.

資質の魅力「運命思考」〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪写真展の展示作品を観ながらふと考えた。運営思考の人が自然と向き合い感じたそのままを描写したら、どれだけ観る者の心を打つ作品になるだろうと。あるものをそのままに受け止める力の清らかさ、その才能を発揮する場面はいろんなところにありそうだ。‬」

あなたにも、私にもは才能がある。

その発揮の仕方、活かし方は本当にさまざまだ。

自分らしい才能の活かし方を見つけていくことが、ストレングスの旅。

この旅はきっとおもしろいぞ。

Unlock the Potential.

資質の魅力「運命思考」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 運命思考 ー

「‪旅に出て宿に泊まる。新しいお店に入ってみる。そんなとき、とても自然に、まるで旧知の仲であるかのように私を受け入れてくれる従業員の方がいる。私はそこに運命思考の資質を感じ、その心地よさを味わう。どんなサービスもこの才能にはかなわないのだ。‬」

 

旅先で出会う人が素敵だと、旅自体の思い出がぐんと素晴らしいものになる。

ずっとずっと心に残る思い出になるのだ。

運命思考の人が旅人に与える影響はとてつもなく大きなものだと思う。

その地にまたいくことがあったとき、きっと旅人はあなたのことを探すだろう。

もう一度会いたいな、そう思うことだろう。

運命思考、ステキな才能だ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3