toggle
調和性(Harmony)

資質の魅力「調和性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 調和性 ー

「‪場を制する強い発言をする人がいる。会議の雰囲気が固くなり、主催者の真意は伝わらず、時間だけが流れていく。そこへ調和性の人が『そろそろ前に進みませんか?』と一言投げかける。氷を溶かす湯水のようだ。必要なら前に出る。それが調和性という才能だ。‬」

 

黙っているだけじゃない。

頷いているだけじゃない。

必要とあれば前に出る。

そして物事を前進させていく。

それが調和性という才能の持つ力だ。

臆することなく自分の力を発揮していこう。

前に出る経験が、あなたの特異な才能を磨いていく。

 

 

Unlock the Potentail.

資質の魅力「調和性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 調和性 ー

「‪調和性は物事を前進させる力を持つ才能だ。周りの意見を尊重するのも大の得意だ。でも、もし自分の意見をぐっと抑えてしまっているとしたら、それはもったいない。自分の意見も出しつつ合意を図っていく。それだってできるはずだ。調和性才能があるのだから。‬」

 

自分の強みを活かそうと持って、自分を抑えてしまう。

文章にすると少し滑稽だが、実際はよくあることだ。

強みを活かすために、別のことを我慢してしまう、とか。

それはちょっともったいないよね。

あなたには思い当たるところがあるかな?

 

Unlock the. Potential.

資質の魅力「調和性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 調和性 ー

「‪調和性のあなたが説明会を開催する。頑張って準備して伝えるも、多くの意見や質問が出て場が荒れてしまうことがある。それでも立ち続け、意見に耳を傾け、質問に答えていく。大丈夫。あなたなら乗り越えられる。あなたにはその才能がある。信じよう。‬」

 

他人の意見を聞き、それを取り入れながら全体最適を図っていく。

それが調和性資質という才能だ。

あなたに調和性資質があるならば、少しくらい場が荒れても大丈夫だ。いや、大きく荒れても大丈夫だろう。

自分の才能を信じて場に立ち続ける。

自己評価が100点満点じゃなくてもいい。

苦境であっても、あなたの才能に気づく人がいる。

気づいた人が味方になってくる。

大丈夫。

きっと道は開けてくる。

自分を信じて進んでいこう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「調和性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 調和性 ー

「調和性の人は、相手に対してまず肯定から入っていく。『ええ、そうですね』『それはわかります』『なるほど、そういうこともありますね』。何気ないこの一言はごくごく自然で、作為的なものがない。だから相手の懐にすっと入っていくことができる。さすがだ。」

 

相手の真意を受け取りながら、常によりよい着地点を目指していく調和性という資質。

だからこそ、自然と肯定の言葉が出てくる。

調和性の強みを持っているがゆえに、相手の懐を開いていくことができる。

この才能、信じて磨かない手はないよね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「調和性」〜 ストレングスファインダー〜

ー 調和性 ー

「合意を目指す調和性なら、発言の枝葉ではなく、発言者の真意を掴む力が潜在的に備わっているはず。その力が育つように、たまに『今日のファシリテーターをやってみませんか?』って振ってみる。磨け、調和性。」

 

調和性資質の高い人は、自分の意見を強く主張することが少ないから、発言も控えめなことが多いですね。

それを弱点のように捉えてしまう人もいるけれど、ちょっともったいないかな。

最高のファシリテーターを目指してみるっていうのも、1つの方法ですよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential .

1 2 3