toggle
成長促進(Developer)

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(成長促進):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

成長促進

成長促進さんが相談に来た。

 

「難しいんですよね…」

 

何が?

 

「いやぁ、手放すってことが…」

 

というと?

 

「この人に可能性があるなって気づけること、それが私の良さなのは分かっているんですが…」

「その人にいつまでも関わってしまう自分がいるんです」

「難しいですね、手放すってこと」

 

なるほど。

その人の成長を実現したい。その主語を確認してもいいですか?

 

「あ……、私、だと思います」

 

なるほど。

 

成長促進さんがその人の可能性を拓くことで得ているものってなんでしょうね?

 

「得ているもの…ですか」

「私が役に立ったっていう、誰かの役に立てたっていう純粋な喜び、でしょうか」

 

なるほど。

 

では、その人自身が得ているものは何でしょう?

 

「あ、でも、本人も成長できて嬉しいって言ってくれてます」

 

それで?

 

「なんだろう…」

「想像でしかないですが、もし私への依存が強くなっているとしたら、それはよくないことですね」

 

ちょっと強めのフィードバックしてもいいですか?

 

「はい」

 

その人の可能性に気がつけること

可能性を拓いて喜んでいること

手放すタイミングで悩んでいること

これって全て主語が成長促進さん、ですよね?

その人の可能性、その人の成長のことなのに、あなたの語る言葉の主語はその人本人ではない。

そのことが私は気になります。

 

「あ…」

 

何が正解なのか、私はジャッジする立場ではありません。

一度、その人とあなたと、このことについて直接話してみてはいかがですか?

これからのより良い関わり方、相手の気持ちも理解できれば何かよいヒントが見つかるかもしれないですよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(成長促進):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

201701251

成長促進

成長促進さんが気にしている。

チームの中でなかなか結果が出せない人を気にしている。

きっと彼の中にある可能性が見えているんだね。

 

成長促進さんには見えていない。

チームの中で一番結果を出している人がなかなか視界に入らない。

きっと自分が関与しなくても大丈夫って気がついているんだろうね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(成長促進)<資質を磨くシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成長促進

 

成長促進さんが悩んでた。

成「自分の才能が、相手の可能性に気付くことができることだっていうのはよく分かったんです。」

成「でも、その才能を活かそうと思ってアドバイスをするんですが、どうも喜ばれていないみたいなんです。」

 

なるほど。

もしかして、相手はすでにそのポイントに自分自身で気が付いていたりしないかな?

『そこをどうにかできれば自分だってもうちょっと良くなるのに!』なんて思っているとか。

 

成「あ…、どうだろう。」

 

自分の優れている才能が、常に他人の役に立つとは限らない。

だからこそ磨いていくことが大切です。

磨けば必ず光ります。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(競争性、成長促進、戦略性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201606241

「競争性、成長促進、戦略性」

同じ部署に競争性さん、成長促進さん、戦略性さんがいましたよ。

3人とも口ぐせで「大丈夫」と言うのだけれども、どうもその意味するところが違っているみたい。

 

競争性さんの「大丈夫」には、『これなら自分が勝てる』とか、『一番が取れそうだ』なんていう心の声がくっついて聞こえてくるし、

成長促進さんの「大丈夫」には、『キミならできるよ』といった意味が込められていて、実はトライするのは成長促進さん自身ではなくて、あなたのほうだったりする。

そして戦略性さんの「大丈夫」には、『このストーリーなら、落としどころまでたどり着けるね』なんていう見切った感が乗っかっている。

 

後で
「大丈夫ってそういうことだったの?」
なんてびっくりしないためにも、資質の理解は深めておきましょう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2