toggle
成長促進(Developer)

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪昨晩の飲み会で『自分の素晴らしさに気付いていない人が多いのでは』『多くの頑張っている人が、実はどっちに向かって走ればいいのか迷っているよね』なんて話をした。そんなところに意識が向き、持てる力を使っていく。成長促進なんだな、私は。‬」

 

自分の才能について、一度“自分の”を切り離して、才能だけに着目してみる。

どの才能であっても、そこには魅力が満載だ。

一度、たっぶりとその魅力を味わってから、後からそこに“自分”を乗せてみる。

そこには、魅力いっぱいの自分が見えるはずだ。

そこからスタートすればいい。

誰にも遠慮することないし、誰にも自慢しなくてもいい。

自分の中で、自分の魅力をたっぷりと味わえばいい。

自分を、自分の心を、才能が持つ魅力で高めたら、今までとちょっと違う景色が見えてくる。

新しく見えたその景色の先に、自分の進むべき道があるんだぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪成長促進才能を持っていると、『ヒントをくれたのはあなたですよ』と感謝されることがある。人の役に立ったことを実感する瞬間だ。成長に寄与する。それができる自分で居続けられるよう、成長促進持ちは自分も高めていく。成長の相乗効果だ。‬」

 

効果的に伝え、見守り、支援する。

それが得意だし、楽しいんだな。

自分の成長促進才能を生かすため、そこに充実感を得るために、自分も成長させていくんだ。

成長の相乗効果って、わくわくするぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪『ワークショップを設計して進行するのってなかなか大変だけど、君はとても向いていると思うんだ。だから挑戦してみてよ。』と言う。成長促進才能の直感をそのまま言葉にして伝えていく。可能性を感じ取り、それを伝え、信じる。それが成長促進だ。‬」

 

相手に可能性を感じたとき、それをそのまま伝えていく。

言われた方は、自分に適性があるなんて思ってない場合もあって、戸惑う表情を見せることもある。

それでもいいんだ。

成長促進が掴んだ直感を信じて伝えていく。

「自分は適性があるのだろうか?」

その問いが、相手の心に残るだけでもいい。

そこから歩みがスタートする。

やがてそこに挑戦が生まれ、成功が生まれ、飛躍が生まれてくる。

楽しいじゃないか。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪意味のあること、意味を感じられることに自分の力を注ぎたい。そんな人が増えていると感じている。あなたに成長促進才能があるならば、周囲の人の仕事に意味づけをしてみるのもいい。“意味”が人の心を前に進ませる。その種を蒔くんだ。‬」

 

頑張れば成果につながり、収入増につながる。

そんな時代はずいぶん前のことだけれども、当時の感覚を持った人がまだまだ組織の中にいるところもあるだろう。

というか、実態は無くなっているのに、感覚だけが根強く残っている組織だってあったりする。

でも、そこで働く人は気がついているんじゃないかな。

「ここで頑張ったって何になるのだろう」とね。

そうやって、迷い、立ち止まってしまいそうな人を、成長促進さんには救ってほしい。

仕事に自分なりの意味を見出し、そこで成長をしていければ、先々選択肢が増えることだって出てくるんだ。

昇進してできることが増えるかもしれないし、転職してもっとやりがいを見出せる環境に身を置くことだってできるかもしれない。

仕事に意味を見出し、自分を成長させていくこと。

そのための種蒔きを、成長促進さんに期待したい。

人を伸ばす。

それも立派な才能使いだ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪『実は先生になりたかったんです』と言う成長促進の人は多い。他者に関わり、壁を乗り越えられるよう支援する。そこに理由なんてなく、心は純粋だ。この才能には、将来「あなたと出会えたことで前に進むことができました」の一言をもらえる特権があるぞ。‬」

この特権、成長促進持ちでない人にとっては別に嬉しくもないかもしれないね。

でも、成長促進持ちの人にとっては最高のプレゼントだ。

自分の才能は、どんなエネルギー源を欲しているのだろう。

そこを理解すると、ますます自分を光らせていけるようになるぞ。

Unlock the Potential.

1 2 3 4