toggle
共感性(Empathy)

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪ミスをした部下が落ち込んでいる。そのことを知ってか知らずか、同僚がさりげなく机に一粒のチョコレートを置いて去っていった。彼女の強みは共感性。このさりげなさが部下を立ち直らせ、そしてチームの力が増していく。共感性のチーム貢献力は素晴らしい。‬」

 

共感性持ちなら、当たり前のようにやっていること。

でも、これってなかなかできることじゃない。

共感性さんは、仮に自分が忙しくって、自分のことで精一杯な状況だったとしても、仲間を気遣うことを忘れない。

素敵だな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪口ぐせのように、毎日感謝の言葉を口にする共感性さんがいる。『私が心地よい雰囲気の中で過ごしたいんだよ。場の空気を暖かくするのに感謝の言葉がいいんじゃないかと思って』という。自分のためと言うけれど、おかげでみんなが心地よくなる。ありがとう。 ‬」

 

私が心地よい雰囲気の中にいたい。だからその場を私が作り出していく。

その結果、みんなも心地よい雰囲気を享受することができる。

私のためが、みんなのためにもなる。

素敵なことだね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪相談ごとについ付き合ってしまう。深刻な雰囲気に何かしてあげられることはないかと一晩考えるけれど、翌日に『あ、あれはもう大丈夫です!』と明るく言われて拍子抜けする。そんな共感性の空回りも無駄じゃない。あなたの魅力のひとつなんだな。 ‬」

 

才能が生産性に結びついているのだろうかって、つい考えてしまうけれど、才能の活かし方は様々だと思う。

空回りしているときのほうが、他者から見ると魅力的に写ったりもするものだ。

 

完璧じゃなくていい。

 

なんでもかんでも生産性に結びつけなくてもいい。

 

人間なんだから。

 

空回りする自分を愛せるくらいでちょうどいいんじゃないかな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪お店に入ってコーヒーを飲みながら一人で過ごしている。となりのカップルが爽やかで、なにやら楽しそうに話している。いいな、あの雰囲気。なんだかこっちもちょっと嬉しくなる。さて、共感性才能の充電完了だ。行くぞ、次の勝負に。 ‬」

 

他の人にとってはあまりにも些細なことで、気づかないようなことだったりする。

でも、“人の気”に気づく才能の共感性にとっては、強い刺激として感じられることがある。

となりの席の人たちが醸し出す雰囲気なんて、その典型だ。

喧嘩とか、文句の言い合いなんてされてしまうとこっちも疲れを感じてしまうけれど、爽やかない心地よい雰囲気は元気を与えてくれる。

心地よい雰囲気からは、どんどんエネルギーをもらっていこう。

自分を充電させていこう。

些細なことで充電できる。これも共感性の強みだと思うんだな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力「共感性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪今日は暖かいな。ここはひんやりと寒いぞ。こっちは刺すような冷たさだ…。共感性の人は、外の気温を感じるように、人の心の温度も感じるんだ。だから、暖かい日は薄手の上着、寒い日は防寒着といったように、自分の心にも温度調節用の服を持つといいよね。‬」

 

ほかの人を大切にするのと同じくらい、自分を大切にすること。

自己啓発本を読んでいると、しょっちゅう出会う言葉だ。

自分を大切にするってどういうことだろうと考えたときに、

共感性の人にとっては、心に着せる服を持つことかもしれないな、と思った。

おしゃれな服、機能性の高い服。

心に着せる、お気に入りの服を増やしていく。

こんなことも、才能を大切に生かして伸ばす方法だね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5