toggle
ストレングスファインダー

資質の魅力「調和性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 調和性 ー

「‪調和性は、調停役として場をまとめていく才能なんだけど、対立を避けるが故に、ひたすら沈黙を選んでしまうことがある。あえて先に発言してみるときもあっていいよ。撤回できる余地を残しておけばいい。それも才能を磨くための刺激になるね。‬」

 

いつもと少し違う行動を起こしてみる。

その行動の中で、どうやったら自分の才能を生かしていけるだろうと試してみる。

自分が思っている以上に、才能って様々な場面で使えるものなんだ。

生かし方の選択肢を増やしていくのって、楽しいぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「コミュニケーション」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー コミュニケーション ー

「‪『どうですか、みなさん?』『伝わりますかね、この感覚!』とか言いながら、コミュニケーション才能を全開にした会話のキャッチボールが目の前で繰り広げられていく。ライブ感がたまらなくおもしろい。これはそうそう真似できるものじゃない。脱帽だ。‬」

 

人前で話をするときに、伝えたいことを準備すればするほど、その場のアレンジが効かなくなってしまう人も多いことと思う。

もちろん、その人なりの伝え方があるのだけれども、コミュニケーション才能の伝える力は魅力的だね。

その場で臨機応変に対応できるから、聴衆とのキャッチボールを楽しむことができる。

話し手が楽しめて、聴き手も楽しめる。

このライブ感は素晴らしい。

才能を生かすってこういうことか、なんて感じる瞬間なんだな。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力 「信念」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 信念 ー

「‪信念才能が持つ、静かな炎に惹かれる。利他の意識が強くて、追い込まれても踏みとどまる。気合いや根性ではなくて、内から生まれる信念の炎が力となり、その目にぐっと力が宿る。一緒にいると自然と背筋が伸びるんだ。‬」

 

信念。

漢字で書くと「信念」だけど、元の英語では「Belief」になる。
なんだか急に硬さが取れて、カッコよい印象になるのは私だけかな。

言葉が持つ印象って不思議だね。

 

さて、信念という才能。

芯が強くて、正しくありたいという欲求が強くて、それを自ら体現しようとする才能。

あなたが信念才能を持っているとしたら、どんなところに「譲れない価値観」があるだろう。

今は言葉で表現することが全盛期の時代。

自分の価値観を表現して他者と共有できたら、きっとあなたも生きやすくなる。

あなたの価値観がチームで共有されたら、チームの中に芯ができる。

信念チームは、強いぞ。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「アレンジ」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー アレンジ ー

「‪アレンジ才能のある人は、とても器用に複数案件を同時処理するし、物事に優劣付けも上手だ。そして、とても現実的な判断をするの人だなとも思う。自分を信じて“手綱を握る”ポジションに着いてみたら、『俺って案外できるな』なんて気がついちゃうかもよ。‬」

 

アレンジ才能って、本当に器用だなと思う。

だからかもしれないけれど、面倒な調整ごとをつい頼まれてしまうことがある。

自分がそこに異議や意味を感じられるならいいのだけれど、もしそうでないなら、ちょっと才能の無駄遣いになってしまっているのかもしれないね。

自分から、何か“手綱を握る”ポジションを狙ってみる。

いいと思うよ。

だって、アレンジ才能があるのだからね。

 

Unlock the Potential.

資質の魅力「活発性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 活発性 ー

「‪信号が変わり、活発性の彼が先に歩き出す。歩きながら話すから、それを聞こうと私も早歩きになる。すると、突然彼がくるりと向きを変えて反対に歩き出す。戸惑っていると、『忘れ物した。先に駅に行ってて』と言いながら遠ざかっていく。今日も彼は彼らしい。‬」

 

活発性の人はとにかくよく動く。

動きながら判断し、指示を出し、思考を巡らせる。

今できることに集中しているって、そう言うこともできるのかな。

いつ見ても「早いな」と思うんだ。

ほんと、いつ見てもね。

 

Unlock the Potential.

1 2 3 4 5 93