toggle
ちょっと気が付いたこと

どんどん変化している時代、私も頭を柔らかくしていこう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年はiPhoneが発売されてから10周年になるという記事を読みました。

AI関連の記事なども連日目にしますね。

時代がどんどんと動いているのを実感する日々の中で、

私が日本人という言葉に持つイメージも変化していくのだろうな。

そんな感じたことを書きました。

今日はSFとは関係ない内容です。

続きを読む >

「しっかり人に頼ることができる。」これが成果を出す人の重要なポイント。−リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック出場選手から学ぶこと−

201609171

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック競技大会も間もなくその祭典が終わろうとしています。

大会期間中、たくさんの選手たちがインタビューに応じ、私たちに心の内を語ってくれました。

ずっと心に残るような感動的なシーンを生み出してくれた選手たちの多くが、支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを述べています。

そこからは、成果を出す人こそ、しっかりと人に頼り、支えてもらっているという事実が見えてきます。

続きを読む >

自分に自信がなくても、資質を信じさえすれば道は開けてくる。− ストレングスファインダー −

201609131

コーチングセッションをしていると、多くの方が自分に対する「自信」というものの取り扱いに苦労する場面に出会います。

「自信を常に持つ」ことって、素晴らしいもののようにも聞こえますが、

「常に自信満々」な人って本当にいるのでしょうか?

今日は少し「自信」について書いてみたいと思います。

続きを読む >

本を読む速度を上げていきたい。そのためには「集中の仕方」をコントロールするといい。

201609101

私は本を読むのがとても好きなのですが、1冊読了するのに時間がかかってしまいます。

読むスピードが上がらない理由、どうやらそこには集中の仕方が関係あるようです。

今日はそんな気付きのブログです。

続きを読む >

ポケモンGOは楽しいかい? もっと難易度を上げるとストレングスファインダーにたどり着くかもよ

201607242

ポケモンGOが日本に上陸して、とっても盛り上がっていますね。
今日も街中でスマホをガン見しながら歩いている人を何人も見ました。

ポケモンGO、上手に人の心を掴んだなと思います。

ポケモンGOのゲーム内容を見ていて、
「あ、これってストレングスファインダーを楽しみながら育てていくのに似ているな」
なんて思いました。

今日はちょっとお遊びになりますが、そんな話を書いてみます。

 

ポケモンGOは楽しいかい? もっと難易度を上げるとストレングスファインダーにたどり着くかもよ

201607241

ポケモンGOは、スマホがGPSを活用して、実際の街中のいろんなところにポケモンのキャラクターやらアイテムを設置しています。
プレイする人は、スマホに表示される地図を頼りに実際の街中を歩き回ってキャラクターを見つけ、捕まえて育てていきます。

 

ちょっとお遊びになりますが、ストレングスファインダーをゲームっぽく言うと、こんな感じになります。

 

ストレングスファインダーは、実際にあなたの身近にいる人の中にいる、34のキャラクターです。

そして、あなたの中にも同じく34のキャラクターが潜んでいます。

プレイする人は、自分自身の中や、周りの人の中に潜むキャラクターを発見して育てていきます。

みんなに等しく34のキャラクターが潜んでいますが、その経験値や強さは全て異なっていて、あなたは誰のどのキャラクターが強いのかを見極めながら、育てていくことになります。

 

あなたの中のキャラクターと相手のキャラクターとを戦わせることもできますが、

お互いの力を借り合うことでより大きなパワーを手に入れることができ、

強大な難敵にも打ち勝って前に進んでいくことができます。

 

なお、ポケモンGOではキャラクターを発見して捕まえるとそれを教えてくれる仕組みになっていますが、
ストレングスファインダーにこの機能はございません。

それだけ難易度の高いものと言えるでしょう。

 

ストレングスファインダーには終わりがありませんので、
一生楽しみながら自分と相手のキャラクターを育てていくことができます。

 

ストレングスファインダー、あなたも楽しんでみませんか?

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

1 2 3