toggle
個別化(Individualization)

資質の魅力「個別化」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 個別化ー

「もしあなたが個別化資質を持っているならば、“一対一に強い”自分を信じよう。そこに強みがあると明確に示されているのだから、信じて磨かない手はない。交渉、支援、相談、指示、雑談。とにかく目の前の一人に集中する。あなたの才能はぐっと成長する。磨け。」

 

一人ひとりのの違い、そのユニークなところに気がつくことのできる個別化という才能。

人って面白いな、と眺めているのも楽しいものだけど、それだけでは何も生み出さない。

ストレングスファインダーを受けたことによって、個別化があなたの強み資質ですって明確に示されたのならば、これを磨いていかない手はない。

個別化に加えて、あなたはどんな資質を持っている?

アレンジ? 共感性? 戦略性?

他と組み合わせることによって、あなたの個別化にはどんな可能性が生まれてくるのだろう。

考えるだけでもワクワクするね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(モチベーションについて知りたかったんだけど…):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

モチベーション

学「今日はさ、みんなの『モチベーション』について聞いてみたいんだ」

活「なに?モチベーション? そんなの聞いてどうすんの?」

学「いや、モチベーションが高く保てる方法を知りたくってさ」

達「やるべきことをやる、それをどんどん繰り返していれば、モチベーション低くても成果は出るよ」

活「だいたいさ、モチベーションうんぬんとか言っている暇があったら手を動かせばいいじゃん」

学「まぁ、そうかもしれないけれど…」

成「俺なんか、誰のためにもならないよこれ、なんて思うとちっともやる気が出ないよ」

学「お、成長促進さんフォローありがと!」

個「そいでもってさ、競争心さんはやっぱり『一番になる』ってのがモチベーション?」

競「わかってんなら聞くなよ」

学「わかりやすーい♪」

競「ほっとけ!」

共「さっきのさ、誰かのためになる、誰かが喜ぶってこと、大事だよねぇ」

規「それ、関係なくない? だって自分がやることでしょ。人のせいにしているみたいじゃない?」

共「えー、そんなことないよ。そんなこと言わないでよ〜。」

指「共感性さん、今ので死んだね。ばっさりだね。」

包「指令性さん、まぁまぁ。隅っこでつまらなそうにしている自我さんはどうよ?」

自「え? ぼく呼ばれた? なに、ぼくの意見も聞きたいの?」

個「そうそう、ここは自我さんのコメント聞きたい!」

公「内省さんは、モチベーションってどう考えるのかな?」

自「ぐぬぬ…」

内「モチベーションかぁ…」

社「はい、内省トンネル入りました(笑)」

社「私なんか、やっぱり華やかなことがいいな。せっかくやるなら人のつながりも増やしたいしね!」

調「あ、自我さん怒らないで。自我さんの考えも聞きたいよ」

自「もういい!」

目「でもさ、この時期にモチベーションとか言っている時点で遅くない?もう4月だよ」

学「いや、新年度だし…」

学「意外とモチベーションて重要じゃないのかな。モチベーションって、結局なんだろう。」

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(公平性、個別化、親密性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「公平性さんと個別化さん、そして親密性さん」

 

公平性さんが相談に来た。

「部下の個別化さんなんだけれども、ちゃんとみんなに情報を提供しないんだよ」

「あのようなえこひいきは良くないよな」

「今年の評価は厳しくしようと思っているんだよ」

「どう思う?」

 

次の日、個別化さんが相談に来た。

「後輩の親密性さんのことなんですが」

「いつも仲良しグループで過ごしてばかりいて、なかなか新しいところに挑戦しないんですよ」

「どんどん外に出ていって新しいものをキャッチしてこないと、この変化の時代には乗り遅れてしまいますよね」

「みんなそれぞれに好き嫌いはあると思うんですけれどもね、それだけじゃぁダメですよね」

「このままだと今年は厳しい評価を付けざるを得ないです」

「そう思いませんか?」

 

その日の夕方、今度は親密性さんが相談に来た。

「上司の公平性さんのことなんですが…」

「いつも『みんなどう思う?』とか『みんなで考えよう』、『みんなで飲もう』とかばっかり言うんです」

「そりゃ『みんな』って大切だとは思うけれど、私が上司から聞きたいのは、『私をどう思っているか?』なんですよ」

「彼は私をちゃんと理解してくれているんでしょうか?」

「なんだか彼は遠い存在に感じます」

「上司として、部下から遠いと思われるのって力不足ですよね」

「今年は上司への評価をちゃんと厳しくつけようと思います」

「わかってもらえますよね?」

 

うーん。

 

評価のまえに、育成のこと考えてみたらどうかな?

自分の資質のバイアスから見て評価を下すよりも、

相手の資質を理解して育成をしていくほうが楽しいよ。

 

育成するなら、ストレングスファインダーがおすすめです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(個別化)<資質を磨くシリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個別化

 

個別化さんが喜んでいる。

個「ストレングスファインダーって面白いね!」

個「いろんな人の特徴がすごくよくわかって、ストレングスファインダー大好き!」

 

なるほど。

人の特徴がわかって、そのあとどうするの?

 

個「ん?」

 

個別化資質が高い人は、一人ひとりのユニークさに気が付くことができる。

それは素晴らしい才能なのだけれども、そこで終わってはただの人。

ストレングスファインダーを、だたの性格診断ツールにしか使えないようではもったいない。

才能はしっかり磨いて活かしていきましょうね。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

資質の魅力-catchy phrase-(個別化)<研修シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201609151

「個別化」

ストレングスファインダーの資質を理解するっていうテーマで研修を開催したんだ。

資質の1つひとつを取り上げて、

参加者とのキャッチボールをしながら理解を深めていく。

 

今日の参加者の中には、個別化さんがいた。

 

研修をしていて、どうも個別化さんが不満げにしている。

他の人たちが資質の魅力にどんどん惹き込まれているのに、個別化さんだけは浮かない顔。

 

その理由は研修の後の懇親会で判明したよ。

 

個別化さんがつぶやいた。

「どうもストレングスファインダーって、人を34の枠にはめこんでしまう気がするんです」

「人って、もっと1人ひとり違っていて、そんな34の枠なんかで説明しきれないと思うんです」

 

あー、なるほど。

用意された34個の箱に、人をはめ込んでいくように感じていたんだね。

確かに、人が過去に感じたこと、やったこと、思ったことを資質という視点から理解するためには、箱に入れていくようなやり方もあるかもしれない。

 

でもね、資質というものは、例えば同じ最上志向という名称だったとしても、全く同じものではないんだよ。

資質をツールに例えるならば、同じハンマーという名称だったとしても、世の中にはいろんな形状や重さを持ったハンマーがある。

そしてハンマーは“叩く”ことに強みがあって、切ったり貼ったりなぞったりすることは得意じゃない。

それと同じこと。

 

最上志向という資質の中にもいろんな特徴を持った“最上志向”がいるんだよ。

 

「1人ひとりは違うもの、だからそれが面白い」

 

そんな感覚を持っている個別化さんならではの視点も魅力的だな。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2