toggle
人間関係構築力資質群

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 適応性 ー

「‪今やるべきことを、変更することができる。これってなかなか難しい。予定を立てたから。他のことが遅れるから。人はいろいろ理由を並べて“変えないこと”を選択する。そこを軽々とクリアできるのが適応性才能の素晴らしさ。今日も柔らかく、自分らしくいこう。‬」

 

適応性持ちの人にとって、やることの優先順位を変えることは何の苦労もないこと。

むしろ変化に慣れすぎて、自分の一貫性の弱さを気にしてしまうほどだったりする。

柔軟さがあれば、一貫性は弱くなる。

そんな自分らしさを認めていって、今日も柔らかく、自分らしくいこう。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potentail.

資質の魅力「ポジティブ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー ポジティブ ー

「‪昨日の集まりは5人中3人がポジティブ才能持ち。もう予想通りの楽しい会だった。余韻まで心地よさが残っている。『あの人が来るんだったら楽しくなるね』って思われることのメリットは計り知れないんじゃないかな。“笑う門には福来る” だね。 ‬」

 

ついつい愚痴をこぼしてしまうことってある。

この「ついつい」が、いつの間にか頻繁に繰り返されてしまって、「いつもいつも」になってしまうと、愚痴を言っている自分も、それを聞かされている相手も辛くなってくる。

そして気がついたら、愚痴しか言わない、愚痴しか聞かない仲間に囲まれて、愚痴ばっかりの日常になってしまう。

それって、なんだかもったいない、と思うんだ。

ポジティブ才能を持っている人って、他の人と同じように迷い、悩み、愚痴を言うことだってあるけれど、そこに執着しないんだな。

だから立ち直りが早くって、前に進んでいくことができる。

素晴らしい才能だ。

ポジティブが高くなくても、ちょっと真似ポジしてみるのも悪くないね。

視点の変え方や、物事の捉え方は、誰にとっても参考になる。

笑う門には福来る、だからね。

 

Unlock the Potentail.

資質の魅力「個別化」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 個別化 ー

「‪ストレングスファインダーって34資質あるけれど、資質って可能性の種だよね?どう育てていくかは一人ひとり違うから、人を34にタイプ分けするものではないよね?って、そのこだわりが個別化さんだね。そう、資質は可能性の種。知ってからが楽しいのさ。‬」

 

人はさまざまなのに、それをたった34タイプに当てはめてしまうなんてつまらない。

この感覚がしっくりくるとしたら、それは個別化才能のおかげだろう。

他の才能を持つ人たちからすれば、34なんて多すぎてわからない。3つか4つくらいにパターン化してくれないかって思うものだ。

 

34でも物足りない。

人ってそんな単純じゃない。

 

34の資質を、上位5つや10の掛け合わせで見ていくストレングスファインダーの世界は、個別化才能にとってごちそうだね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「成長促進」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 成長促進 ー

「‪『実は先生になりたかったんです』と言う成長促進の人は多い。他者に関わり、壁を乗り越えられるよう支援する。そこに理由なんてなく、心は純粋だ。この才能には、将来「あなたと出会えたことで前に進むことができました」の一言をもらえる特権があるぞ。‬」

この特権、成長促進持ちでない人にとっては別に嬉しくもないかもしれないね。

でも、成長促進持ちの人にとっては最高のプレゼントだ。

自分の才能は、どんなエネルギー源を欲しているのだろう。

そこを理解すると、ますます自分を光らせていけるようになるぞ。

Unlock the Potential.

資質の魅力「包含」〜 ストレングスファインダー 〜

ー 包含 ー

「‪昨日、二人の包含才能を持つ人と話をした。彼らの持つ雰囲気ってどう言えばいいんだろう。自分が道に迷ったらきっとこの人に聞くぞって思う。この人なら拒否されることはないだろうという安心感。人としての魅力の高さ。これってすごい才能だと思うんだな。‬」

 

包含さんの醸し出す雰囲気は、本当に心地よい。

受け止める優しさが伝わってくるし、そこに力みがないことも伝わってくる。

一緒にいるだけで相手が心地よいと思ってくれる、これはすごい才能だ。

そこからつながりが生まれ、つながりから変化が生まれていくのだろうな。

素晴らしいね、才能って。

 

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 22